共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の568件の記事

2022/10/28

円安と輸入盤CDの価格

とうとう一時1ドル151円台になってしまい、円安も一体どこへ行くのやら、という感じになってきました。個人的には1ドル110円ぐらいが生活していくのにちょうどいいくらいで、130円になった時にちょっと安すぎるんじゃないか、と思ったものでしたが、その時も円がさらにどんどん下落していくとは思いもしませんでした。まあ、可能性はあったわけですけど。

最近までは輸入盤は主にHMVでまとめ買い、国内盤はAmazonで(配送料がないため)というパターンで、特にHMVでの輸入盤まとめ買いは安かったのでよく利用していました。ところが先週のはじめごろから、そのまとめ買いセールがなくなったのが4日間ほど。21日からまとめ買いセールが23日まで3枚セールが再開したけど、買える値段が一段高くなってます。その後もセールは中断(書いている27日時点)((28日追記)今日28日から11月3日まで3枚セールが復活した模様)。以前からCDの元値も少しずつ上がっていて、特に最近のアルバムは元値がグッと上がってますし。今まで新譜は2千円前後で1枚買えていたのが、ものによっては3千円近くするようになって、やっぱり円安の効果はきてますねえ、という感じです。これでは国内盤があるのはそっちを買った方が安いのが出るんじゃないかとも思えます。まあ、高いものは高い。もう5枚セールはないかな、と今日時点では、思ったりしています。

当然購入意欲にも影響していて、私の周りでは高ければ買わない、一番安いところを厳選して買う、枚数を絞る、ストリーミングに移行するなど、円安でCD業界にとってみれば良くないことばかり。円安が続けは大手通販でも立ちいかなくなる可能性はありますね。私も思いきり枚数を絞ることにしましたし。まさかこんな時期が来るとはね。実際、対ドルレートで1.5倍の価格になるので、理屈では合ってますが、小遣いは増えないのですよ。それどころか諸物価みんな値上げしているので、ますます厳しいです。

つい先日にCDをある程度処分しましたけど、これも今になってみると最良の策だったのかどうか(買取査定が出てきたので承認はしましたが)。古いのを持ち続けていて、ひたすらそれらを聴いていくのも、生活するうえでの防衛手段ではないかなあ、とも思えます。でも円安に対して、日本は金利を上げられずになすすべがないようで、まだ円安が進む可能性があります。CD集めも受難の時代になってきてますね。一度安いのを経験すると、高いものはなかなか受け入れられません。まあ、物事には二面性はあるけど、買う方が主な趣味なものだから。

(11月4日追記)今日夕方から、8日まで輸入盤5枚40%引きセール、復活しましたね。元値が上がっているとはいえ、他よりは安いので、今注文の差し替えをしているところです。

2022/10/16

Criss Crossレーベルを中心にCDを450枚ほど処分

221015criss 221015cd 実は、今日の午前中に、Criss Crossレーベルを中心として、CDを450枚ほど(BOXセットも含む)処分して、宅配業者に持って行ってもらいました。なぜCriss Crossレーベルなのか。1001番から3枚の未CD化欠番はあるものの、1400番まで例外ない処分です。お気に入りのミュージシャンの参加アルバムぐらい取っておけばいい、と思われるかもしれませんが、写真で分かる通り、本棚に前後2段積みで高いところ(本棚の高さ2メートル25センチ)の奥の段は、椅子を持ってきて前列のCDをどかさないと手が届きません。で、結局並べているだけで聴かない。それと、いくつかの廃盤を除いてストリーミング上にあり、検索もけっこうしやすいミュージシャンが多い、ということで、ネットワークオーディオを入れてAmazon Music HD(Unlimited)も契約して3年以上経過したため、念のための実験でもあります。もちろん、将来また増えるCD対策も兼ねて。ホームページやブログにコメントやデータはあるし、ジャケ写も全部スキャンしてあるし。まあ、価格が出てくるのは先のことだと思いますが、期待値を超えてくるように祈ってます。今に担って集めたときの苦労を思い出します。15年以上前でも探しても出てこないのは5-6枚はあったし。

最近は実際にCDを買い取りに出してないので、買取価格が下がっているという噂があっても、どのくらい下がったのかが分からない。そういうわけで、比較的まとまっていて、やや高めの買い取りになるCriss Crossでトライしてみた((追記)実際はやや高めでもなかった)、というのもあります。最初はジャズジャイアンツから、とも思ったのですが、ストリーミングに出てくるリストが多すぎて、これはまだCDで持っていた方がいいかも、とも思いました。これらもCD初期の頃のCDが多めなんですけれどもね。

どうせやるならECMでしょうと思うんだけど、これはちょっと思い入れが多いアルバムが多いのと、大量なのと、何よりもHEOSでクラシックの検索はけっこう面倒なので、そういうところをつぶしてからでないと、できないですね。ただ、他のランダムに並んでいる部分のアルバムでは処分してもよさそうなものがある程度あるので、また整理が付いたらまとめて処分したいと思います。ホームページのアルバムコメントを直していた’20年ぐらいまでは、整然と並んでいる部分のCDがほとんどだったため、探せないということはまずありませんでした。購入時期が’99年ぐらいまでですね。でもその後は見事にバラバラで、今のブログ空白期のブログアップには苦労しています。そういう整理をする場所の確保も今回の処分で何とか作りました。

写真はCriss Crossが上から1段目、2段目が前後2列で、5段目は手前だけの新譜になってました。これをほとんど処分したというわけ。もちろん、これからのこのレーベルの新譜もCDで購入していくつもりです。CDがありすぎても、いざ聴くときに敷居が高くなるので、その解消を目指しています。

(追記19日)某所でCriss Crossレーベルのセールをやってますが、私の放出品はまだ査定が確定していないので、関係ありません。

(追記27日)某店にて、CD458点の買い取りが成立。いろいろなキャンペーンがついて、合計価格では満足だけど、10年以上前と比べると、本体だけの価格では明らかに下がってますね。他を処分するかどうかは、またいろいろと考えてから。でも今後増えることも考えると、もう1回出してみるか、というところ。

2022/10/11

CD時代の終わりの始まり?(残り150枚ほど)

海外ではもうとっくにダウンロードやストリーミングの時代になっていて、日本だけがまだCD売り上げの割合が高めなのは、今までにも何度も書いてますが、最近では、日本でも特に未成年ぐらいの歳になると、CDを買ったことが無い、という人も多いんだそうです。アマゾンとかを見ているとマーケットプレイスで、海外から日本向けのCD販売をしているところも多いですけれどもね。

タイトルに「残り150枚ほど」と書いたのは、昨日ザクっと、ホームページにアップしていてブログにまだアップしていない、主に’99年から’04年5月までにアップした(時にそれ以前のものも)CDをカウントしていて、そのうちミュージシャン別のところの枚数です。ただ、’99年当時にアルバムコメントを変えていきはじめたのがM-BASE関係のミュージシャンからで、その枚数がけっこう多い。まあ、アップすることに意義があるとは思うのですけど、30代の頃はかなり熱を上げていたけど、今はどうだろう、と思うと、もうそこまではいいような気もしているんです。枚数が減ってきたとはいえ、新譜が入ってくることによって少しずつ後にずれていくにしても、全部やっても来年3月ぐらいには終わる格好ですね。それが早まるかも、ということ。他にいくらか中小のレーベル別が残ってますけど、処分したものが多く、全部はできない状態です。

ブログに書けば、それによって自分の考えがまとまって来ることもあって、本当なら読む人にとっては余計な情報かもしれないですが、CDを処分してしまおうか、大半か、一部か、それとも墓に持って行くか、というのを何度も逡巡しながら現在に至ります。いずれにしても、もうCDを入れるスペースがないので、購入枚数が減ったとは言え、買い続けても置く場所が無いです。’19年にストリーミングを入れたので、それによる影響もあったりします。気楽に聴く分にはいいですね。でも、クレジットなどの情報は別に検索しなければいけないのと、聴いた感じの音のイメージがCDと違う場合があったり。あとはジャズジャイアンツといわれる人たちは、検索すると膨大なリストが出てきて、探せないこともあったりします。ストリーミングがもっと便利になればいいのですが。

世間ではLPは元気ですねえ。私も再生できる装置は持ってますけど、扱いが面倒なので、たまにしかかけません。あと、LPを注文して思ったのは、郵便で来てもポストに入らなくて手渡しのため、来るときはできるだけいなければならないのもこれまた面倒。若い時にLP時代もありましたが、CDが出たとたんに全部処分してしまいました。

CD時代の終わりの始まり、実は9月30日の段階でこの言葉を使っていて、本当はもう来てしまっているのかもしれないですが、最近、自分の年齢と重ね合わせてそれを意識しています。処分すべきかどうかはまだまだ考えなければならないけど、発作的に処分してしまうかもしれません。分量的なものもまだこれから考えます。その時はまた改めてご連絡します。買取価格が安めになっているのも決断を遅らせている要因かも。

2022/09/30

ジャズのホームページが25周年

220930hp 毎年この日になるとジャズのホームページがXX周年、と書いているような気がするけど、今年は25周年で4半世紀続いたということで、記念にまた書き込みます。実は現存するジャズのサイトで、私のところが1番古いわけではなく、知っている範囲でも数件もっと古いところを知っています。それぞれに日記が中心になっているところもあれば、レビューのところもあったり、まだアクティヴに更新をしているようですね。それでも今までのうちに亡くなられたり、連絡も取らなくなって更新停止したままホームページがそのうち廃止されたり、ということもさすがに多かったです。こういうものの保存って、何とかならないものでしょうか。

私の最初の時は、ホームページ作成ソフトはもうあって、私以前の方はHTMLのタグ打ちでやってた方もいらしたですけど、それでもホームページをアップするFTPソフトを自前で調達しなければならなかったり、カウンターもCGIで自作したような時代でした。通信回線もいちおうISDNは入れていたけどダイヤルアップ接続のナローバンドでしたし、いかにホームページ容量を少なくするか、考えながらやっていた時代でもあります。それでも確か’02年には光回線が来て快適な操作ができるようになったり、’04年にはブログを開設したりして、ホームページメインからだんだんブログメインになってきてました。ただ、私の場合、アルバムコメントはホームページで本文を書いてアップしてからブログに転記するやり方なので、ホームページの更新は、なだらかにはなったものの時折りやっていて今に至ります。

まあ、よく同じ趣味が続いたものだと思います。手持ちのCDは残りの人生でも再度聴ききれないほどありますし、ストリーミングも入れてあるのでけっこう快適ではありますね。通常ならこれだけ長い間だと、文章を書くスタイルも変わっていくのが普通ですが、あえてあまり変わらないようにして、ホームページの整合性もとってました。まあ、残念なことと言えば、同じスタイルなため、批評の域までは全然いかなかった、深みが出なかった、っていうことなんですが。なので今も頭の中は初心者プラスアルファです。

ブログは仕事のインフラの一部を使ってやっているため、万が一亡くなったり、引退する時は移転しないと削除されてしまいます。その移転のために写真等をひとつひとつ移していかなければならないのですが、同じインフラを使っていてもホームページはPC上に元データがあるのであっという間に移転できてしまいますからね。そのあたりあえてホームページを残してある理由になってます。移転しなくてもよいECMブログはその万が一の時の保険というか。あと何年続くか分かりませんが、これからもよろしくお願いします。

(追記)ブログの方も今日で、5,750エントリー目になります。アルバム紹介もだいたいですが、今までに5千くらいはあるんじゃないかな。

(追記その2)全国チェーン店のGEO(ゲオ)が9月いっぱいでCDの買い取りをやめるそうで、この波は他にも波及するかもしれません。CD時代の終わりの始まりかな。自分もCDあってこそのホームページでありブログなので、ひとつの節目になりそうです。

2022/09/04

日産の新型エクストレイルに試乗してきた

220729xtrail_20220902141201 7月21日にキックスの新車6か月点検でディーラーに行ったときに、その前日入ったという新型エクストレイルがナンバー付いてない状態であったのですが(写真はその時のもの)、まあ、モデルチェンジ前のキックスで満足いっているし、試乗という考えは全くなかったのでした。ところが、ネットで試乗したとか納車したという情報をいろいろ見てみると、評判がけっこういいんですよね。しばらくそれを見ているうちに、自分も乗ってみたくなって、無理言って、ディーラーの担当さんの時間が空いている時を利用して、9月2日に試乗させてもらいました。

実売の価格帯がオプション付けると400万から500万円台後半までなので、今までより高級感がかなりあります。特に試乗車は皮のシートのGグレードなので、かなり高い方の車。先代のエクストレイルにキックスを買うまでは乗っていたけど、全然車格が違います。でも、前までのタフギアはどうなってしまったのかなあ、とも。それはグレードを分けて対応しているようですが。Gグレードはシートもパワーシートだし、高級なことこの上ない。

e-powerで4-Force(四輪駆動)なのですが、乗ってみた感じそんなことを意識させずに楽々運転できました。エンジン音も、キックスもそんなにうるさくないですが、エクストレイルはエンジンの存在を感じさせない静けさとでもいうのか。そして加速がかなりいいんです。何度も信号待ちから加速させてもらって、その加速力を体感できました。そして乗り心地も抜群にいい。ただ、走り出しの時のクッという感じが、ほんのわずかなんですが気になりました。今まで日産の試乗車として乗った中ではいちばんいい印象です。ネットで評判いいのも分かります。それでも、エンジンが冷えた状態から何度も急加速しながら短距離を走ったせいか、燃費はリッター12キロ(これでもいい方)と出ました。ここのところ、あともう少し、という気もしないでもないですね。車幅も2センチ増えて、前のエクストレイルも切り返しして駐車場に入れていたのと、重量1,850キロの重さも少し気にはなります。

タイミングが良ければ買っていた可能性もありますが、ただ価格的になあ、というのも正直なところ。半年前にキックスを買わなければ、何とかXグレードが買えたかも。でもこれがバンバン売れているんだから、買う人は買う、黙っていても買う、と思うに至りました。キックスを買って半年で、すぐ買うわけでもないのにいつもより長めに試乗させてくれたディーラーさんに感謝です。自分も3-5年後は買い替えるかどうか予想もつきませんし。

(追記)e-powerは燃費もある程度大切だけど、それよりも乗り味優先のような感じですね。本当に燃費が最優先なら、他社のハイブリッド車に乗った方がいいと思います。

2022/08/23

昨日(8月22日)で仕事のホームページが25周年

220822hp 昨日、8月22日に仕事のホームページが25周年となりました。実はそれに気が付いたのが、昨日のブログをアップした後だったので、1日遅れのご報告となります。それに、今はホームページ経由よりも、近所だから、という理由でお客さんになってくれる方の割合が高いので、あえてホームページのテコ入れをせずに、一部更新するほかは何年も放置状態のままですので、そちらも少し反省してます。私のはじめたときは、ホームページ作成ソフトにFTP機能がついてなかった時代だし、回線もデジタル化されてはいても、それでもナローバンドのISDNの時代だったので、今のインターネット界隈の進化には格別の思いがあります。手探りで苦労してホームページを作っていました。ジャズのホームページも9月30日で、追っかけで25周年になります。

私はホームページ作成では早かった方なので、ネット上にはあまりライバルはおらず、最初の10年間でそのうち3分の1くらいのお客さんがホームページ経由だったでした。必然的にパソコンには強い方が多く、経理ソフトも多くのお客さんが使って、けっこう効率的にお客さんをまわることができました。むしろ最近の方がパソコンが使えないお客さんの割合が増えてきましたね。

昔は若かったからお客さんも若かったですけど、私も歳をとるにつれて、あまり入れ替わりがない業界でもありますので、お客さんもその分歳を取っていきます。自分も夫婦(ほぼ私ひとり)だけでやっていて、子供たちに仕事を継がせることは考えていないし、子供たちもそれぞれに仕事があるしで、頑張れるところまで頑張って、あとは引退かなあ、というのも還暦になって見えてはきました。それまでは精いっぱい頑張ろうと思っています。若い時は遠くのお客さんも多かったし、けっこう忙しかったですが、今はなぜか、近場のお客さんの割合が多くなって、移動時間がかからなくて、助かっています。

個人的には、来年10月施行の「インボイス制度」を乗り切れるかどうかですが、できれば、事務負担ばかり増えて儲からないこの制度、延期になるか中止になるか、期待をしているのですが、すでに法律化されているので、何もなければそのまま行くのではないかと思います。

2022/08/07

私のブログの行く先など(表現媒体の多様化)

私も還暦を過ぎて、このこともいろいろな時に書いてきたけれど、だんだん先が見えてきたような気がしてます。’20年にはホームページのアルバムコメントの手直し作業がいちおう終わりました。1年ほど前から、ホームページにはあってブログにないアルバムを、ほぼ毎日こちらにアップしてきたけど、あと1-2年ほどで、それも一段落するのではないかと。そうしたら、残るは手持ちのブログにもホームページにもアップしていないアルバムなのですが、50-60年代の有名盤が多く、もうそれは誰かがやっていますので、たぶん手をつけるつもりはないです。その後は時々新譜と、あとは雑記類を書くことにして、更新頻度を落とそうかな、とも思うし、できるうちにもう一度ECM関係のアルバムの手直しができるものはしたいなあ、とも考えています。

今は表現媒体はブログだけではなく、noteもあるし、SNSでも、例えばツイッターでアルバムレビューをやっている人もけっこういらっしゃるし、表現する媒体がいろいろできているので、何もブログにこだわることもないのでしょうね。ブログを運営している会社は減りつつあるし。ただ、私はツイッターではブログの更新通知はしてますが、それ以外に雑記以上のことは何もしてないですし、他の新しい媒体に挑戦も、たぶんしないような気がしています。昔はブログでお知り合いも増えて、コメントやトラックバック(今はこの機能はなくなっている)のやり取りもかなり活発だったのですが、今はあまりそういうこともなくなってきました。私も昔から続いて残っているからたまたまなんでしょうけど、最近はブログの新規参入も難しくなっているなあ、と周りを見ていて感じます。

検索エンジンがあるので、私のところは検索経由も多いのですが、最近また検索ロジックが変更されたようで、10年以上経過の古いコンテンツは順位が下になるようなことがどこかに書いてあったなあ。ホームページをはじめた頃はまだ30代半ばだったし、今年の9月30日でホームページも25周年を迎えるし、時代は変わりました。はじめた当時は、ネット情報というのは半永久的にあるものだと思っていたら、サービスの打ち切りやサーバーの撤退や交換などで、どんどん消えていくことが分かってます。ですので、やれるうちはやるけど、もっと歳をとったら、まあ、自然消滅もやむを得ないかな、と思います。このままだとネット時代以降の文化が将来分からなくなってしまうのが少々こわいのですが、その時にまだ自分がネットをやっているかどうか。とりあえず目標は1-2年ごとに立てていくことにしたのです。特にジャズに強いわけではなく、コツコツと長い時間同じことをやっていく能力は人よりあるのかな、といったところでしょうか。私個人的には、人に見せるというよりは自分の記録のため、と思った方が長く続けられるようですね。

2022/08/01

新型エクストレイルとキックスは出たものの

220729xtrail 220729xtrail2 先月21日に私の日産キックスの新車6か月点検でディーラーに持って行ったのですが、ちょうど19日に新型キックスのマイナーチェンジの発表、そして20日に新型エクストレイルのフルモデルチェンジの発表がありました。もう21日には、ナンバーがついていないけど、新型エクストレイルがディーラーにありましたね。

私はまだ車が納車されて4か月だし、結局車を必要な時にしか乗らず、洗車もあまりせず、ドライブして楽しむということもないので、この2車種の情報があっても、今回はあまり心が動きませんでした。今でもエコモードで燃費を気にしながら走っているので、キックス4WDが出て、電気モーターも新型に変わって出力と燃費がアップしたと聞きましたが、おそらく新車の入手価格が前回の値引きと下取りも考慮に入れてほしいグレードの4WDだと60万円ぐらい跳ね上がるとセルフ見積もりでは出ました(値引きは今回考慮しなかったとして)。7-8年また乗っても、その差額をガソリン代でカバーできないし、4WDになったら今度はフルタイムになってしまってその分燃費も落ちるし、雪国ではないし街乗りばかりなので、とFFでの現状維持の方向になってしまうなあ、と思います。前の代のエクストレイルのガソリン車4WDは、基本FFで、前輪が滑った時などに自動的に4WDになる仕組みがあったんですよ。

新型エクストレイルも、カッコいいしけっこう豪華で乗ってみたい気持ちもありますが、欲しいグレードでセルフ見積もりをやってみると500万円オーバー。写真右の本皮シートの内装ですね。老後も考えないといけないし、悪いけど今の段階ではパス、になってしまいます。でも、両方ともいい車には違いないので、興味ある方は試乗してみるといいと思います。どちらも売れるんじゃないかな? 本当は試乗してみたけどけっこう良かったので、皆さんもどうぞ、というように前向きで書きたかったのですが、今回はタイミングが悪かったですね。

でも、モデルチェンジ前の2WDのFFキックスでもけっこう気に入っているのは確かなので、ご心配なく。燃費に関しては、短距離走行をエンジンが暖まるまでには到着、というパターンが多いのですが、それでも市街地でトータル20キロ近くいくので、この車で満足しています。

(9月20日追記)キックスの4WDは重量が130キロほど重くなり、あるところの解説によると「後席使用時の荷室容量は276リッターで、FWDモデルから147リッターも減少。4WDモデルのほうが荷室の室内高が190mm小さく(床が高い)、後席の背もたれを倒すと荷室の床のほうが高くなってしまう。」とのこと。やはり降雪地でないと、FFで十分じゃないか、と確信できるようになりました。

2022/07/31

ディスクユニオンのウェブサイトの個人情報流出から約1か月

220730diskunion ディスクユニオンのウェブサイト、6月24日ごろに個人情報のデータ流出があったらしく、その日から通販のサイトが閉鎖されたままになっています。そして29日になってそのことを発表しました。幸いなことにカード情報は外部委託があったので流出しませんでしたが、氏名やメールアドレス、そしてパスワードが暗号化されてなくて、簡単に読める状態の平文のまま流出したため、パスワードの使いまわしをした人たちは、他のサイトなどにログインされて乗っ取りに遭った人も多かったと聞きます。そして、登録したメールアドレスにはスパムの嵐(急に1日あたり何十通と来はじめたらしい)、ということで、被害に遭った人たちの多くは怒り心頭ではないかと思います。すでにその兆候は29日の公式発表の前に出てましたもんね。

私は幸いなことにパスワードの使いまわしをしていなかったし、登録したメールアドレスは公開していて元からスパムは多かったのと迷惑メールブロックサービスを利用していて、あまり多くの被害は出ていません。ただ、時々、他のサイトなどにアクセスを試みた形跡というか情報が来たりはしているので、心穏やかというわけにもいかないですね。他の人に聞いてみても、サイトの再開を願う人はいても、乗っ取りやスパムメールを何とかしろ、という意見が多いので、そう簡単にはホームページの再開はできないのではないかと思います。補償で片付く問題とも思えませんし、それが出来る体力があるとも思えません。

私もついこの間まで、CDを大量に処分しようかとディスクユニオンに問い合わせをしたこともあったのですが、ツイッターなどでセール情報を再開した時に、あまりにもその販売価格が安かったので、買取価格はかなり安いことが想像されました。ですのでCD処分はしばらく保留にする予定です。このような状況で二束三文で買い取られたら目も当てられないですし。

オンラインサイトは、私はメインの購入先ではなかったですが、買うにも調べるにも便利ではありました。密かに復活はしてほしいかなあ、と願うも、被害が大きかった人(たとえカードなどの損害がなくても、迷惑メールが1日に何十通も来る)があまりにも多いので、当分(あるいは永久に)復活は無理なんじゃないかと思います。復活したらしたでクレームが殺到して、再度閉鎖に至る可能性は高いですし。解決方法のない状態で、やらかしてくれちゃったなあ、というのが今の気持ちです。当たり前のことしか書かなかったけど、こう書いてみると、ウェブサイトの復活の道は、何らかの犠牲を払うことになり、かなり険しそうです。

(8月10日追記)今日またディスクユニオンから報告が出てきてますが、印象的には悪手だなあ、と思います。もう少しやりようがなかったのか。

(9月2日追記)元従業員などから、内部告発の書き込みがネットで続発してますね。これも、復活したら利用すべきかどうかの判断材料にはなります。

(9月6日追記)ディスクユニオンのサイト、復活しました。あとは利用派と損害派の力関係になるとは思いますが、やはりあると便利なのがこのサイトなので、判断が難しいです。

(9月22日追記)何となく、時期的にディスクユニオンの平文パスワード漏洩からニトリのセンの予想が消えない、、、。
ニトリに関するニュースより。『今回の不正ログインは、当社以外のサービスから流出したユーザーID・パスワードを利用した「リスト型アカウントハッキング(リスト型攻撃)」の手法で行われていると推測』

2022/05/04

結局、CDの大量処分にはまだ踏み切っていない

そろそろCDラックがあふれてきて、一気にCDを大量処分しようと思って、CDの整理をはじめました。それが2週間前ぐらいのこと。CDがランダムに並んでいるために、そこをまず必要なCDといらないCDに分けなければな、と思ったのです。CDの買い取り業者にも連絡して、まだすぐではないんだけど、数千枚出るかもしれない、ということを連絡したら、返事が来て、依頼を受けた翌日以降ならばいつでも出張買取可能です、とのこと。けっこう早いんですね。その時はその気になってせっせと分けていたのですが、万が一数千枚も持って行って買い取り値段がそんなにつかなかったら後悔するだろうな、と疑念がわいてきたというのもあります。

その時、知り合いでそこのグループ店で中古を買った人がいて、CD3枚組で比較的貴重なものが880円で入手、と書いてありました。それ、私も持っているやつでした。最近CDの高価買取も値段自体が下がっている傾向があり、昔の値付けの2分の1とか3分の1、あるいは値段のつかないものも珍しくなくなりました。CDの整理は少しずつ進めてはいますけど、今しばらく分けるのに時間がかかりそうです。そして、一気に大量処分する前に数百枚程度で、試し処分をしてみようかな、という気にも。なんたってここ5年ぐらい処分していないので、今の相場感が分からないですからね。

あとは処分してしまってストリーミングにない音源だったらこれも後悔するかも、ということで、そのチェックもしていたら全然先に進んでいきません。どうせあと何十年も健康な状態で音楽を聴けるということは考えにくいので、やはり亡くなった時か、音楽を聴けなくなったときにまとめて一括処分するのがいいのかなあ、とも思います。その時に、CDをもらう約束をしていたとか買い取る約束をしていたと名乗る人が出てこないように、遺言じみたものには、その旨書いてありますし。まあ、発作的に処分をすることもあるかもしれないけど、現状はその整理が追いついていってない状況なので、早かったとしても、しばらく先にはなるかと思います。スペースさえ作れば、そう悩むこともないんでしょうけど。

(追記)本当は今日は新譜紹介の日でしたが、さすがに4月29日夜出荷準備中になり、2日出荷で昨日の到着予定が届かなかったこともあってか、ちょっとがっくり着て、ストックもなかったためにこの話題になってしまいました。GWなので、出荷や配達が遅れます、と前もって書いておいてくれたらいいのにね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 Criss Cross1051-1100番 Criss Cross1101-1150番 Criss Cross1151-1200番 Criss Cross1201-1250番 Criss Cross1251-1300番 Criss Cross1301-1350番 Criss Cross1351-1400番 Criss Cross1401-1450番 Criss Crossレーベル ECM1001-1050番 ECM1051-1100番 ECM1101-1150番 ECM1151-1200番 ECM1201-1250番 ECM1251-1300番 ECM1301-1350番 ECM1351-1400番 ECM1401-1450番 ECM1451-1500番 ECM1501-1550番 ECM1551-1601番 ECM1602-1650番 ECM1651-1701番 ECM1702-1750番 ECM1751-1801番 ECM1802-1851番 ECM1852-1900番 ECM1901-1950番 ECM1951-2000番 ECM2001-2050番 ECM2051-2101番 ECM2102-2150番 ECM2151-2200番 ECM2201-2250番 ECM2251-2300番 ECM2301-2349番 ECM2350-2400番 ECM2401-2450番 ECM2451-2499番 ECM2500-2550番 ECM2551-2600番 ECM2601-2650番 ECM2651-2701番 ECM2702-2750番 ECM2751-2800番 ECM3901番-(アナログ) ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) ECM5501番-(音楽DVD)他 ECM5801番-, ECM SP(ジャズと詩) ECMレーベル ECM未分類(雑記含む) Enjaレーベル Hatologyレーベル J-POP JAPOレーベル JMTレーベル Winter&Winterレーベル ウェブログ・ココログ関連 オーディオ クラシック・現代音楽 ジャズ ストリーミング パソコン・インターネット フュージョン・ファンク ライヴ・コンサート レコード ロック・ポップス 上半期・年間ベスト 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 映画音楽・サウンドトラック 書籍・雑誌 楽器 澤野工房 音楽

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト