共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の570件の記事

2021/12/08

ミクシィ(Mixi)を退会しました

ミクシィを昨夜退会しました。もう’05年2月からの登録で、番号も40万ちょっとだったので、今からすれば登録は早い方でした。そしてミクシィの会員が数千万人になって、その中の動きが活発だった全盛期も体験しています。10年ほど前に衰退して来て、自分も退会を決めていたのは5年くらい前になります。

けっこう首を突っ込んでいて、コミュニティを作ったり、引き継いで管理人や副管理人になっていたものもいくつかありました。でもだんだんFacebookやツイッターなどに軸足を移行する人が増えてきて、今ではやり取りしていた人もほとんどなく(しいて言えば1人)、コミュニティとしては自分の周りでは終わっていました。管理人などもおりて、自分の作ったコミュニティも3年ほど前に削除してあります。ただ、日記の部分が、CDの購入履歴を書くには適していたので、それを使っていただけ、っていう感じでしたかね。

Facebookの方も、以前活発に書き込みをしていた人が書かなくなってきたりして、衰退の兆候は見られますけど、それでも少しは活発には動いています。ミクシィ、今ではSNSがメインではなくなって、ゲームの方でだいぶ利益を上げているらしいです。ここで去るのも少々残念かな、とも思いますが、CDの購入履歴を書くだけならほかのSNSでもできますし。まあ、退会の決断を先送りしていただけだったので。少し身の周りを整理しておかないと、と思いましたし。

少しやり取りのあった1人には連絡しておこうと思って携帯のメアドにメッセージを入れたのですが、メアドを変更してしまったのか、連絡がつきませんでした。ここを見ていてくれればいいのですが。(8日追記)今朝連絡がついて、ホッとしています。

2021/12/06

「mora qualitas」が来年(’22年)3月にサービス終了

ソニー系の「mora qualitas」がサービス終了へ。来年3月とのことですが、ストリーミングって、このようにサービスがいきなり終わるからこわいですね。ここはダウンロードもありましたね。けっこう真剣に物(CD)を処分してストリーミングへの移行を考えていた時期があったんですけど、結局物で持っていた方が強いということなのかな。Amazon Music HDやiTunesなど、ハイレゾを扱うライバルが月額980円を打ち出しているのに、2千円以上の価格も厳しかったかな。コンテンツもライバルに比べて少ないそうだし。まあ、私が使っているサービスではなかったので、もうしばらくいろいろ考えてみることにします。

私の場合、最初にAmazon Music HDというサービスができることを知って、それを前提に対応するネットワークプレイヤー(マランツ NA-6006)を購入した、といういきさつがあって、仮にAmazonがこのHDサービスをやめるということがあったとすれば、かなりの痛手になります。AVアンプのRX-A3080も単体で、今年2月からAmazon Music HDに、ファームウェアのヴァージョンアップで対応できるようになっているので、そちらの方でも便利ではあります。まあ、Amazonのことだから、撤退はあり得ないとは思いますが。日本のサービスではe-onkyoが外資に買収されてしまったりと、いろいろあったようですけど。

特にハイレゾではなくても、元々の音が良ければCD規格でもけっこういい音で聴けるので、ちょっと前にSpotify Hi-Fiの計画があることが記事になってましたが、具体的にいつ始まるのかが分かれば、2つ契約してもいいかなあ、とは思っています。これはオーディオのハード面での都合でもありますけど。まあ、突然アルバムが増えたり、無くなったりもあるので、ストリーミングだけに頼るのはまだ早いかなあ、とも思いますが。

2021/12/02

1年間のCD購入枚数/ECM本編が全部聴けるかも

ここ数年毎年CDの購入枚数を数えていますが、やはり年々少なくなっていきますね。特に昨年あたりからはコロナ禍の影響もありますし。あとは一昨年からストリーミングも聴けるようになっていて、その影響もあるかもしれません。

昨年12月から5月の半年間にかけてのCD購入枚数。
 国内盤15枚
 輸入盤8枚
 ECM輸入盤11枚
 中古輸入盤1枚で、計35枚。

そして、6月から11月の半年間での購入予想枚数。
 国内盤8枚
 輸入盤14枚
 ECM輸入盤15枚の計37枚。

合計して72枚と、今年も少なかったです。

中古LPは年間で14枚買ったかな?あまり出ないものなので、だいたい少々高めだった。ECM(JAPO)10枚とチック・コリアのデルファイ3枚、あと国内盤中古(井筒香奈江のダイレクトカッティング盤)が1枚。LPはやはり昨年から聴けるようになってますが、取り扱いが面倒なので、一段落したら購入はほとんどしなくなるかもです。

 

さて、そのLPの購入は、ECM(JAPO)レーベルで、CDにもなっていなくて、ストリーミングにも入ってないものを中心に集めました。現在の段階では、あと聴けてないのはECMでは1268が1枚だけとなり、JAPOでは、60023と60030の2、4曲目だけになりました。実質残り3枚ですね。未CD化でストリーミングで聴けたものについては予算の関係であえてLPでは購入していません。その残り2枚については中古盤を思い切って海外に発注をかけている最中で、うまくすれば年内にはECM本編は全部聴けた、ということになるかもしれません。ECM(JAPO)合わせて未CD化作品43枚のストリーミング化が’19年に実現しなければ、それまでは全部聴けることは予想してませんでしたから。まあ、ラッキーと言えばラッキーですね。実は海外のサイトで直接注文したのは過去に1-2回ECMと直取引しただけで、あとはAmazon JPのマーケットプレイスしか経験がなく、多少手数料がかかってもやむを得ないので、セカイモンという代行業者に今回は頼みました。まあ、今回のECMの件が終われば、ほとんど海外に頼ることは無くなるとは思いますけど。ECMのCDでも最後にどうしても国内で集まらないのがあって、過去に知り合いのCDショップに輸入代行を頼んだことはありました。

2021/11/18

車のこととかこれからとか

車は割と長く乗る方で、学生時代の父親の代の車から始まって、カローラ、スカイライン2台、ステージア2台、エクストレイルの計6台で還暦の今まで来てしまいました。平均8-9年ぐらい? さて、エクストレイルも7年車検をこの夏通してしまったし、次の車は、すぐにではないけどどうしようかと考えています。まだ軽自動車にするには高速を走る比率も高めで早いかなと思うし、肝心のエクストレイルも8年ぐらいたってもフルモデルチェンジ、してないんですよね。さすがにマイナーチェンジだけでは買い替える気持ちはないのと、購入時に比べて微妙に値段が上がっているような気がする。そうすると、フルチェンジをしても、買うかどうか。家族が扱うには少々大きさが大きいということもあります。

そこで候補に挙がっているのがキックス、ノート、オーラあたり。日産派ではありますが。大きさが小さくなって取り回しは良くなる気がするし、これなら家族でも割と気軽に運転できるんじゃないかな。ただ、オプションをつけたりすると、7年前にエクストレイルを買ったときとあまり変わらない価格になってしまいます。シリーズハイブリッドの電気自動車なので燃費も良くなるけど、搭載しているリチウムイオンバッテリーの寿命が来たときにいくらかかるのかも心配。エクストレイルはガソリン車ですけど、アイドリングストップになっていて、その3年に一度のバッテリー交換が、アイドリングストップ用ということで値段が高くなってます。あまり距離を乗ってないだけに(7年で2万キロ弱)、燃費がいい分の元が取れているのか、気になるところ。エクストレイルを買ったときは、母親の車いすを乗せて走れるように、との思いでしたが、母親の亡くなった日と車両登録日が偶然一致してしまいました。今でも長男の自作スピーカーなど、たまに運ぶこともあるし、これ以上小さくなるとちょっと悩みどころでもあります。

以前CDプレイヤーを購入した時に、いらなくなった本とか楽器とかを売って、それで大半をカバーしましたけど、もう売れるものは大量のCDしかないです。CD全盛期だったら、かなりの割合をカバーできる買取価格がついたけど、今はCD価格も暴落してるし、値段がつかなかったら、老後の楽しみをただ捨ててしまうようなものですしね。でも、持っていても残りの人生では聴ききれないのも悩みどころ。まあ、ストリーミングは入れてありますけれども、それでも万全ではないですね。最近時々発作的にCDを処分したい、と言っているのは、このような状況からです。まあ、普通にお金を出して買えばいいじゃないかと皆さんは思うけど、それでは面白くないというのもあります。営業の人からは時々押されてつい買いたいと思うのですが、冷静に考えてみると、車の下取り価格は今後下がっていくとはいえ、特に現状不満はないし、急ぐ必要がないのかな、とも思います。車の寿命が長くなっているので、無理することはないか。買い替えるのがいちばん高くつきます。もう少し考えてみたいところ。ガソリン車なら13年くらいは乗れそうな気もしてます。

2021/11/03

共同ブログ「CDショップ(+α)のおススメCD日記」の終了

ブログ前夜の’03年9月から続いていた、共同ブログ「CDショップ(+α)のおススメCD日記」が、昨日、共同で書いていたbb白岩さん(appleJam)の申し出があって、終了することとしました。実はbb白岩さんの目の不調で、今年は休止ということで更新はしていませんでした。今回、その目の不調が進んでしまったとのことで、継続が難しいと判断されたようです。最初はニフティの掲示板のようなもの(notebook)ではじめていたのですが、その後ブログができて、そちらに移行しました。

更新ペースは遅かった(月2-4回)ですが、それでも長く続いていたので、記事数は636件ありました。それぞれにその月に良かったものを取り上げて、時にはクロスレビューのようなこともやりました。私はジャズ/フュージョンが中心(私の方はメインブログとほぼダブる記事でしたけど)で、白岩さんがブルース関係が多かったですね。よく長く続いたものだと思いますが、更新間隔を開けて、無理しないようにやってきたからかなあと思います。

Gooブログは無料スペースを利用していることもあり、このままにしておいて、Gooブログが廃止になるまでは見ることができるようにしておきます。まあ、書き込みが2か月間途絶えると、トップに広告が表示されてしまいますが、それはそれとして。前回更新したのは昨年でしたが、私のデスクトップパソコンからはログインできず、サブのノートパソコンからしばらく更新してました。今日はそれが直っていて、メインのパソコンで更新ができましたが、それが最後の更新となります。

 

 

 

2021/10/11

ホームページにあってブログにないアルバムの探し出し

以前、ブログにホームページのアルバムを全部移して、ホームページは廃止を考えていた時期がありました。その時はホームページのアルバムコメントの手直し作業の途中だったので、そんな余裕は全然なかったのですけど、それも昨年の7月に終了。そして今年の7月ぐらいから、その移行作業を再び始めました。

アルバムコメントの直しの作業は、何から最初にやっていったかというと、まずM-BASE関係のミュージシャンの半分くらいを’99年のうちにやってしまったかと思います。なので、これらを先に手をつければいいんですけど、読者にとって面白いかどうか、という点では、今になってまとめて紹介するのもどうかなあと思い、他のミュージシャンのセレクトもしてみました。例えばビル・フリゼールあたりが面白いのでは、と思ったのですが、実際にアルバムコメントを直す作業は’12年頃に行ってます。そうすると、ブログ開始前(’04年5月以前)でかつ、ホームページのアルバムコメントの直しをはじめた’99年以降のアルバムしか未掲載のものがなくなっているんですよね。当初リーダー作が17枚あると思って調べた結果、ブログ未掲載のものは6枚という結果になりました。このあたりなかなか難しいですね。

結局、全部移行するということは、1枚1枚ブログ検索をかけていって、重複がないか調べる作業が膨大になってしまいますし、20年くらい前のアルバムをまとめて今紹介しても、あまり面白くないかもしれない、と思っています。まあ、全部は無理にしても、やれるところまではやってみたいとは考えていますけど。これも前に書いてますが、’99年以降のCDはCDラックにランダムに突っ込んだものが多いので、探せずにストリーミングで聴いてアップすることも増えてきました。探すのが手間取るのといちおう1枚1枚聴き直しながらのアップですので、これからはほぼ毎日更新は難しくなる可能性があるので、その点はご了承ください。

もともとアルバムコメントの直しの作業が終わったら、ゆっくりする宣言はしてるのですが、もう今まで何回同様の宣言をしたのかは、覚えてないくらい書いていますね。気長にお待ちいただければ、と思います。

2021/09/30

ジャズのホームページが24周年

’97年の9月30日から始めたジャズのホームページが、今日で24周年になりました。時の経つのははやいものです。仕事方面の私を担当する取引先の人も、私の次男より若い人が来たりして、そう言えば自分ももう還暦になったんだなあ、とも思いました。長年やっていると、その都度知り合いのホームページやブログの友人が、徐々に入れ替わってくるのが分かります。突然音沙汰が無くなる人もいて、まあ、これは具体的にご本人とお会いしてない人が多いので、やむを得ないことかなと思います。私もいずれ、そういう時が来るだろうな、と思いながら、日々更新をしています。また、以前このホームページを読んでくださった方々が、’70年代以降のジャズを好きになったり、一部ではプロの物書きになって活躍されているのをうれしく思います。

基本的には、ホームページの方で文章を作って、それをコピペでブログに移し、前文を書くという作業をしているので、両方とも、まだ動きはあります。ただ、ホームページの方はアクセス解析もだいぶ前に取り払っていて、トップページのカウンターがあてにならないので、今現在トータルでどのくらいのページビューがあるのかは分かりません。それでも昨年中にアルバムコメントの修正作業は終えているので、だいぶ気が楽になりました。今は、ホームページ初期から、ブログがはじまる’04年5月30日の間に書かれたコメントのうち、まだブログにあげてないアルバムを、移す作業をしています。これが、どこをどう変更したという古い記録がほとんどないので、該当アルバムをリストアップするのがなかなか大変です。でも探せれば、コメントを昔のまま掲載することが多いので、負担は減りますけど。

まだ元気ではありますので、何とか来年の25周年までは、そのままのペースで出来ればな、と思います。コロナ禍でもあり、自分の興味の対象も昔に比べ狭くなってきているので、新譜の購入枚数は以前よりも減ってはいますが。ストリーミングで聴いて終わりにするアルバムもありますが、追いかけているミュージシャンはできるだけCDで持っていたいです。なので、やっていることは基本的にはあまり変わらないんじゃないかとは思います。これからもよろしくお願いします。

2021/09/06

尋常性白斑

210802hand 尋常性白斑とは肌の一部の色素が抜けて、肌がまだら模様になることなんだけど、私、それになってます。以前から小さいのはありましたが、手やのどのあたりに急に広がってきたのを確認できたのは4年前の夏あたり。背中や足にもあるけど、肌が露出しているところで目立つのはやはり手とのどの部分。あと顔の部分がこれから広がっていくのかどうか、気になるところ。最近のことなので、老人性との説も。ただ色素が抜け落ちるだけで、人には移らないんだけど、見た目にまだらでやはりある程度気持ち悪いらしく、仕事が定期的に決まったお客さんと会うことがほとんどなので、一度説明だけしておけば大丈夫なので、その点、助かってます。ただ、薬とかの有効な治療方法はほぼないらしいです。

自分はもう歳だし既婚者だし男だしで、気にしなければそんなに気にすることはないのです。今コロナ禍の時代で、友人その他人と会う機会も激減しているし、そういう意味では、気楽な時期とも言えますね。ただ、今後同窓会などの集まりには行きにくくなってしまったかな(コロナが収まって復活するとすれば)、とは考えています。冬はいいんだけど、夏は日焼けもするし(写真は夏のもの)、まだらがけっこう目立ってしまって、単に色素が抜け落ちているだけとはいえ、少し辛いかな、というのはあります。

以前、ネットで若い女性の人が手が尋常性白斑で、場所の移動で電車のつり革を横に移ったら、隣に立っていたおばさんにキッとにらまれて、そのつり革を思いっきり除菌シートで拭かれた、なんて話を目にして、かわいそうだなと思いました。色素が抜け落ちているだけで、病気ではないと言えばないとも言えるし。ただ、自分自身もそうだけど、起きている間中、そのまだらの手を見ているのも、もう慣れたけど、最初広がり始めたときは憂鬱でした。何てことないんだよ、という気持ちをこめて、少しでも尋常性白斑について理解していただけたらなあ、と、書いてみました。

2021/09/04

還暦になってしまいました

210904birth ジャズのホームページをはじめたのが、’97年9月30日で私が36歳の時。仕事も独立してからそんなに間がなかったので、仕事と他の趣味と家庭と、そしてホームページと、ずっとこんな感じでやってきたために、時間が経ったという感覚はないのですね。そうこうしているうちに還暦(60歳)をむかえることになってしまいました。ホームページ時代から考えると、約24年経ってます。もうそんなになるのか、と時間の過ぎる速さに驚いています。まあ、今まである程度稼げる引きこもりを実践してきたというか(笑)。そして、今までの24年分を、これから費やすことができないのも分かってます。そうしたら84歳ですもんね。

まず、耳の衰えがやってくるのと、気力がそこまで持たないんじゃないか、ということで、長くても70歳までかなあ、なんてことを考えてます。これからは生きていればめっけものという感じもしてますし。今月で国民年金や国民年金基金、一部生命保険も支払いが終わります。5年後の65歳からは、少ないけどもらう方にまわります。ホームページやブログはなるべく方針を変更しないで続けてきたので、もうこれ以上の根本的な直しもできないと思っていて、あとは今の時代を生きている人たちに交代かな、と思っています。今までのことで多少は役に立ったかもしれませんけど、それも狭い趣味の範囲で限定的ですし、文章も私的感覚の強いものです。それとホームページ初期時代からの数少ない実名派でもあります。

今はいろいろ自分の好きなものを聴いて、気ままに更新出来たらそれ以上の幸せはないかな、と思ってます。手持ちのCDもそこそこありますし、ストリーミングでもいろいろ聴けるので、昔よりは便利になって、楽しいですね。そういうことで、まだまだやりますが、どこまでできるかな、と思います。本当だったらホームページの内容を全部ブログに移してみたいのですが、それもブログ内での重複を避けながら掲載するのはなかなか面倒ではあります。

還暦になってもアニメの「エヴァンゲリオン」とか「ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン」とか観てます(大人でもマンガやアニメを見る最初の方の世代?)。つい最近、久しぶりに復活しました。ただ、なんでもかんでもアニメに共感できるかというと、それには歳をとりすぎました。アニメなどのようにそこまで感動を人に与えられることはなく、ジャズの話も居酒屋の与太話にはなってますが。まあ、気楽にこれからもお付き合いいただけたら幸いです。最後に、長年自由に趣味をやらせてくれた家族には感謝です。

(追記)さて、今日の朝一番の音楽はジャズではなくて、「Ivory I & Ivory II/今井美樹」(リマスター後の方)から。これで、ヴォーカルはもちろん、バックバンドが心地よく都会的に鳴ってくれているか、でチェックしてます。この時期の彼女の曲はフュージョン的な感じなので。ある程度音の出せる部屋があって、良かったです。

2021/08/20

ブログの中でアルバムコメントがどれだけあるか

このブログをはじめたのが’04年5月30日のことで、それ以前に’97年9月30日にジャズのホームページをはじめています。実際にブログの中にアルバムコメントは現在どれぐらいあるのか、気になってました。ひとつひとつ数えていけばいいのでしょうが、これだけあると途中で数え間違えることもあり、概算でどれだけありそうか、見てみることにしました。

今日現在で記事数は5,449個。ただ、その中にはオーディオとか車、日常のことなどについて書いていたりして、正確なところは分かりません。そこでカテゴリーごとに拾い出してみました。そうすると、ジャズが3,602個、フュージョンが683個、クラシック/現代音楽が463個、ロック・ポップスが149個で、合計4,897個になります(音楽のジャンルでは4,907枚)。ただ、これも問題があって、カテゴリーを2つ以上1つのブログで取り上げたり、これらのジャンルでもアルバムコメントをしていなくて、雑文を書いていたりしているので、だいたいこれらの95%ぐらいになるでしょうか。おおよそで4,500から4,600ぐらいと考えていいでしょう。まあ、多い方ではありますが、世間では他ジャンルの音楽ブログまで含めて考えてみると1万越えとかもあるようなので、そんなに多くないとも言えます。うちECMレーベルが1,498個、Criss Crossレーベルが406枚と、このあたりの割合が多いようです。これらは残りの人生でやり直しのきかない質より量のコメントだったと言えます。

今、ホームページには掲載してあるんだけどブログには掲載されていないCDを探してアップする作業もやっていますが、はっきり覚えているのが昨日終わったボブ・ジェームスのリーダー作の一部のみで、あとは何をやったっけなあ、という状態です。これまたプリントアウトしてでも探せばあるのだけど、膨大に紙を使う作業なので、まあ、半分記憶を頼りに、ということになります。ホームページをはじめてから何度か割と多い枚数のCDを処分もしているので、処分済みのCDもどうするか考えないと。ホームページを直した履歴も以前のものは消してしまっていて’11年のものからしか残ってないので、さて、どうしようかなと。まあ、あとはゆっくりとやることにしますかね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 Criss Cross1051-1100番 Criss Cross1101-1150番 Criss Cross1151-1200番 Criss Cross1201-1250番 Criss Cross1251-1300番 Criss Cross1301-1350番 Criss Cross1351-1400番 Criss Cross1401-1450番 Criss Crossレーベル ECM1001-1050番 ECM1051-1100番 ECM1101-1150番 ECM1151-1200番 ECM1201-1250番 ECM1251-1300番 ECM1301-1350番 ECM1351-1400番 ECM1401-1450番 ECM1451-1500番 ECM1501-1550番 ECM1551-1601番 ECM1602-1650番 ECM1651-1701番 ECM1702-1750番 ECM1751-1801番 ECM1802-1851番 ECM1852-1900番 ECM1901-1950番 ECM1951-2000番 ECM2001-2050番 ECM2051-2101番 ECM2102-2150番 ECM2151-2200番 ECM2201-2250番 ECM2251-2300番 ECM2301-2349番 ECM2350-2400番 ECM2401-2450番 ECM2451-2499番 ECM2500-2550番 ECM2551-2600番 ECM2601-2650番 ECM2651-2701番 ECM2702-2750番 ECM3901番-(アナログ) ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) ECM5501番-(音楽DVD)他 ECM5801番-, ECM SP(ジャズと詩) ECMレーベル ECM未分類(雑記含む) Enjaレーベル Hatologyレーベル J-POP JAPOレーベル JMTレーベル Winter&Winterレーベル ウェブログ・ココログ関連 オーディオ クラシック・現代音楽 ジャズ ストリーミング パソコン・インターネット フュージョン・ファンク ライヴ・コンサート ロック・ポップス 上半期・年間ベスト 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 映画音楽・サウンドトラック 書籍・雑誌 楽器 澤野工房 音楽

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト