共同企画(’21年終了)

無料ブログはココログ

カテゴリー「ECM未分類(雑記含む)」の57件の記事

2024/04/15

なぜか残してあるECM2500番以降とCriss Cross1400番以降

240415cd 昨春のCD処分の時には時間がなくてあまり考える余裕もなかったのだけど、区切りよくECM2500番以降とCriss Cross1400番以降だけ残してあります。それが写真で、CDラック3段と半分のECMと、その下に20枚弱のCriss Crossになってます。逆に言うと、ECMのそれ以前のものでは100枚ほどお気に入りを残して処分、Criss Crossに至っては、全部処分してしまいました。普通の人ならば、番号を関係なく、好きなミュージシャンなりアルバムなりを残すと思うので、その点自分は特異なのだなあ、とも思います。どっちみち、ストリーミングに頼ることが多くて、CDラックから常に出して聴くかというとそうでもなく。

なんでそうしたかというのは、今となってはあまり思い出せませんけど、過去のレーベルコンプリートをやっていた当時の名残りで、ここより後はまだ持っていたい、と思ったのかもしれません。他に、ジャズ新譜一般の方はもっと少なく、CDラック1列に満たないほどしか残ってないですし。そもそも処分したのは、CDがラックにぎちぎちに前後2段に入っていて、取り出すのも容易ではなくなったので、それならなくても同じではないか、と思ったのも理由のひとつです。保管に気を使っていても、どうしても古いCDは紙の部分やライナーなどにシミやカビが出てくることもあり、その経年劣化も理由にはなるかなあ、と思います。

ECMとCriss Crossは、いろいろ今後とも参考になるレーベルではありますが、ストリーミングで聴ける割合がけっこう高いレーベルでもあります。そういう意味で、ブログにも全記録を残していることもあって、ばっさりとやってしまったのだろうなあ、と考えています。実際に、手元にあるCDでもストリーミングであれば、そっちで聴くことが多いですし。また、たぶんやらないとは思うけど、今手元にあるのは新譜中心なので比較的買取価格が高いため、いざとなったら、新しい方の処分にも手をつけるかもしれないな、なんてことを考えてしまいます。まあ、金銭的に困っているわけではなくて、実際買っているのはまだ働いているので、自分の小遣いからなんですけどね。こういう残し方をする人も珍しいと思うので、書いて残しておこうと思いました。まあ、昨年から補聴器をつけて聴いている状態なので、聴き疲れして以前ほどには長い時間聴けなくなっている、ということもありますが。

(追記)とうとう一時1ドル154円行ってしまいましたね。輸入CD派にとってはつらい数字です。ここで天井になるのか、ここよりさらに安くなるのかで、今後のこともいろいろと考えねば、、、

2024/01/02

タワーレコードよりECMのSACDハイブリッド盤が残り11枚届く

240101ecm_20240102093201 結局、まだ入手可能なギリギリの期間ということで、タワーレコードからECMのSACDハイブリッド盤を11枚注文してしまい、元旦のお昼に届きました。これでタワーレコードから発売された全15枚が揃いました。リンク先は過去に書いたアルバムコメントですが、いずれもECMの割と最初の方の時期の名盤ばかりです。Amazon Music HDのストリーミングでも、だいたいハイレゾで聴けるようになっているので、このまま未開封になってしまう可能性が高いのですけど。開封しているのは一昨年買った「サンベア・コンサート」だけです。

Standards, Vol.1/Keith Jarrett(P)/Gary Peacock(B)/Jack DeJohnette(DS)(ECM 1255)

Crystal Silence/Gary Burton(Vib)/Chick Corea(P)(ECM 1024)

Pat Metheny Group(G)(ECM 1114)

Standards, Vol.2/Keith Jarrett(P)/Gary Peacock(B)/Jack DeJohnette(Ds)(ECM 1289)

A.R.C./Chick Corea(P)/Dave Holland(B)/Barry Altshul(Per)(ECM 1009)

Offramp/Pat Metheny Group(G)(ECM 1216)

Changes/Keith Jarrett Trio(P)(ECM 1276)

Standards Live/Keith Jarrett(P)(ECM 1317)

Tales Of Another/Gary Peacock(B)/Keith Jarrett(P)/Jack DeJohnette(Ds)(ECM 1101)

Magico/Charlie Haden(B), Jan Garbarek(Sax), Egberto Gismonti(G,P)(ECM 1151)

Travels/Pat Metheny Group(G)(ECM 1252/53)

2023/12/30

タワーレコードよりECMのSACDハイブリッド盤が3枚届く

1022 1064 1073 今日、タワーレコードより、タワー限定発売のECMのSACDハイブリッド盤が3枚届きました。実はこれらのCDの方は前回の処分の時はそのまま持っていて、ダブりでの購入ということになります。さらに、ストリーミングではこれらはハイレゾで聴くこともでき、わざわざSACDを買ってまでして聴くほどのことかなあ、とも思って、けっこう以前から迷っていたんですね。今回、3枚以上20%オフの対象商品だったこと、そしてポイント15倍セールも重なって、つい注文をしてしまいましたが。

けっこう聴いてきた耳タコ盤ばかりで、こういうのを購入すると結局未開封のまま置いておいて、自分が亡くなった時にまた未開封のまま市場に出回るような気もするのですが、まあ、年末の自分へのご褒美として購入してしまいました。アルバムは以下の通りです。

Return To Forever/Chick Corea(P)(ECM 1022)

The Koln Concert/Keith Jarrett(P)(ECM 1064/65)

Bright Size Life/Pat Metheny(G)(ECM 1073)

実はこのタワー限定のSACD盤、1年前にも購入しています。その時はその盤のストリーミングがハイレゾ規格ではなかったからですが、もし自分がストリーミングをやっていなければ、全部のSACD盤を購入していたかもしれません。それにしても6枚組だったので、高かったな。

Sun Bear Concerts/Keith Jarrett(P)(ECM 1100)

SACD盤は安くはないため、いちおうここで打ち切りとしますが、気が向いたら他のSACD盤も買うかもしれません。それは今の段階では未定です。

240101ecm(追記30日)結局どういうことになったかというと、タワー限定のSACDハイブリッド盤は15枚出ていて、持っていない残りの11枚も今日注文することになってしまいました(汗)。まだ、CD処分した時の軍資金が少し残っているからいいけど、こういうことになる雰囲気がしていたんだよなあ、、、

2023/08/27

ECMのブログの前書き、とりあえずは終了

今先ほど、ECMのブログの前書きがなかったところ、何とかかんとか一応暫定的にですが終わらせました。その際にクレジットやアルバムコメントなどでの誤字脱字も、目についたところはできるだけ直しました。はっきりとは全部は見てないので、まだまだ誤字脱字はあるかもしれませんね。直した主なところはECM1001-1900番あたりまでで、その後100枚ぐらいのうちに3枚、何も書いてないのがあったので、それも書き足しました。元々のアルバムコメントで1行簡単にしか書いてないものもありましたが、間違ってなければ、それを直すのは今後の課題とします。

実際、この2か月ほどで500-700枚ぐらい手をつけたのでは、と思いますが、細かいところまでは分かりません。これを音楽全部を聴きながらというと時間がいくらあっても足りないので、出だしとか、気になるところをかけて、前書きを書くのを終わらせたら曲の途中でも次へ行く、という強引な方法をとりました。そうでなければ、1日に50枚(前書きが以前からあるものもあって実際には30-40枚弱なんですが)は、とてもじゃないけど進まないです。アルバムコメントは書いてあるし、音楽も覚えているものも割とあるので、あまり困ることはなかったです。さて、これを超人的というのか、単なる手抜きというのかは、皆さんのご判断で。とてもじゃないけど、元々は枕や覚え書きなんで、ECM Catalogの域には達しないですね。やむを得ないです。

でも、ストリーミングはクラシックが作曲者で検索するのか、演奏者で検索するのか、基準がバラバラで、探すのに苦労したものもありました。中には最後まで探せなかったものもありましたよ。とりあえずは一区切りつきましたが、次にJMT/Bambooレーベルも同様に前書きがなく、やりたいのですがCDを処分してしまった上に、ストリーミングにはないのですよ。これには困りました。半分ぐらいは聴かなくても書けるのですが、さて、どうしようか。

ちなみに前書きの順番の最後はECM1802-1851番でした。

https://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/ecm18021851/index.html

2023/08/20

ECMの前書きあと最大176枚(1651-1851番)

いやあ、この作業も200-300枚ほどやれば終わると思ってはじめたのですが、実のところ1001番からはじまって、いくらかはすでに前書きのあるものもあったのですが、1850番過ぎたあたりから2000番のところあたりまで徐々に前書きのあるところと入れ替わっていくという壮大なものでありました。もうすでに1650番までと、1852番以降は終わっていて、あとは間の201番(組枚数や欠番もあるので、あと最大176枚)やれば終わりなんですが、この部分、前書きがまだないものが多く、まだまだ時間はかかりそうです。それにしても、短期間でよく500枚以上直せたなあ、と思います。

前書きといっても、通常新譜の場合、クレジットとアルバムコメントをCDを聴きながら書いて、その後にまとめとして10-15分ぐらいで書いてしまうので、時間はそんなにかかりません。ただ、今回の場合、内容を覚えているものはいいんだけど、これ何だっけというCDも続出して、現物はだいぶ処分してあるし、ストリーミングとネットしか手掛かりがないので、少し手抜きのものもあったりします。また後から読み直して、気になったら直せばいいやってことで、割り切ってやってます。

また、アルバムコメントを書いた当時のものは、なるべく残すようにして、当時は長さが決まってなくて、1行だけしか書いてないものもあるけど、それもそのまま残すようにしてあります。時間節約のためでもあり、その短い前書きのものは、やはり後日気になったら直そうと思います。予定より膨大な量になってしまいましたが、途中でやめるのも何なので、こればかりは地味な作業ながら続けて行きたいと思ってます。あと1か月あればできるかな? といったところ。まあ、こういう地味な作業は割と得意とするところなので、今しばらくお待ちを。

(追記)
1651-1701番まで(8月25日)

https://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/ecm16511701/index.html

1702-1750番まで(8月26日)

https://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/ecm17021750/index.html

1751-1801番まで(8月27日)

2023/08/12

ECMの前書きのない後ろの部分は1901-1950番、1951-2000番に各2枚

ECMの前書き、とりあえず少しだけ進んで1558番まで。どこまでやってあるかの確認をしたら、1901-1950番、1951-2000番のところがそれぞれあと2枚ずつになっていたので、その後ろの方の部分を先に手をつけました。なぜ飛び飛びになっているかというと、ECMは番号順に発売していないので、その影響だと思います。探すのが大変でした。該当番号は1905、1914、1956、1862番でした。

最後の方が分かったので、あとはどんどん前書きを進めていくだけなのですが、まだあと350番近くあるので、少々メゲています。ただ、9月に入るまで新譜CDが入手できないので、それまではこの作業を続けていくしかないですね。けっこう地味な作業だし、データにいろいろあたって、というよりは聴き直した感想的なことを書いていっているので、見る人にとってはどうでもいいことかも知れませんけれども。それでももう550番以上を2か月程度の時間でやってしまったので、意外に終わるのは早いかもしれません。

2023/08/05

ECM1401番から1450番までの前書きを書く

ECM1401番から1450番までの前書きを書きました。そろそろ、この前書きの作業、一体いつまで続くんだとうんざりしていたところへ、1430番を過ぎたあたりから、もうすでに前書きがあるものが増えて、一気に進んだこともあります。ですので、ブログにいちいちここからここまでの前書きを書きました、という書き込みも、いちおうこれで一段落にしたいと思います。知るところでは、1800番台のあたりでも前書きのないものはあるんですけれどもね。

ただ、前書きがあるから皆さんに便利になったかというと、私の覚え書きの面もなきにしもあらずで、自己満足の域を出ていないものもあります。それでも順番に聴いていくことで発見もありましたし、これらについては時間があればまた改めてまとめてみたいと思います。ここまで450番(実際には枚数的にはそれよりも少ないですが)を前書き書いてきたこと、まあ、よくやるわ、か、あんたも好きねえ、か分かりませんけど、2か月弱でここまでやるもの好きな人はほどんどいないんじゃないかと思います。

ECM New Seriesは、有名なものも少しはあるけれど、これ何的な、知る人ぞ知るのマニアックなものがけっこうあるので、そう言うものも含めて、中古で探してみてはいかがでしょうか。ディスクユニオンのオンラインショップ含め、探せばある程度は手に入るんではないかと思います。

https://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/ecm14011450/index.html

(追記8月10日)
実はその後今日までに1550番まできております。

https://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/ecm14511500/index.html

https://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/ecm15011550_/index.html

(追記8月14日)1601番まで

https://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/ecm15511601/index.html

(追記8月19日)1650番まで

https://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/ecm16021650/index.html

2023/08/02

ECM1351番から1400番までの前書きを書く

ECM1351番から1400番までの前書きを書きました。ただ、1376番と1400番は欠番になっています。区切りのいい番号が欠番になっているのは、ちょっと気持ち悪いですけど、何のアルバムがお蔵入りになってしまったか、当時の資料を当たれば分かるものと、そうでないものがあるようです。

ECM New Seriesも順調に割合が増えてきて、キース・ジャレットによる「平均律クラヴィーア曲集」「ゴルトベルク変奏曲」などが出てくるのもここですね。そして何度もボーダーレスという言葉を使ってしまいましたが、ECMとECM New Seriesの境が曖昧になってきて、どちらで取り扱っても不思議ではないアルバムも出てきます。ECM初期からの人も相変わらずアルバム制作が多いミュージシャンもいたり、新顔が入ってきたりと、いろいろ広がってきているようです。

それにしても、この作業を始めた当時は、このあたりまで来たら、もう前書きが書かれているのが大半だと思ってました。でもその段階になるのはまだはるか先のようです。これだけの枚数、最初からわかっていたら手をつけなかったかもしれません。

https://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/ecm13511400/index.html

2023/07/31

ECM1301番から1350番までの前書きを書く

正式には1301番とか1313番が欠番で(1300番より欠番というものが出てくる)、その後も発売が決まったもののオクラ入りになったものは欠番になっていくので、ECMでは意外に欠番は多いのです。ただ、便宜上、分かりやすいようになるべく区切りの良いところで分けてはいるのですけど。

このあたりの番号になってくるとNew Seriesが増えてきてますね。まだ、有名なクラシックの作曲者単独で、というのは少ないですが、現代音楽家とクラシックの作曲者を1つのアルバムにまとめたものとか、古楽も出始めてきます。また、New Series初期には作曲者自ら演奏者になるものも多めではありますね。今のようにクラシックで知名度が出てくることを予想していた人、多くないんじゃないでしょうか。

ECMの方も、マニアックな、ある意味売れ行きが少々心配なアルバムも、どんどん出てきていて、それでもほとんどをストリーミングで聴けるので、ちょっと変わったアルバムは興味があれば聴いてみればいいと思います。ジャンルの幅も、以前からのものを含めて広がりを見せている時でもありますし。

https://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/ecm13011350/index.html

2023/07/26

ECM1251番から1300番までの前書きを書く

ECM1251番から1300番までの前書きを書くのを終えました。1279番までは入院前に書いてあったので、あとは退院後の時間のある時にゆっくりとやってます。あと、1300-1301番は欠番になっているのですけどね。

このあたりは超有名盤もあったりしますけど、え?こんなの出すの?という盤もあったりして、なかなか変化に富んでいて面白いです。ECM独自のサウンドのアルバムを出すのにもためらいはない時期ですし。だんだんとすでに前書きのあるアルバムも増えては来てるんだけど、もうしばらくは、書き足しのアルバム、やっていかなければならないみたいですね。

https://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/ecm12511300/index.html

(追記)なんでこんなにECMで前書きつけてないのが多いのか、という問題ですが、当初ブログをはじめたときに、ECMブログ(前書きなし)とメインブログ(前書きあり)を、’14年に統合した時にできたものです。(その後再びECMブログを作るもメインブログと並行してやっているので、問題なし。)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 Criss Cross1051-1100番 Criss Cross1101-1150番 Criss Cross1151-1200番 Criss Cross1201-1250番 Criss Cross1251-1300番 Criss Cross1301-1350番 Criss Cross1351-1400番 Criss Cross1401-1450番 Criss Crossレーベル ECM1001-1050番 ECM1051-1100番 ECM1101-1150番 ECM1151-1200番 ECM1201-1250番 ECM1251-1300番 ECM1301-1350番 ECM1351-1400番 ECM1401-1450番 ECM1451-1500番 ECM1501-1550番 ECM1551-1601番 ECM1602-1650番 ECM1651-1701番 ECM1702-1750番 ECM1751-1801番 ECM1802-1851番 ECM1852-1900番 ECM1901-1950番 ECM1951-2000番 ECM2001-2050番 ECM2051-2101番 ECM2102-2150番 ECM2151-2200番 ECM2201-2250番 ECM2251-2300番 ECM2301-2349番 ECM2350-2400番 ECM2401-2450番 ECM2451-2499番 ECM2500-2550番 ECM2551-2600番 ECM2601-2650番 ECM2651-2701番 ECM2702-2750番 ECM2751-2800番 ECM2801-2850番 ECM3901番-(アナログ) ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) ECM5501番-(音楽DVD)他 ECM5801番-, ECM SP(ジャズと詩) ECMレーベル ECM未分類(雑記含む) Enjaレーベル Hatologyレーベル J-POP JAPOレーベル JMTレーベル Steeple Chaseレーベル Winter&Winterレーベル ウェブログ・ココログ関連 オーディオ クラシック・現代音楽 ジャズ ストリーミング パソコン・インターネット フュージョン・ファンク ライヴ・コンサート レコード ロック・ポップス 上半期・年間ベスト 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 映画音楽・ナレーション 書籍・雑誌 楽器 澤野工房 音楽

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online

アマゾンへのリンク

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト