共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

カテゴリー「ECM2702-2750番」の22件の記事

2022/11/28

The Recordings/Meredith Monk

2750何とECM New Seriesから12種13枚組のメレディス・モンクのCDBOXが出てしまいました。実は今日の時点でまだ未開封です。というのも今までバラで全部聴いてきているし、忙しくなってきたので、取り出して聴いている暇がありません。まあ、内容については個々のアルバムのところを参照していただくとして。このBOXセット、バラで買うよりだいぶ安くなっています(その中でも値段が高めのところ、安めのところはありますが)。BOXセットを買うのをためらっている方は、まずストリーミングから、という方法もあります。個人的には分厚いブックレット(英文だと思いますが)をパラパラとめくってみたいですね。とりあえず今日のところは紹介を。

 

The Recordings/Meredith Monk(ECM New Series 2750)(輸入盤)

Dolmen Music/Meredith Monk(Voice, P)(ECM (New Series) 1197)(輸入盤) - Recorded March 1980 and January 1981. Collin Walcott(Per, Vln), Steve Lockwood(P), Andrea Goodman(Voice), Monica Solem(Voice), Julius Eastman(Voice, Per), Robert Een(Voice, Cello), Paul Langland(Voice) - 1. Gothem Lullaby 2. Travelling 3. The Tale 4. Biography 5. Dolmen Music a) Overture And Men's Conclave b) Wa-Ohs c) Rain d) Pine Tree Lullaby e) Calls f) Conclusion

Turtle Dreams/Meredith Monk(Voice, P, Synth)(ECM (New Series) 1240)(輸入盤) - Released 1983. Robert Een(Voice), Andrea Goodman(Voice), Paul Langland(Voice, Org), Julius Eastman(Org), Steve Lockwood(Org), Collin Walcott(Org, Didjeridoo) - 1. Turtles Dreams 2. View 1 3. Engine Steps 4. Ester's Song 5. View 2

Do You Be/Meredith Monk(Vo, Synth, P)(ECM New Series 1336)(輸入盤) - Recorded June 1986 and January 1987. Robert Een(Vo), Ching Gonzalez(Vo), Andrea Goodman(Vo), Wayne Hankin(Vo, Key, Bagpipes), Naaz Hosseini(Vo, Vln), Nicky Paraiso(Vo), Nurit Tilles(Vo, P, Synth), Johanna Arnold(Vo), John Eppler(Vo), Edmund Niemann(Vo, P) - 1. Scared Song 2. I Don't Know 3. Window In 7's 4. Double Fiesta 5. Do You Be 6. Panda Chant 1 7. Memory Song 8. Panda Chant 2 9. Quarry Lullaby 10. Shadow Song 11. Astronaut Anthem 12. Wheel

Book Of Days/Meredith Monk(Vo, Key) And Vocal Ensemble(ECM New Series 1399)(輸入盤) - Recorded June 1989. Robert Een(Vo, Cello), Ching Gonzalez(Vo), Andrea Goodman(Vo), Wayne Hankin(Vo), Naaz Hosseini(Vo, Vln), Nicky Paraiso(Vo), Nurit Tiles(Vo, Key), Johanna Arnord(Vo), Joan Barber(Vo), John Eppler(Vo), Toby Newman(Vo), Timothy Sawyer(Vo) - 1. Early Morning Melody 2. Travellers 1, 2, 3 3. Dawn 4. Travellers 4 Churchyard Entertainment 5. Afternoon Melodies 6. Fields/Clouds 7. Dusk 8. Eva's Song 9. Evening 10. Travellers 5 11. Jewish Storyteller/Dance/Dream 12. Plague 13. Madwoman's Vision 14. Cave Song

Facing North/Meredith Monk(Voice, P, Org, Pitch Pipe)(ECM New Series 1482)(輸入盤) - Recorded April 1992. Robert Een(Voice, Pitch Pipe) - Facing North: 1. Northern Lights 1 2. Chinook 3. Long Shadows 1 4. Keeping Warm 5. Northern Lights 2 6. Chinook Whispers 7. Arctic Bar 8. Hocket 9. Long Shadows 2 Vessel: An Opera Epic: 10. Epic 11. Fire Dance 12. Little Epiphany/Sybil Song 13. Mill Recent Ruins: 14. Boat Song

Atlas/Meredith Monk(Cast: Voice)(ECM New Series 1491/92)(輸入盤) - Recorded June 1992. Cast(Voice): Carlos Arevalo, Thomas Bogdan, Victoria Boomsma, Janis Brenner, Shi-Zheng Chen, Allison Easter, Robert Een, Dina Emerson, Emily Eyre, Kaite Geissinger, Ching Gonzalez, Dana Hanchard, Wendy Hill, Stephern Kalm, Robert Osborne, Wilbur Pauley. Randall Wong, Orchestra: Kathleen Carroll(Viola), Arthur J. Fiasco Jr.(Cello), Anthony Pirollo(Cello), John Cipolla(Cl, Bcl), Susan Iadone(Vln), Cynthia Powell(Key), Darryl Kubian(Vln), Thad Wheeler(Per), Wayne Hankin(Sawn, Sheng, Recorder, Cond), Steve Lockwood(Key), James F. Wilson(French Horn) - Part 1: Personal Climate: 1. Overture(Out Of Body 1) 2. Travel Dream Song 3. Home Scene 4. Future Quest (The Call) 5. Rite Of Passage A 6. Choosing Companions 7. Airport Part 2: Night Travel: 8. Night Travel 9. Guide's Dance 10. Agricultural Comunity 11. Loss Song 12. Campfire/Hungry Ghost 13. Father's Hope 14. Ice Demons 15. Explorer #5/Lesson/Explorer's Procession 16. Lonely Spirit 17. Forest Questions 18. Desert Tango 19. Treachery (Temptation) 20. Possibility Of Destruction Part 3: Invisible Light: 21. Out Of Body 2 22. Other Worlds Revealed 23. Explorer's Junctions 24. Earth Seen From Above 25. Rite Of Passage B

Volcano Songs/Meredith Monk(Voice)(ECM New Series 1589)(輸入盤) - Recorded July 1995. Katie Geissinger(Voice), Harry Huff(P), Nurit Tilles(P), Allison Easter(Voice), Dina Emerson(Voice) - Volcano Songs: Duets: 1. Walking Song 2. Lost Wind 3. Hips Dance 4. Cry #1 5. New York Requiem Volcano Songs: Solos: 6. Offering 7. Boat Man 8. Skip Song 9. Old Lava 10. Cry #2 11. St Petersburg Waltz 12. Three Heavens And Hells Light Songs: 13. Click Song #1 14. Click Song #2

Mercy/Meredith Monk(Vo)(ECM New Series 1829) - Recorded March 19 and 20, 2002. Theo Blackmann(Vo), Allison Easter(Vo), Katie Geissinger(Vo), Ching Gonzalez(Vo), John Hollenbeck(Vo, Per, Marimba, Vib, Melodica, P), Allison Sniffin(Vo, P, Synth, Viola, Vln), Bohdan Hilash(Cl) - 1. Braid 1 And Leaaping Song 2. Braid 2 3. Urban March (Shadow) 4. Masks 5. Line 1 6. Doctor/Patient 7. Line 2 8. Woman At The Door 9. Line 3 And Prisoner 10. Epilogue 11. Shaking 12. Liquid Air 13. Urban March (Light) 14. Core Chant

Impermanence/Meredith Monk(Voice, P)(ECM New Series 2026)(輸入盤) - Recorded January 2007. Theo Bleckmann(Voice), Ellen Fisher(Voice), Katie Geissinger(Voice), Ching Gonzalez(Voice), Allison Sniffin(Voice, P, Vln), Sasha Bogdanowitsch(Voice), Silvie Jensen(Voice), John Hollenbeck(Per, P), Bohdan Hilash(Woodwinds, P) - 1. Last Song 2. Maybe 1 3. Little Breath 4. Liminal 5. Disequilibrium 6. Particular Dance 7. Between Song 8. Passage 9. Maybe 2 10. Skelton Lines 11. Slow Dissolve 12. Totemtanz 13. Sweep 1 14. Rocking 15. Sweep 2 16. Mieke's Melody #5

Songs Of Ascension/Meredith Monk(Voice)(ECM New Series 2154)(輸入盤) - Recorded November 2009. Meredith Monk & Vocal Ensemble: Ellen Fisher(Voice), Katie Geissinger(Voice), Ching Gonzalez(Voice), Bruce Rameker(Voice), Allison Sniffin(Voice, Vln), Bohdan Hilash(Woodwinds), John Hollenbeck(Per), Todd Reynolds(Vln) Quartet: Courtney Orlando(Vln), Nadia Sirota(Viola), Ha-Yang Kim(Cello), The M6: Sasha Bogdanowitsch(Voice), Sidney Chen(Voice), Emily Eagen(Voice), Holly Nadal(Voice), Toby Newman(Voice), Peter Sciscioli(Voice), Montclair State University Singers - 1. Clusters 1 2. Strand (Gathering) 3. Winter Variation 4. Cloud Code 5.Shift 6. Mapping 7. Summer Variation 8. Vow 9. Clusters 2 10. Falling 11. Burn 12. Strand (Inner Psalm) 13. Autumn Variation 14. Ledge Dance 15. Traces 16. Respite 17. Mapping Continued 18. Clusters 3 19. Spring Variation 20. Fathom 21. Ascent

Meredith Monk/Piano Songs(ECM New Series 2374)(輸入盤) - Recorded April 2012. Ursula Oppens(P), Bruce Brubaker(P) - 1. Onsolete Objects 2. Ellis Island 3. Folkdance 4. Urban March (Shadow) 5. Tower 6. Paris 7. Railroad (Travel Song) 8. Parlour Games 9. St. Peterburg Waltz 10. Window in 7's 11. Totentanz 12. Phantom Waltz

Meredith Monk(Comp, Voice)/On Behalf Of Nature(ECM New Series 2473)(輸入盤) - Recorded June, 2015. Meredith Monk & Vocal Ensemble: Sidney Chen(Voice), Ellen Fisher(Voice), Katie Gessinger(Voice), Bruce Rameker(Voice), Allison Sniffin(Voice), Bohdan Hilash(Woodwinds), John Hollenbeck(Per), Allison Sniffin(P, Key, Vln, French Horn), Laura Sherman(Harp) - 1. Dark/Light 1 2. High Realm 3. Fractal Activity 4. Environs 1 5. Eon 6. Duet With Shifting Ground 7. Environs 2 8. Pavement Steps 9. Evolution 10. Ritual Zone 11. Water/Sky Rant 12. Memory Zone 13. Enrivons 3 14. Harvest 15. Dark/Light 2 16. High Realm Reprise 17. Fractal Mirror 18. Ringing 19. Spider Web Anthem

(22/11/19)メレディス・モンクのECMから出した12種(13枚)(1197, 1240, 1336, 1399, 1482, 1491/92, 1589, 1829, 2026, 2154, 2374, 2473)をBOX化してまとめたもの。分厚いブックレットが付いているので。全部持っていても買うかどうか悩ましいアルバム。彼女についてもECMという環境がなかったら、これだけ世に出ていたかどうか。ヴォイスが個性的であるということで聴く人を選びますが、一生に1度は聴いてみてもいいのでは。

2022/11/27

Tonu Korvits/Robert Schumann/Edvard Grieg/Duo Gazzana

2706 ECM New Seriesの新譜があるので聴きます。Duo GazzanaもECMでは4枚目になります。Tonu Korvitsの現代音楽が入っていますが、どちらも8-10分程度と短めで、時間的にはシューマンとグリークに焦点が当たっていくのでは、と思います。Korvitsの最初の方の曲はアンドレイ・タルコフスキーに捧げられたものだとか。このECMお得意の新旧取り混ぜ具合がなかなかいいと思います。解釈も新しいものもあるとのことだけど、それは公式のサイトを見ていただくとして、かなりクラシック的に私は聴けました。収録時間は60分。まあ、やっぱりシューマンが好きだなあ、と思う私はまだクラシックの入り口にいるのかもしれませんが。

 

Tonu Korvits/Robert Schumann/Edvard Grieg/Duo Gazzana(ECM New Series 2706)(輸入盤) - Recorded November 2021. Natascia Gazzana(Vln), Raffaella Gazzana(P) - Tonu Korvits: 1-4. Stalker Suite Robert Scumann: 5-7. Sonata No.1 In A Minor, Op.105 Tonu Korvits: 8-11. Notturni Edward Grieg: 12-14. Sonata NO.3 In C Minor, Op.45

(22/11/19)Duo GazzanaのECM4枚目。Tonu Korvitsはエストニアの現代音楽家、Robert Schumannは19世紀ドイツの作曲家、Edward Griegは19-20世紀のノルウェーの作曲家。ECMお家芸の新旧取り混ぜた演奏ですが、その新旧の塩梅がなかなかいい感じ。Korvitsの2曲は時間的には短めですが、これが初録音とのことで、そういう意味でも貴重かも。昔の曲に多くの時間が割かれていることにより、クラシックとして聴けます。

2022/11/18

Once Around The Room - A Tribute To Paul Motian/Jakob Bro/Joe Lovano

2747 新譜が5枚も来たので、先に聴いていきます。11月は比較的余裕があるので、早めに。ECMの新譜で、ポール・モチアンに捧げられたもの。ヤコブ・ブロは「Garden Of Eden/Paul Motian Band」という、実質はエレクトリック・ピバップ・バンドの編成の内容で、ジョー・ロヴァーノはトリオでの演奏歴があって、しかも他に集まったメンバーはベース3人、ドラムス2人で有名なミュージシャンが多いです。最初は交替で演奏しているのではないか、と思ったのですが(実際にそのように聴こえる曲もありますが)2曲目のフリー・インプロヴィゼーションには全員の作曲者のクレジットがあって、これは全員で演奏しているのかなあ、という感じにもなりました。混沌とした曲が多いので、判別が難しいです。

 

Once Around The Room - A Tribute To Paul Motian/Jakob Bro(G)/Joe Lovano(Ts, Tarogato)(ECM 2747)(輸入盤) - Recorded November 2021. Larry Grenadier(B), Thomas Mogan(B), Anders Christensen(El-B), Joey Baron(Ds), Jorge Rossy(Ds) - 1. As It Shoukd Be 2. Sound Creation 3. For The Love Of Paul 4. Song To An Old Friend 5. Drum Music 6. Pause

(22/11/17)1、3曲目がジョー・ロヴァーノの作曲、4、6曲目がヤコブ・ブロの作曲、5曲目がポール・モチアンの作曲、2曲目は全員によるフリー・インプロヴィゼーション。これはタイトル通り、ポール・モチアンに捧げられたアルバムで、収録時間は39分。2曲目のクレジットを見ると、交替参加ではなくて、ベース3人、ドラムス2人同時に参加しています。そして、2曲目はロヴァーノのアレンジ。もともと少し混沌としているので他の曲も全員参加なのか判別は難しいのですが。曲調もポール・モチアンだったらこう演奏するという感覚で進んでいきます。モチアンが生きていたら、こういう曲を作っていたのだろうなあ、と思わせます。それ故に少々マニアックなサウンドにはなっているのかも。その地味さ加減も彼らしくていい感じか。

2022/10/27

Evgueni Galperine/Theory Of Becoming

2744ECMの新譜の2日目で一段落。今月はECMが多かった気がします。今日のはNew Seriesですけど、作曲者自らが、エレクトロニクスとサンプリングを使ってトラックを作り、そこに何曲かでゲストの参加があるという変わった現代音楽です。まあ、この歴史を見ても、電気楽器やコンピュータなどを使う音楽があったりしたので、そんなに驚かなくてもいいのかも。エフゲニー・ガルペリンは、ただECM以外でも他のアルバムを出しているようですけど、映画音楽とかの方面かな、ジャケットを見るとそんな感じのアルバムが目立ちますね。Wikiを見ても、映画音楽の方で主に活動していることが分かりました。現代音楽家という定義はちょっと違うかな、とも。

 

Evgueni Galperine(Electronics, Sampling)/Theory Of Becoming(ECM New Series 2744)(輸入盤) - Recorded 2020-2021. Sergei Nakariakov(Tp on 2, 6, 8), Sebastien Hurtaud(Cello on 1), Maria Vasyukova(Voice on 9) - 1. THis Town Will Burn Before Dawn 2. Cold Front 3. Oumuamua, Space Wanderings 4. Soudain, Le Vide 5. Kaddish 6. The Wheel Has Come Full Circle 7. La Lettre D'un Disparu 8. After The Storm 9. Don't Tell 10. Loplop Im Wald

(22/10/24)Evgueni Galperineはロシア生まれで現在パリ在住の現代音楽家。収録時間は43分。彼自身エレクトロニクスやサンプリングを演奏していて、現代音楽ではあるも、実験音楽、アンビエント系に近いサウンドを出しています。そこに何曲かでゲストの演奏者が加わって幅を広げている感じ。ここまでくると作曲という観点からどうなのよ、と思いますけど、ボーダーレスなECMだからこそ発表できるいろいろな陰影を交えた世界。

2022/10/26

Last Decade/Benjamin Lackner

2736 ECMの新譜が届いたので、聴いていきます。最初、アルバムジャケットがけっこう渋いので、ハードだったらどうしようかと思ったのですが、いざ聴いてみると、哀愁系だしメロディアスな曲、演奏のピアニストだったのでホッとしました。どこかで聴いたこともあるような、とも思ったのですが、メーカーのインフォメーションをネットで見てみると、師匠はやっぱりブラッド・メルドーだったんですね。その静かな部分を抽出して、そこに自分の個性を加えたような演奏でした。彼のアルバム、まだECMからこれからも出るんじゃないかな。実は食わず嫌いで聴くのが1日遅れた、ということもあるのですけど、このアルバム、いいですねえ。

 

Last Decade/Benjamin Lackner(P)(ECM 2736)(輸入盤) - Recorded September 2021. Mathias Eick(Tp), Jerome Regard(B), Manu Katche(Ds) - 1. Where Do We Go From Here 2. Circular Confidence Camino CIelo 4. Hung Up On The Ghost 5. Last Decade 6. Remember This 7. Open Minds Lost 8. Emile 9. My People

(22/10/24)ベース・ソロの8曲目のみJerome Regard作で、他は全曲Benjamin Lackner作。収録時間は41分。哀愁系のメロディアスなピアニストのようで、レーベルの範疇では、やや普通にビート感のある曲も含め、あまりクセのない、流れに乗っている音楽を奏でています。1曲目の冒頭からつかまれてしまうその響きは、トランペットのMathias Eickとも相性が良く、彼の出身が分かるような、ECMにしては分かりやすいメロディでアルバムは進んでいきます。4曲目はやや元気だけど、陰影のあるサウンドにこだわりか。タイトル曲の5曲目はいくぶん地味だけど、渋いバラード。7曲目はピートがはっきりしている8分の6拍子で、これはドラムスがマヌ・カッチェだからか。聴きやすい美しめのヨーロッパジャズに浸るにはいい。

2022/10/20

Ruins And Remains/Wolfert Brederode

2734 ECMの新譜。今回はWolfert Brederodeのアルバムで、弦楽四重奏とドラムス(パーカッション)が入るところがECMらしいなあと思います。収録時間がLPサイズなのと、曲が14曲も入っているので1曲あたり1-5分台と短め。1曲1曲聴いていくよりは、アルバム全体の流れとして聴くように作られている感じではあります。印象的にはちょっと地味かなあ、とも思いますけど、そもそもECMのファンにとっては好物の部類ではないでしょうか。ドラムス(パーカッション)の音も、静かめにズドーンと入っているところもあって、オーディオ的にも興味深いところ。4曲目が少し賑やかだけど、静かにさりげなくアルバムをかけるというのもいいかも。

 

Ruins And Remains/Wolfert Brederode(P)(ECM 2734)(輸入盤) - Recorded August 2021. Matangi Quartet: Maria-Paula Majoor(Vln), Daniel Torrico Manacho(Vln), Karsten Kleijer(Viola), Arno Van Der Vuurst(Cello), Joost Lijbaart(Ds, Per) - 1. Ruins I 2. Swallow 3. Remains 4. Cloudless 5. Ruins And Remains 6. Ka 7. Ruins II 8. Duhra 9. Ruins III 10. Retrouvailles 11. Nothing For Granted 12. Dissolve 13. March 14. Ruins IV

(22/10/16)全曲Wolfert Brederodeの作曲。収録時間が47分で14曲なので、短めの曲が多めです。ドラムス(パーカッション)と弦楽四重奏団との演奏で、こういうあたりはECMならでは。少し薄暗いような、静かな景色の中を漂うピアノが叙情的でもあり、全体の雰囲気を導いています。弦楽四重奏団は、割と平易で溶け込むような演奏をしていますが、時に叙情性を上げるような、静けさの中から持ち上がっていくような、雰囲気を盛り上げるところがあります。曲によってはドラムスの適度なアタック感と合わさって、ECMにしてはやや快活な場面もあります(4曲目)。「荒廃」と「残るもの」と言っていいのかどうか、そのさびれた風景の中に、そっとその諦念を漂わせている感じの演奏。マンフレート・アイヒャーのプロデュース。

2022/10/06

The Song Is You/Enrico Rava/Fred Hersch

2746今年はECMもコロナ禍より脱して、また多くのアルバムのリリースが復活してますが、意外なミュージシャンが登場したりしている年でもあります。ここではフレッド・ハーシュが、確かECMには初登場。しかも、多くの曲が割と有名な既成曲ということで、キース・ジャレット以外でこういうことはそんなに多くないので、これも話題にはなりそうです。最近割合的には少なくなりつつありますが、プロデューサーはマンフレート・アイヒャーだし。まあ、おそらく彼の希望でインプロヴィゼーションの曲を入れたりはしているとは思います。いろいろと話題性はあるけれど、アルバムを聴いてけっこう良いアルバムだし、適度に地味さ(渋さ)加減があるのがいいなあ、と思います。

 

The Song Is You/Enrico Rava(Flh)/Fred Hersch(P)(ECM 2746)(輸入盤) - Recorded November 2021. - 1. Retrato Em Branco E Preto 2. Improvisation 3. I'm Getting Sentimental Over You 4. The Song Is You 5. Child's Song 6. The Trial 7. Misterioso 8. 'Round Midonight

(22/10/03)エンリコ・ラヴァの曲が6曲目、フレッド・ハーシュの曲が5曲目、2人のインプロヴィゼーションが2曲目で、他の曲はジャズメン・オリジナルやスタンダード、ボッサなど。収録時間は42分。1曲目はアントニオ・カルロス・ジョビンの作曲で、ECMでこんなに既成曲が多いということはキース・ジャレット以外はまれなので、その叙情的でやや静かな進行を堪能しました。ハーシュもこのレーベル初めての登場。緊張感はありつつも彼ららしい即興演奏の2曲目はマンフレート・アイヒャーのリクエストによるものでしょう。ラヴァはマイペースのようですが、3曲目のハーシュはそんなに甘くなく、彼らしくも少しトガッた弾き方のようにも感じます。ただ、他の場面では耽美的な演奏も多く、淡いけどカラフルな世界が広がります。

2022/10/05

Bordeaux Concert/Keith Jarrett

2740 キース・ジャレットの’16年のライヴ。このツアーで演奏が出てくるのは3つ目ですが、どれもそれぞれに聴く価値があって、こういうアルバムが出てくれることが、うれしい。彼の演奏は’17年2月が最後だったということもあって、このツアーだけではなくて、だいぶ前からライヴは録音機を回しっぱなしにしていたという噂もあり、今後ともどんどん出てくることを期待しています。今回も収録時間は77分と、CD1枚におさまる範囲ではあるので、内容はもちろんですが、これもリリースの決め手になっていたのではないかと。彼はECMの中でも特別な存在なので、まだまだリリースはあると思います。

 

Bordeaux Concert/Keith Jarrett(P)(ECM 2740)(輸入盤) - Recorded July 6, 2016. - 1. Bordeaux, Part I 2. Bordeaux, Part II 3. Bordeaux, Part III 4. Bordeaux, Part IV 5. Bordeaux, Part V 6. Bordeaux, Part VI 7. Bordeaux, Part VII 8. Bordeaux, Part VIII 9. Bordeaux, Part IX 10. Bordeaux, Part X 11. Bordeaux, Part XI 12. Bordeaux, Part XII 13. Bordeaux, Part XIII

(22/10/03)「Budapest Concert」の3日後、「Munich 2016」の10日前の演奏で、全曲即興演奏。収録時間は77分。他のアルバムと似ている曲もあるけど、構成的にはその日の、おそらく気分によって内容が変わり、やはり演奏日が近くても1回1回聴くのが貴重な演奏でもあります。緊張感を伴う抽象的な場面もあるものの、全体的には構成も含め、美しさがやや前に出ているような雰囲気。いろいろな方向性の曲が混ざっていて、他のコンサートでも聴けるようなブルースの曲ははっきりと分かって興味深いです。他のアルバムと合わせて、こういう表現の域に達してしまったか、と思うことが多い。これならば彼の演奏が今後ともたくさん出てくることが想像できます。どんな音も常に強い集中力を持って演奏していました。

2022/10/04

Wolfgang Amadeus Mozart/The Piano Sonatas/Robert Levin

2710 ECMはじめ4枚新譜がきましたので、また先に。今日のアルバムはクラシックですけど、大胆な録音をしているようです。まず、モーツァルトが晩年使ったフォルテピアノそのものを使用して演奏していて、おそらく当時の音が出ていること。また未完や断片などから研究に基づいてそれを完成させて演奏している曲がいくつかあること。歴史的な研究の価値も付加されているようです。さすがにCD7枚は半日はかかってしまいますが、事前にストリーミングで大半を聴いていたので、CDが届いてからの負担は軽くて済んでいます。私は現代音楽の方から入ってきたので、このような分かりやすくて飽きない演奏はいつ聴いてもいいものですね。

 

Wolfgang Amadeus Mozart/The Piano Sonatas/Robert Levin(Forte P)(ECM New Series 2710-16)(輸入盤) - Recorded February 2017 and February 2018. - [CD1] 1. Sonata Movement In C Minor K.42 2-4. Piano Sonata No.1 In C Major K.279 5-7. Piano SonataNo.2 In F Major K.280 8-10. Piano Sonata No.3 In B-flat Minor K.281 [CD2] 1-3 Piano Sonata No.4 In E-flat Major K.282 4-6. Piano Sonata No.5 In G Major K.283 7-9. Piano Sonata No.6 In D Major K.284 [CD3] 1-3 Piano Sonata No.7 In C Major K.309 4-6. Piano Sonata No.8 In D Major K.311 7-9. Piano Sonata No.9 In A Minor K.310 [CD4] 1. Sonata Movement In B-flat Major K.400 2-4. Piano Sonata No.10 In C Major K.330 5-7. Piano Sonata No.11 In A Major K.331 [CD5] 1-3. Piano Sonata No.12 In F Major K.332 5-7. Piano SonataNo.13 In B-flat Major K.333 [CD6] 1. Fantasista In C Minor K.475 2-4. Piano Sonata No.14 In C Minor K.457 5-7. Piano Sonata No.11 In F Major K.533/494 [CD7] 1-3 Piano Sonata No.16 In C Major K.545 4-6. Piano Sonata No.17 In B-flat Major K.570 7-9. Piano Sonata No.18 In D Minor K.576 10. Sonata Movement In G Minor

(22/10/02)モーツァルトは19世紀オーストリアを活動拠点とした作曲家。彼の研究家、演奏家であるロヴァート・レヴィンは、モーツァルト自身が晩年で使用したフォルテピアノを使い、しかも未完だった楽譜も彼の研究を元に完成させて演奏に臨んだという、歴史的にも価値のあるピアノ・ソナタのCD7枚組です。今とピアノの音が違いますけど、彼の作曲、演奏した環境にできるだけ近づけての演奏なので、当時をしのぶことができます。

2022/09/27

Heiner Goebbels/A House Of Call/My Imaginary Notebook

2728今日もECM New Seriesの新譜が届いたので、これを先に。ハイナー・ゲッペルスの現代音楽ですが、ヴォイスというか声も散りばめられていてミステリアスな雰囲気もあります。ただ収録時間も99分(CD2枚組)と長く、現代音楽なため、聴く人を選ぶんではないかなあ、とも思います。こういうアルバムはECMでしか聴けないことが多いため、需要はある程度あるのだと思いますが、やはり主な市場はヨーロッパなのかなあ、とも想像させます。以前、ナレーションで日本語のアルバムがあって、意味が分かってしまうのも少々つらい、と思ったので、知らない言語なら音楽の一部として聴けるなあ、とは感じます。

 

Heiner Goebbels/A House Of Call/My Imaginary Notebook(ECM New Series 2728/29)(輸入盤) - Recorded September 2021. Ensemble Modern Orchestra, Vimbayi Kaziboni(Cond) - 1-3. I. Stein Schere Papier 4-7. II Grain De La Voix 8-11. III Wax And Violence 12-15. When Words Gone

(22/09/25)Heiner Goebbelsは20世紀ドイツ生まれの作曲家、演出家。想像上の声にアンサンブル・モデルンがそれを演奏で表現している、という構図ですが、内容的にはバリバリの現代音楽という感じで、ヴォイスは随所に音楽と融合して散りばめられています。CD2枚組で収録時間は99分と、けっこう長め。タイトルはジェイムス・ジョイスの小説の一節から採用されたと書いてありますが、想像力たくましいドラマチックな現代音楽。

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 Criss Cross1051-1100番 Criss Cross1101-1150番 Criss Cross1151-1200番 Criss Cross1201-1250番 Criss Cross1251-1300番 Criss Cross1301-1350番 Criss Cross1351-1400番 Criss Cross1401-1450番 Criss Crossレーベル ECM1001-1050番 ECM1051-1100番 ECM1101-1150番 ECM1151-1200番 ECM1201-1250番 ECM1251-1300番 ECM1301-1350番 ECM1351-1400番 ECM1401-1450番 ECM1451-1500番 ECM1501-1550番 ECM1551-1601番 ECM1602-1650番 ECM1651-1701番 ECM1702-1750番 ECM1751-1801番 ECM1802-1851番 ECM1852-1900番 ECM1901-1950番 ECM1951-2000番 ECM2001-2050番 ECM2051-2101番 ECM2102-2150番 ECM2151-2200番 ECM2201-2250番 ECM2251-2300番 ECM2301-2349番 ECM2350-2400番 ECM2401-2450番 ECM2451-2499番 ECM2500-2550番 ECM2551-2600番 ECM2601-2650番 ECM2651-2701番 ECM2702-2750番 ECM2751-2800番 ECM3901番-(アナログ) ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) ECM5501番-(音楽DVD)他 ECM5801番-, ECM SP(ジャズと詩) ECMレーベル ECM未分類(雑記含む) Enjaレーベル Hatologyレーベル J-POP JAPOレーベル JMTレーベル Winter&Winterレーベル ウェブログ・ココログ関連 オーディオ クラシック・現代音楽 ジャズ ストリーミング パソコン・インターネット フュージョン・ファンク ライヴ・コンサート レコード ロック・ポップス 上半期・年間ベスト 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 映画音楽・サウンドトラック 書籍・雑誌 楽器 澤野工房 音楽

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト