Twitter

無料ブログはココログ

カテゴリー「JAPOレーベル」の34件の記事

2019/12/25

ECMとJAPOレーベルの未CD化作のストリーミング配信情報(再掲載)

7月から8月にかけて、ECMレーベルとJAPOレーベルの未CD化作40枚(その前に配信された3枚を含むと43枚)がストリーミングのみの配信で聴くことができるようになりました。すでにお聴きになっている方も多いでしょうが、夏にはブログを下記のように番号順に書きかけてうっかり消してしまい、リンクで済ませてしまったため、再度ちゃんと掲載させていただきます。

(ECMレーベル)

Just Music (ECM1002)
Output/Wolfgang Dauner (ECM1006)
Girl From Martinique/Robin Kenyatta (ECM 1008)
Improvisations For Cello And Guitar/David Holland/Derek Bailey (ECM 1013)
Vanessa/Michael Naura (ECM 1053)
Untitled/Jack DeJohnette’s Directions (ECM 1074)
Julian Priester and Marine Intrusion/Polarization (ECM 1098)
Jack DeJohnette Directions/New Rags (ECM 1103)
Art Lande And Rubisa Patrol/Desert Marauders (ECM 1106)
Tom Van Der Geld and Children At Play/Patience (ECM 1113)
Steve Kuhn/Non Fiction (ECM 1124)
Path/Tom Van Der Geld/Bill Connors/Roger Jannotta (ECM 1134)
Dawn/Double Image (ECM 1146)
AH/Enrico Rava Quartet (ECM 1166)
Faces/John Clark (ECM 1176)
Music By/Barre Phillips (ECM 1178)
Easy As Pie/Gary Burton Quartet (ECM 1184)
Lifelines/Arild Andersen (ECM 1188)
First Avenue (ECM 1194)
Gallery (ECM 1206)
Last years Waltz/Steve Kuhn Quartet (ECM 1213)
Lask/Ulrich P. Lask (ECM 1217)
Schattseite/Adelhard Roidinger (ECM 1221)
Opening Night/Enrico Rava Quartet (ECM 1224)
Gary Burton Quartet/Picture This (ECM 1226)
Everyman Band (ECM 1234)
Winterreise/Hajo Weber/Ulrich Ingenbold (ECM 1235)
Werner Pirchner/Harry Pepl/Jack DeJohnette (ECM 1237)
Call Me When You Get There/Barre Phillips (ECM 1257)

(JAPOレーベル)

For All It Is/Barre Phillips(JAPO 60003)
The Philosophy Of The Flugelhorn/Herbert Joos (JAPO 60004)
Children At Play/Tom Van Der Geld(JAPO 60009)
Kirikuki/OM (JAPO 60012)
May 24, 1976/Larry Karush/Glen Moore (JAPO 60014)
Rautionaha/OM(JAPO 60016)
Land Of Stone/Ken Hyder(JAPO 60018)
Rena Rama/Landscapes (JAPO 60020)
OM/With Dom Um Ramao (JAPO 60022)
New Marks/Contact Trio (JAPO 60024)
Out Patients/Tom Van Der Geld/Children At Play (JAPO 60035)
Musik/Contact Trio (JAPO 60036)
Alfred Harth, Heiner Goebbels: Es herrscht Uhu im Land (JAPO 60037)
Globe Unity Orchestra/Intergalactic Blow (JAPO 60039)

他にすでにCD化されていても、廃盤になっていて入手の困難なアルバムも聴けるのがうれしいですね。なお、オリジナルのECMのアルバムではなくて、後年CDBOXで出たものはその体裁でストリーミングに上がっているので注意が必要です。この廃盤のあたりを聴く人はそう多くはないと思いますが、年末年始に耳を通してみたらいいかも、と思います。

2019/12/24

Intergalactic Blow/Globe Unity Orchestra

60039 JAPOレーベルの未CD化作ストリーミング配信聴き。今日にて終了。ここまで後期になってくると、これを含めた残り4枚のうち3枚はStephan Micusなので、結局Micusを含めECMに吸収されていったことが分かります。このアルバムはGlobe Unity OrchestraのJAPO3枚のうち、1枚だけ未CD化作だったので(他は日本のみCD化というのもある)、かなりの実験作(だって完全即興演奏のビッグバンドですよ)でした。ここまでで配信を絡めた未CD化作と別番号でCD化されたものをECM40枚、JAPO17枚聴いて、ホームページとブログを充実させることができました。新譜もある程度あったりして、9月からと結構時間がかかりましたが、貴重な経験です。皆さんも配信で聴くことができたら是非。

 

Intergalactic Blow/Globe Unity Orchestra(JAPO 60039)(ストリーミング配信) - Recorded June 4, 1982. Toshinori Kondo(Tp), Kenny Wheeler(Tp), Gunter Christmann(Tb), George Lewis(Tb), Albert Mangelsdorff(Tb), Bob Stewart(Tuba), Gerd Dudek(Fl, Ss, Ts), Evan Parker(Ss, Ts), Ernst-Ludwig Patrowsky(Fl, As Bs), Alexander Von Schlippenbach(P), Alan Silva(B), Paul Lovens(Ds) - 1. Quasar 2. Phase A 3. Phase B 4. Mond Im Skopion

(19/12/18)JAPO三作目にしてGlobe Unity Orchestraの完全即興演奏。それをAlexander Von Schlippenbachがセレクトしたもの。そうそうたるメンバーが集まっての演奏なので悪くなないけど、やはり即興系が好きな人のための聴く人を選ぶオーケストラ・サウンドか。それにしてはある程度の決め事があるような物語性を見せています。メンバーごとに、あるいは時系列的に出るところと引くところをちゃんと打ち合わせているかのようなフリーサウンド。そこがまたいいのだと思いますが。録音としてはすでに’82年のものですけど、当時でもヨーロッパ・フリーはある程度受け入れられていたことの証明にもなりますね。ソロとバッキングの対比も面白いし、フリーの名手(そうでない方で有名な人もいますが)が集まると、こうなる。

(’19年7月より順次配信)

2019/12/23

Es Herrscht Uhu Im Land/Heiner Goebbels

60037JAPOレーベルの未CD化作ストリーミング配信聴き。ここまでくると、ECMとの境界が分からなくなってくるというか、結局主だったものはECMに吸収されて存続をはかるようになってきますね。ハイナー・ゲッペルスの実験音楽という感じのアルバムまでJAPOで出ていたとは。それが、なんとストリーミング配信までされるようになったとは。テープなどの効果音も交えて、しかもナレーションやヴォイスはドイツ語だし、こういう音楽がヨーロッパではある程度受け入れられる素地があるのかなあ、なんてことを考えています。確かに誰が聴いても名盤というのもありますけど、いろいろとやってみての成果なんだなあ、ということが分かります。

 

Es Herrscht Uhu Im Land/Heiner Goebbels(Synth, P, Ss, Ts, Bs, Voice, Car Radio with Cassette Recorder, Accordion)(JAPO 60037)(ストリーミング配信) - Recorded December 9-11, 1980. Christoph Anders(Voice, G, Org, Synth, Ts)/Alfred Harth(Ss, Ts, Basss, Bcl, Voice)/Paul Lovens(Ds, Cymbals, Saw, Cassette Recorder, Per, Ss, TImpani, Bloom)/Rolf Riehm(English Horn, Symth, As, Voice, Melodica, Honeybee, Per)/Annemarie Roelofs'Tb, Vln, Voice, Honeybee) - 1. Burroughs' Haiku 2. Werkauf 3. Landliches 4. Autobahn 5. El Salvador 6. Echter Lachs 7. Ich Nicht Mich Dich 8. Mahlzeit 9. Meinen Eltern 10. Schttendicht 11. Welt Voll Irrsinn 12. Uhu 13. Geigensage 14. Riesel Riesel 15. Sage 16. Superbirdsong 17. Ehorn-Uhu 18. Durch Den Wald 19. Der Main 20. Knecht U. 21. Tilt!

(19/12/18)LP1枚分で21曲と多く、ヴォイスやナレーションも絡んでいるため、作詞。作曲者名は割愛。Heiner GoebbelsのECMでの後年の諸作を予想させるサウンドですが、パーカッションが出てくると思ったら、急に曲になったり、ヴォイスも様々な形で絡んでいて、しかもそこにフリージャズとかエレクトロニクスの要素も感じさせる、とにかく目まぐるしく内容が変わっていく実験作。よくこういう実験作が出たなあと思いますけど、その後何枚も彼がアルバムを出しているところ見ると、ヨーロッパではこういう内容がある程度受け入れられているのかな、と思います。ここでは現代音楽の実験作というよりは、フリージャズ寄りの実験作と感じますが、電子音楽とか、あちこちに現れるヴォイスなどで、枠にはまらないものを感じます。

(’19年7月より順次配信)

2019/12/21

Musik/Contact Trio

60036 JAPOレーベルの未CD化作ストリーミング配信聴き。Contact TrioのJAPO2枚目です。ドラムスが入れ替わってますが基本的なサウンドはそのままに、ある意味ECM的な、ある意味もっと過激な演奏の部分もあったりして、けっこう好みの1枚となりました。曲によってはエレキベースが入っていたりして、やはり’80年録音だなあ、と思わせるものはあります。プロデューサーはThomas Stwosand。彼も当時はJAPOを中心に何枚もアルバムをプロデュースしてますね。ECMにも何枚かありますし。この後、JAPOにあと2枚の未CD化作が残ってますが、CD化されている3枚はStephan Micusのもの。それでこのレーベルは終了となります。

 

Musik/Contact Trio(JAPO 60036)(ストリーミング配信) - Recorded October 1980. Peter Elsold(Ds, Per), Aloys Kott(B), Evert Brettschneider(G) - 1. Air Lines 2. String Games 3. Daddy Longleg 4. Simple Symphony 5. Silence 6. Elbow Dance

(19/12/17)Evert Brettschneider作が2曲目、Aloys Kott作が3、5曲目、2人の共作が1、4、6曲目。ドラマーが前作から交替してます。幻想的にはじまって、空間をある程度大切にしながら自由に、途中からはアップテンポの4ビートになる1曲目、アコースティック・ギターで情感豊かに静かな演奏が繰り広げられて、そこに時々ベースが絡む2曲目、えらくテンポのいいテーマとアップテンポの4ビートのアドリブの部分が、いわば新しいジャズの雰囲気でカッコいい、この曲はエレキベースの3曲目、少し懐かしいようで情景が浮かぶ感じのドラマチックな展開のある4曲目、ある意味ECM的な空間表現のような出だしから何となく8分の6拍子に行く5曲目、やや広い空間でドラムスが自由な中、流れつつ後半盛り上がる6曲目。

(’19年8月より順次配信)

2019/12/20

Out Patients/Tom Van Der Geld/Children At Play

60035 JAPOレーベルの未CD化作ストリーミング配信聴き。そろそろレーベルのだいぶ後半になってきました。Tom Van Der Geldは、JAPOからECMに行って、またここでJAPOから出してという順番ではなかったかと思います。今回のストリーミング配信で聴けたけど、それまではLP廃盤で聴けなかった人。まあ、それもそれなりに納得、という気もしなくもないですけど、このアルバムは割とよかったと思います。スティーヴ・レイクのプロデュースというのも、よくマッチしているんではないかと。ここではRoger Jannottaのサックスで盛り上がるとスピリチュアルな世界に行ってしまう、というのはありますが、それもこのグループの特徴かなと思います。

 

Out Patients/Tom Van Der Geld(Vib)/Children At Play(JAPO 60035)(ストリーミング配信) - Recorded July 1980. Roger Jannotta(Ts, As, Bcl, Oboe, Fl, Whisties), Wayne Darling(B), Bill Elgart(Ds, Per) - 1. Things Have Changed 2. How Gently Sails The Moon Twixt The Abour And The Bough (And The World Is Waiting For The Sun) 3. Dreamer 4. Ballade Matteotti 5. I Hope It's You

(19/12/17)1、5曲目がTom Van Der Geld作、2曲目がBill Elgart作、3曲目がRoger Jannotta作、4曲目がWayne Darling作。プロデューサーはスティーヴ・レイク。ややフリーがかっていて、テーマで少々盛り上がるも、混沌としつつ展開していく1曲目、ベース・ソロではじまり、その後は4ビートで何となくジャズ的に進んでいく、と思ったら急に後半急速アップテンポの4ビートで攻め、ドラム・ソロになる12分台の2曲目、穏やかな、しかも淡い感触のある、ゆったりとした温かみのあるバラードの3曲目、静かにはじまり、メンバーが自由に動いている中をヴァイブラフォンが、コードとメロディを決めて行き、後半サックスがスピリチュアルに盛り上がる4曲目、テンポが自由なのは相変わらずで、ドラマチックな盛り上がりがある5曲目。

(’19年7月より順次配信)

2019/12/17

Cerberus/OM

60032JAPOレーベルでECMにて別番号で編集、CD化のアルバム。OMは4枚出ていて、1枚目がセルフ・プロデュース、2-3枚目がThomas Stwosandのプロデュース、この4枚目がマンフレート・アイヒャーのプロデュース。なのでECMで編集盤で出るときに、このアルバムからは全曲収録された意味が分かりました。6曲目では静かなフリー・インプロヴィゼーションが10分にもわたって演奏されているのは、アイヒャーの嗜好でもありますし。まあ、今回はOMを元の形で4枚聴けたのは収穫でもありました。このアルバムに関しては、JAPOではなくて、ECMの方からの抜粋聴きではありますけれど(5-10曲目)。

 

Cerberus/OM(JAPO 60032)(ECMにて別番号で編集、CD化) - Recorded January 1980. Urs Leimgruber(Ss, Ts, Wooden Fl), Christy Doran(G, G Synth), Bobby Burri(B), Fredy Studer(Ds, Gongs, Per), Erdman Birke(Accordion) - 1. Dreaming For The People 2. Cerberus' Dance 3. Asumusa 4. At My Ease 5. Earworms 6. Eigentlich Wollte Johann Aud Dem Mond Den Andern Jazz Kennenlernen

(19/12/15)2、6曲目が全員のインプロヴィゼーション、1、3-4曲目がChristy Doran作、5曲目がUrs Leimgruber作。そしてマンフレート・アイヒャーのプロデュース。心なしかECMサウンドに寄り添っているような気が。そんな雰囲気で割と静かにはじまり、すぐにアップテンポでスリリングな展開になったり静かになったりする1曲目、ECM的でもあって、ややまとまっている感じのフリーを演奏する2曲目、内省的でゆったりとした流れに身を任せるバラードの3曲目、浮遊感のあるラテンリズムでノリはいいんだけど淡彩色的なイメージがあり、中盤静かになってベース・ソロの4曲目、ややにぎやかながら、8ビートでどことなくスマートな面も持ち合わせている5曲目、静寂の中から湧き上がるような、それでも静かなフリーの6曲目。

他のアルバムのセレクトと一緒に、全曲が’06年にA Retrospective/OM(ECM 1642)として再発。

2019/12/16

New Marks/Contact Trio

60024 JAPOレーベルの未CD化作ストリーミング配信聴き。このアルバムなんかはECMで出てもいいような内容のアルバムですね。ただしハードな場面もあるにはあるのですが。このアルバムもThomas Stwosandのプロデュース作なので、JAPOになったのかなあ、と思います。ミニマル的な要素もあったり、曲の中でどんどん変わっていくことも多かったりとなかなか面白い内容になっています。ベースもアコースティックなのだけど、エフェクターがかかっている場面がありますし、これもこの時代のサウンドなのかなと思います。録音がもう’78年ですがJAPOレーベルの最後の録音は’85年のものがあるので、知られているようであまり知られていないレーベルかもしれませんね。

 

New Marks/Contact Trio(JAPO 60024)(ストリーミング配信) - Recorded January 1978. Evert Brettschneider(G), Aloys Kott(B), Michael Jullich(Per, Marimba, Vib) - 1. Happy 2. Circle 3. The Quick Brown Fox Jumps Over The Lazy Dog 4.Stoned Tunes 5. New Marks

(19/12/14)1曲目がEvert Brettschneider作、2曲目がAloys Kott作、3-4曲目が2人の共作。ある意味ギタートリオということで繊細な感じもあり、なかなか面白い。ある程度静かなサウンドを基調にしつつも、内容がドラマチックに目まぐるしく変化していくような1曲目。この曲ではPer、と書いてあるけれど、ドラムスですね。ベースソロがからはじまり、ユニゾンの速いパッセージの後にゆったりとした場面が訪れる、これも場面変化が多い、ミニマル的要素もある13分台の2曲目、テーマが印象的な、渋いフリー的なアップテンポの4ビートでスリリングに展開する3曲目、静かな曲だけどパッセージが速く、ベースのエフェクターの効き具合も効果的な4曲目、メカニカルでゆっくりなテーマから幽玄な雰囲気もある世界の5曲目。

(’19年7月より順次配信)

2019/12/15

OM With Dom Um Romao

60022 JAPOレーベルの未CD化作ストリーミング配信聴き。OMのJAPO3作目はDom Um Romaoというベテランパーカッショニストを迎えての演奏。あまりスピリチュアルな部分は出てこないですけど、それでもやはり演奏からOMの音楽だなあという気がします。まあ、これだけ個性の塊みたいな人たちが集まっているのだから、そこにゲストを加えて、これまた面白いサウンドが出来上がっていくのもありかと思います。今回はJAPOレーベル、だいぶ新たに聴くことができました。やはりECMの傍系レーベルというのは、ECMと同じくらいに興味深いです。ただ、JAPOの方がまだ聴けない音源が多く埋もれているのが残念。これらもストリーミング配信を希望。

 

OM With Dom Um Romao(Per, Berimbau)(JAPO 60022)(ストリーミング配信) - Recorded August 1977. Urs Leimgruber(Ss, Ts, Bcl), Christy Doran(G), Bobby Burri(B), Fredy Studer(Ds) - 1. Chipero 2. Dumini 3. Back To Front 4. Da Funk

(19/12/12)1曲目がBobby Burri作、2曲目がUrs Leimgruber作、3-4曲目がChristy Doran作。Dom Um Romaoというパーカッショニストを迎えての録音。個性の強いゲストはいても、やはりOMで、曲によってサンバ寄りか。出だしからビリンバウの音に圧倒されますが、ファンク的なリズムでなかなかユーモラスで面白いやり取りが聴ける1曲目、アップテンポのサンバで、ギターやサックスが弾きまくり吹きまくり、そしてパーカッションも強力でなかなかエキサイティングな2曲目、ミステリアスなメロディでゆったりとはじまり、いつもよりは素直と思えるサウンドのバラードの3曲目、ファンクのビートでギターが個性的な速いフレーズを弾き、ホーンがゆったりしたりベースがアルコで舞ったり、ドラマチックに変化する16分台の4曲目。

セレクトされて’06年にA Retrospective/OM(ECM 1642)として再発。
(’19年7月より順次配信)

2019/12/14

Landscapes/Rena Rama

60020JAPOレーベルの未CD化作ストリーミング配信聴き。今日のアルバムにはボボ・ステンソンとパレ・ダニエルソンが参加しています。これだけで期待値は高まりますが、やはりECMではないということで、スピリチュアルやフリー的になるところもあります。当時はThomas Stwosandがこのレーベルのプロデューサーをやることが多かったからかどうか。それにしてもこのグループが’70年代の前半から’80年代にかけて、時々メンバー交替をしながら続いていたことは知りませんでした。ヨーロッパではけっこう有名だったそうですよ。いろいろ聴いていても、まだまだ知らないことはいっぱいあるようですね。

 

Landscapes/Rena Rama(JAPO60020)(ストリーミング配信) - Recorded June 1977. Lennert Aberg(Ts, Ss, Per), Bobo Stenson(P, Per), Palle Danielsson(B), Leroy Lowe(Ds, Per) - 1. Enok 2. Rumanian Folk Song 3. Circle Dance 4. Pa Campagnan II 5. Royal Song From Dahomey

(19/12/12)4-5曲目がLennert Aberg作、2-3曲目がPalle Danielsson作、1曲目がBobo Stenson作。長く活動したグループだけど、JAPOから出たのはこの1枚だけ。ステンソンとダニエルソンの参加が興味を引きます。長いドラム・ソロではじまって、そこにある意味耽美的かつ活発なピアノと、ベースが乗っかって、その後サックスが加わり明るめにフリー的にも進んでいく12分台の曲の1曲目、5拍子基調でエキゾチックなメロディを持ちつつ、ちょっとモーダルな雰囲気も持つ2曲目、やや自由な展開で、それでも4ビートで進む部分もあってやや哀愁も含む3曲目、スピリチュアルな雰囲気もあってフリーで全開のところが多く、突っ走っている感じもある4曲目、8分の6拍子でマイナー調のテーマが印象的な旋律の5曲目。

(’19年7月より順次配信)

2019/12/13

Light Lines/Manfred Schoof Quintet

60019 JAPOレーベルのECMにて別番号でCDBOX化盤。このグループは3枚のアルバムがJAPOから出ていて、2枚は全曲BOX化されているのですが、もう1枚は2曲カットされていて、配信もECM盤の方でしかないので、残り1枚は全曲聴くことができないのが残念ではあります。それでもECMBOXで聴いた時と、オリジナルの曲をその曲順で聴いた時と印象が違うので、そういう意味では聴けたものは収穫だったなあ、という気もしています。このアルバムも録音したのは’77年で、その時代の演奏としては、かっちりした部分とアヴァンギャルドな部分が混在していて面白いアルバムに仕上がっているなあ、と思います。まあ、ある意味聴いたつもりになっていた盤か。JAPOもあと聴かなければ、というのが8枚あります。ECMより少ないとはいえ、もう少しご辛抱を。

 

Light Lines/Manfred Schoof(Tp, Flh) Quintet(JAPO 60019)(ECMにて別番号でCDBOX化) - Recorded December 1977. Michel Pilz(Bcl), Jasper Van't Hof(P, Key, Org), Gunter Lenz(B), Ralf Hubner(Ds) - 1. Source 2. Light Lines 3. Criterium 4. Lonesome Defender 5. Rezonance

(19/12/11)1-2、5曲目がManfred Schoof作、3曲目がJasper Van't Hof作、4曲目がRalf Hubner作。ECMでCDBOX化され、再発されたのもわかるような演奏で、時々アヴァンギャルドなサウンドもあるグループの2作目。ひっそりと静かな出だしから、にぎやかな演奏になったり戻ったり、アヴァンギャルドな雰囲気のソロも多い11分台の1曲目、バスクラリネットではじまる、ソロは速いパッセージが多いミステリアスなバラードの2曲目、朗々としたテーマでそのままゆったりとアドリブの方に入っていく、やはりバラードの3曲目、ピアノがドラマチックにはじまり、その後、メロディアスなホーンでゆったりと進む4曲目、割とテーマが落ち着いていてカチッとした構成の感じもあり、アドリブの部分もメロディアスに聴かせてくれる5曲目。

’09年に全曲Resonance/Manfred Schoof(ECM 2093/94)のBOXとして再発。

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

メールアドレス

友人が運営しているサイト