共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

カテゴリー「オーディオ」の91件の記事

2022/01/21

雑誌「月刊Stereo」2月号の特集は「ECMとオーディオ」

220120stereo 私はあまりオーディオの雑誌は買わない方なのですが、先月「月刊Stereo1月号」で「ベストバイコンポ2021」の特集があったので購入した時に、次号予告(今月19日発売された2月号ですね)が「ECMとオーディオ」という特集だったので、すぐ予約、つい先ほど入手しました。ジャズ雑誌などの音楽系雑誌ならいざ知らず、オーディオ雑誌でECMの特集を組んだというのは初めてだそうです。音がいいという評判だからかな?特集ページ数が50ページ強というのも、なかなか力が入ってますね。

実はこの月刊Stereo誌、取材に関しては過去に縁があって、ネット仲間のオフ会で自作スピーカーや音源を持ち寄って聴く集まりが取材されて過去に記事になったり、長男に直接自作スピーカーの件で取材があって家に来た時に同席したりして、長男は都合3回(私は写真だけで隅の方に1回)、雑誌に掲載されてます。今回は私は純粋な読者として、雑誌を読んでますけど。ネット上のお知り合いが何人か、執筆者になっているようです。

今回の特集、ECMなだけにアルバム数は多い(1,400種以上)レーベルだし、切り口的にはマンフレート・アイヒャーのことや、選者が選んだアルバムとか、他の本と似ている部分も多いです。それでも、オーディオ雑誌を読む人にとってはこれが初めてECMレーベルというものを全体的にとらえる機会の人が多いのではないかなあ、と思うので、これはこれでいいのではないかと。オーディオ誌にしては音楽寄りかなあと思うも、ECMでアルバムを作った日本人ミュージシャンのインタビューとか録音や音に関してスポットを当てたり、ECMに合うスピーカーの記事があったりと、やはりオーディオ雑誌からの視点のある部分も多いので、そっち方面にも興味のある方は、手に取ってみてはいかがかな、と思います。

選盤に関しては、誰もが知っているような有名盤はやはり初期や前期の頃のアルバムが多いので、そちらが多めなのは、ある程度予想されましたが、その中でも新しめのアルバムの紹介もありましたし、今度2月に出るアルバムについても1枚1ページで書かれていたりと、こういう特集を読んでいて、ある部分は耳タコですけど、なかなかそれでも飽きないで読ませてくれます。このブログではジャズファンが多いでしょうけど、内容的にはおススメなので、オーディオ誌だけど読んでみてもいいのでは。今は紹介されたアルバムをストリーミングで聴くこともできて、いい時代になったものです。

2021/12/31

長男の作ったスピーカーを運び込む(FE208-SolとT90A-Super)

211230speaker 211230speaker2 一昨日の夜に長男が8月以前から作っていたスピーカーが完成したとのことで、たまたま年末だし、昨日は気温が冬にしてはけっこう上がる日だったので、突然予定を作り、昨日長男を迎えに行くと同時に、日産エクストレイルでスピーカーを自宅からの往復で片道150キロ、とんぼ返りで運んできました。昨日までだと現地の温度が低くてスタッドレスタイヤでないと厳しいということで、春になってからかなあ、なんてことを思っていました。

スピーカーは独自設計のバックロードホーンで、FE208-SolとT90A-Superというフォステクス製のスピーカーを、以前使っていた小澤さんの大型バックロードホーンのスピーカーの改造型から取り外し、新たに作り直したのですが、背丈ほどあって大きいし(写真左で一番大きいスピーカーです)、スピーカーユニットとネットワークユニット(両方で10キロぐらい)を外しても1本76キロある代物で、エクストレイルにも2人乗車で天井と奥行きギリギリの大きさになってしまいました(写真右)。こんなに重いのが最初から分かっていれば、今日スピーカーを持ってくるのを断念していたかもしれません。帰ってきてさっそく家の中に運搬して再組み立てをして、雑な状態で聴いてますが、前のスピーカーが板厚を薄くしてあって胴鳴りで聴かせていたものが、もっとスピーカーを前面に出しているような音がしてます。ただ、これも今後の調整にかかってくるので何とも言えませんけど。

まあ、一昨日の晩に出来上がりというのを、昨日持ってこれたのでとりあえずは良しとしなければ。何にせよ、半年近い作業、お疲れさまでしたと言いたいですね。でも、これで作業場兼オーディオルームの見た目の圧迫感がますます増しました(笑)。

来年もよろしくお願い申し上げます。

(追記)その後調整していて長男が気になったのが、4つのスピーカーがそれぞれ近すぎるため、使っているスピーカーの振動で、他のスピーカーのコーン紙が振動して低域に付帯音が出てしまうということです。ちょっと解決は難しいかも。でも、嫌いな音が出ているわけではないので、私的にはOKですけど。

2021/06/14

Amazon Music HD(Unlimited)の値下げ

Amazon Music HDが値下げされたそうで、うれしいニュースです。私の場合、ポータブルでもPCでも使ってなくてマランツのオーディオのHEOSを経由してオーディオだけで使っているという、特殊な使い方なので、あまり参考にならないかと思います。利用方法も、出会いを求めていろいろ聴くというよりは、新譜チェックとか、手持ちのCDを出すのが面倒なので、ストリーミングで聴いてしまうなど、目的がはっきりしていました。なので値段についても、月に購入をセレクトするCD1枚分の節約になるのならと、月額1,980円も、まあまあ納得しての利用です。少し前まで、これ以上は下がらないとも思ってましたし。でも、値下げで月980円(圧縮音源のUnlimitedと同額)になるのなら、これ以上のことはありませんね。もともと流しっぱなしではなくて、聴きたいときだけに聴いているので、もったいなかったかな、という感じも少ししていますし。

Amazon Music HDはハイレゾまでカバーしているので、音質的にはけっこう満足しています。よく聴く音楽にハイレゾのもの(Ultra HDですね)がたまたま多いということもありますし。でもポータブル環境の方はWifi以外で聴いていると、データ量が大きく、すぐにパケ死する可能性もあるので、その点見極めてからご利用ください。ただ、どこかで見たのですが、設定で、Wifiの時だけHDにする、ということも設定できるような場所がありました。その写真をネットで見たときに保存しておけばよかったかな。

値下げ分で、もう1社くらいストリーミングを選びたいなあと思っていますけど、今年後半にSpotify Hi-fiが出てきたら、考えようかと思ってます。まあ、これはその時になってみないと分からないですが。Apple Musicもハイレゾ配信をはじめたし、音楽を何で聴くか、の勢力図がこれから変わっていきそうですね。

(追記21年12月11日)今はAmazon Music HDの名称がAmazon Music Unlimitedに変わっているようですね。

2021/05/15

オーディオの部屋の状況

210515audio オーディオを置いてある部屋の写真って、全体(と言っても写しきれませんが)をブログにあげたことがない(と思う)ので、今回ちょっと上げてみます。実は長男がオーディオに興味を持ち始めたのが6-7年前。その頃は学生だったので、バイト程度の給料ではなかなか買いたいものも変えなかったようですけど、一昨年に就職してから、増殖のスピードが速まりました。彼が今住んでいるところは大きい音が出せないということもあります。私もいくつか買ってますしね。オーディオは本来置く場所は美しくあるべきなんでしょうけど、私の作業部屋で書類があふれてますし、自作品も多く、まあ、そこのところは勘弁してくださいということで。

音に関しては私はとんと関知してませんけど、長男が数週間に1度帰省して来て、週末に音の調整をしていってくれます。彼はケーブルやはんだを変えたりすると音の違いが分かる方なので、けっこう耳はいいんじゃないかなあ、と思います。音楽も、高校時代は軽音楽部でエレキベースを弾いてましたので、ある程度は分かっているとは思います。

本当はあまりきれいではない部屋を写真アップするのはどうかなあ、とも思いますが、なんせこのところ発売日の都合でCDが届いていない。こういう環境で聴いてます、というところをお見せしたかったのです。ベストポジションでソファーに座りながら、ということも全然ないですけど。系統が多いので、セレクタースイッチをかませて、いろいろな音を聴けるようにしてはあります。

2021/05/08

2年以上ぶり2回目の空気録音をしていただきました

ゴールデンウィーク中に、YouTubeでの空気録音では有名な「sakutaro 1969」さんがお見えで、実は長男のお客さんで私は不在だったのですが、2年以上ぶり2回目の空気録音をしていただきました。我が家のオーディオには、長男のものや共同出資の共同所有のものもありますが、その中で私の持ち物のOnkyo Scepter 1001の録音をしてくださったので、それをリンクします。ちょっと傷だらけの古いスピーカーですが、ウーファーを外してエッジ交換に出したりしたものですから。当日、私が不在だったので何本分録ったのかは分かりませんが、今現在は2本分だけ出ています。

空気録音とは、原音を直接取り込むのではなく、アンプやスピーカーを通してその音を録ることなんですが、それを取り上げる媒体とか、曲などに気をつけないと、削除やアカウントの凍結などになったりするので要注意です。まあ、その場で聴く方がその音を聴けますが、雰囲気は感じていただけるんではないかと。

 

2021/05/06

ヤマハAVアンプ RX-A3080単体でもAmazon Music HD(Unlimited)が聴ける

210506amazon 実は昨日気が付いたのですが、ヤマハのAVアンプRX-A3080単体で、Amazon Music HDが聴けることが分かりました(HDには今年2月のファームウェアヴァージョンアップで対応。1080、2080と同じファームウェア。)。Amazon Music自体は’19年11月から対応してました。それまではマランツのネットワークプレイヤーNA6006からDACとしてSACDプレイヤーのSA-12を経由して使っていたため、ちょっと機材の立ち上げとか操作が面倒だったというところがありましたし。

210518yamahahd またスマホでマランツではアプリのHEOSを使っていたのですが、ヤマハの方はMusic Castを使います。使い勝手としてはMusic Castの方がだいぶ感覚的で良い感じです。ただ、音楽の表示としてHDは出ますけど、HEOSのようにUltra HD表示が出ないため、ハイレゾ規格に対応しているのかどうかが現在のところ不明です。((5月16日追記)ちゃんとハイレゾのものはハイレゾ再生をしていることが確認されました。)まあ、それでもCD規格の音楽が聴けてるのは確実ですし、アンプ単体だけの機能で音が出せるのは、便利ではありますね。考えてみれは前に持っていたAVアンプDSP-AX2700でもアナログでしたがラジオが聴けましたし。新しい方にもネットでラジオが聴ける機能はあるし、NASにアクセスもできるので、非常に便利ではあります。

私が今まで機能をそんなに見てなかったのか、それともあまり周知されていない機能だったのかは分かりませんけど、これからはストリーミングの利用時間が増えそうな感じではあります。まあ、ライセンスの関係と、どっちみち私ひとり(長男が家に帰ってきてるときは長男も含めてですが)で、2つのシステムで同時に複数の曲を聴くというのはないので、これでも十分かなあと思います。

(追記)後継機種のヤマハAVアンプにも、この機能、ついているようですね。ぜひ有効活用してみてください。

2021/02/27

再びオーディオで聴いた音の話(静かなアルバムから語りかけるもの)

実は、ある程度のオーディオがあれば、音的には耳補正も効くし、アルバムコメントを書くのにも、影響は全然ないとつい最近まで考えていたんですね。音質等音の中身にまで言及しなければ。私のアルバムコメントの長さでは、音質が変わったところで書くスペースがなくてあまり意味はないですし。ただ、ここ数年、長男がオーディオの趣味を持っていて、学生時代から家を出た後も時々来ては調整しています。必然的に私の聴けるオーディオ環境の選択肢も増えたし、音自体も良くなってます。

最近ではAmazon Music HDで近年のECMに関してハイレゾ再生を直接オーディオで聴けることもあるし、ある日割と大音量で静かな曲をかけていたんです。そうしたら、音の情報量というか、質というか、そういうものが格段と上がった感じで。普通にジャズをかけていると、音数が多く賑やかな曲もあるので、音量を大きくしてもあまり印象に変化はないのですが、ECMのように静かな場面が多いジャズで、何気なく打ち出すドラムスのドゥンという単発の音が、かなり低い音域まで抱合されていて、それだけで心に響いてきます。けっこうな低音域ですがスピーカーが、特にサブウーファーがなくてもスーパースワンでも出てます。ドラムスに限らずなんですが、音の情報量がかなり繊細なところまで耳に入ってくるんですね。スペースが広いと、その分楽しむことができますし。なるほどこれがECMのある種の魅力なのか、とも思いました。ツイッターで音質に関しても含めて発信されている方もいるので、参考にもなりますし。私のアルバムコメント上には出てこないけれど、そういう聴き方があったか、とここ数日は、そのような静かなアルバムを多くかけて、心地よさを味わっています。

前にも書いたように、ジャズに関するブロガーで高級オーディオを持っている人の割合ってそんなに多くないですし、ポータブルで電車の中で聴いていても、書ける人は書けるんです。でも自分で楽しむのなら、しばらく次の新譜が出るまで間があるので、新しい聴き方で楽しんでしまおう、と思いました。オーディオファンの中にはジャンル問わず音の良いアルバムだけを集めている、という方もいるようですけれど、何となく分かるような気がしてます。ECMの新しい魅力に気が付いたのは「Streams/Jakob Bro」(ECM 2499)で、トーマス・モーガンとジョーイ・バロンのトリオのアルバムでした。まあ、このあたりエンジニアや演奏者にもよるので、印象の濃淡はありますけど、今まで地味なアルバムの印象が、何度も聴きたくなるアルバムに変わることもあります。しばらく続けたくなる魔力です。

でも、どうしてもドラムスに多く耳が行ってしまうのは、自分自身、28歳ぐらいまでとここ5-6年間、アマチュアとしてエレキベースを弾いていたことと関係あるのかもしれないです。

2021/02/11

ヤマハAVアンプ RX-A3080 で7.2.4ch再生を目指す

201220amp_20210211115301 210113cable_20210211115301 210116speaker_20210211115301 昨年9月にヤマハのAVアンプRX-A3080を購入して、その時は7.1.2ch再生はできていました。これは前のAVアンプDSP-AX2700と同じ使い方だったんですよね。私はそれで満足でしたけど、長男はRX-A3080で、最大限音を引き出してみたかった様子。それで、リア・プレゼンス・スピーカーを12月までに自作、またTEACのパワーアンプAP-505-Bを不足する2チャンネル分に(フロントスピーカー用として)加えてみたのでした。そうしたら、今年1月にたまたまフォステクスのサブウーファーCW250Aがオークションに出ていて、2台目買っちゃおうか、と長男が見事落札してしまいました。同じ機種の2台目の所有になります。ちなみにアンプ2台は2人で折半して購入しました。

さて、いよいよ7.2.4chというところにチャレンジ。とは言うものの、2台目のサブウーファーを左側に設置(右側はすでにある)し、調整をするだけで使えるようにはなりました。それと1月に届いた、アンプ同士をつなげるバランスケーブル、これもつけなければなりませんでした。まあ、残りの作業はそんなに時間のかかるものではありません。それを今日の夕方にやったというわけ。

AVアンプ1台購入すると、だんだんあとから欲しいものが出てきて、結果、こんなになってきてしまいましたが、テストは良好でした。特に映画のモードはなかなか迫力がありますね。私が音楽を聴く方だけで使っている分には2台のサブウーファーは必要ないので、今年に入ってからのそのままの使い方で大丈夫です。バランスケーブルに取り換えたけど、これは長男は、中域が広がって低音が出るようになったということで、そのままバランスケーブルのままで行きます。(ここまでも今まで書いてきたことのまとめのようになります。)

とりあえず私の方はこれで一段落ですけど、長男は自作スピーカーを作り変えたいと言っているので、まあ、それが彼の趣味なんだから、ずっと続くのではと予想させます。早くお金を貯めて、防音室付きの自分の家を建ててほしいと思います。その時は我が家からごっそりとオーディオを持って行くんだろうなあ、と思いますけど。

2021/02/05

フォステクスのサブウーファーCW250A(1台目の方)修理から戻ってくる

210205speaker 先日、長男がフォステクスのサブウーファーCW250Aの2台目の方を落札して家に届いたことを書きました。そのスピーカーの動作チェックをすると間もなく、その届いた箱に入れて以前に新品で購入した1台目の方のCW250Aを修理に出しました。とは言うものの、彼は1月上旬以降帰ってきていないので2台目が届いてチェックして、また1台目の方を梱包して修理に出すのは私の役目。メーカーへのコンタクトやら資金調達は長男の役目(またいくらか出してくれ、と言ってくるかは分からないけど)、と、ネットでの通信が楽になっている時代だからできるんですよね、こういうこと。

修理に出した原因は、音が出ないことがあるとのことでしたけど、メーカーに送ったら現象が再現せず、というよくあるパターンになってしまったようで、音が出なくなった原因となりそうなヴォリュームとか回路とか(アクティヴスピーカーなので)を予防交換の依頼をした、と言っていました。それが今日届いたというわけ。送った箱で届きましたが、さすがメーカー、梱包の仕方はオークションで送ってきたところよりしっかりしていました。今日は比較的忙しいので、昼休みの時間を使って、前回やったように、サブウーファー端子につないで音出し、スピーカーケーブルをスピーカー端子につないで音出しをして問題ないことを確認。後の細かい設置や調整は、いつになるか分からないけど長男が帰ってきたらやってもらうことになります。私自身はジャズやフュージョン系の音楽を聴くときは、サブウーファーは使ってないですし。

しかし、小さいサブウーファー2台なら分かるけど、大きいサブウーファー2台だと、必要以上に音を大きくすると家が揺れるな。ただ、やたら出すものではなくて、両側においてバランス良く鳴らせば、以前は気になっていたという低音の定位が(右端に置いていたため)中央にきれいに収まるとのことで、どうなっていくのか楽しみです。低音には定位がないというけど、気になる人もいるということで。だんだんここもジャズのブログではなくてオーディオのブログになってきたりして。ネタがいくらでも出てきそうです。ただ私が少し難聴気味なので、細かい音の変化までは長男がいないと表現できないということはありますけれども。

(追記2月23日)結局、長男がオクで落とした方のサブウーファー(2台目)も修理に出して完了。前回3週間かかったのに、今回はほぼ1週間。送る時、ヤマトではスピーカーに対する念押しがすごい。なのでメーカーが送り返すときは佐川を使う。ボリュームにガリが出ていた(その他)とのことですが、確かに滑らかになって戻ってきました。オクで中古品を買う時はある程度目利きがないと、ベストの状態で聴けないということも。

2021/01/17

長男が落札したサブウーファー、フォステクスCW250A(我が家で2台目)

210116speaker 昨日の夜、長男がヤフオクで落札したフォステクスのサブウーファー、CW250Aが届きました。今週は帰ってないので、何回かのLINE通話のやり取りで基本動作で異常がないか私がチェック、とりあえずはOKのようでした。実はこのウーファー、我が家では2台目で、右端に1台では低音だけど音が偏って聴こえるとのことで、今回入札をかけてました。実はこのAのあとにB、そしてD(現行)とモデルチェンジをしていて、やはり入札するなら同じ型式がいいとのことで、たまたまタイミングよく出たのでした。キズなど、使用感がある程度あるので、値段も思っていたよりは安く落札できたんだとは思います。とは言うものの、そんなに安くもなかったですが。

当然のことながら、ステレオセットの両側しか置くところがなく(片方はこの正月、彼が大掃除をしてスペースを作っていた)、ゆくゆくはそこに置く予定ですが、最初に買った方のサブウーファーのスイッチのところ(かな?)が調子悪いらしく、修理に出すために後日送るとのことで、届いた今日の時点では縦に2段置きにしてあります。2つだと大音響になってしまうのでは、という心配もあったのですが、全体のバランスをとるために、2台で1台分の音を出すようになるから大丈夫とのことでした。

我が家もそんなに強固な防音の部屋になっているわけではなく、音を大きくすると外にもれて近所迷惑になってしまうので、夜は控えめに、昼もなるべく気を使いながら聴け、ということにしてあります。それでも少しはもれるときもありますが。まあ、多少なりとも防音が効いている部屋というのは昔新築の時に作っておいて正解でしたけど。低音の方がもれやすいんですよね。当時としては、こんなにステレオ製品が長男の自作品も含めて、増えるとは思っていなかったでした。まあ、これも長男が外に家を建てるまでかな。その時はたぶんごっそり持って行くと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 Criss Cross1051-1100番 Criss Cross1101-1150番 Criss Cross1151-1200番 Criss Cross1201-1250番 Criss Cross1251-1300番 Criss Cross1301-1350番 Criss Cross1351-1400番 Criss Cross1401-1450番 Criss Crossレーベル ECM1001-1050番 ECM1051-1100番 ECM1101-1150番 ECM1151-1200番 ECM1201-1250番 ECM1251-1300番 ECM1301-1350番 ECM1351-1400番 ECM1401-1450番 ECM1451-1500番 ECM1501-1550番 ECM1551-1601番 ECM1602-1650番 ECM1651-1701番 ECM1702-1750番 ECM1751-1801番 ECM1802-1851番 ECM1852-1900番 ECM1901-1950番 ECM1951-2000番 ECM2001-2050番 ECM2051-2101番 ECM2102-2150番 ECM2151-2200番 ECM2201-2250番 ECM2251-2300番 ECM2301-2349番 ECM2350-2400番 ECM2401-2450番 ECM2451-2499番 ECM2500-2550番 ECM2551-2600番 ECM2601-2650番 ECM2651-2701番 ECM2702-2750番 ECM2751-2800番 ECM3901番-(アナログ) ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) ECM5501番-(音楽DVD)他 ECM5801番-, ECM SP(ジャズと詩) ECMレーベル ECM未分類(雑記含む) Enjaレーベル Hatologyレーベル J-POP JAPOレーベル JMTレーベル Winter&Winterレーベル ウェブログ・ココログ関連 オーディオ クラシック・現代音楽 ジャズ ストリーミング パソコン・インターネット フュージョン・ファンク ライヴ・コンサート レコード ロック・ポップス 上半期・年間ベスト 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 映画音楽・ナレーション 書籍・雑誌 楽器 澤野工房 音楽

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト