Twitter

無料ブログはココログ

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の607件の記事

2021/07/24

自衛隊東京大規模接種センターでの2回目のワクチン接種と家族の動向

210621jieitai_20210724175001 もうすでにちらっと書きましたけど、21日に自衛隊東京大規模接種センターでの2回目のワクチン接種を受けてきました。本当はもう1枚の輸入盤が遅れていて、それを聴けなかった悔しさもあってこれを書いてます。結局東京駅から接種センターまでの2回の往復は4回ともはとバスに乗れましたですね(無料)。1回目の行きだけはちょっと密でしたが、あとはバス内は割と空いてました。接種センターは、よく1日に1万人もこなせるな、と思うほどにシステマティックだったのは1回目と同じ感想で、すんなりと終わりまで行けました。

1回目のワクチン接種の時は打った左腕が痛くなってきたのと2日目にやや倦怠感があった記憶があるけど、21日に打った2回目、当初は何でもなかったのに、夜になって左腕の痛みと、体中のリンパのあたりが痛む感じで、微熱もあるもよう。おかげで夜はよく眠れませんでした。翌日はうまく祝日になったので朝から1日音楽を聴いて過ごそうと思っていたけど、パソコンの前に座るのがまだ精いっぱいで、布団と行き来しつつでちょっと残念。ただ副反応はもっと大変な例もいくらか聞いているので、それに比べれば、まだいい方かな。その日はおとなしくしていようと思いました。

その2日目の午後に痛み止めを飲んだら、だいぶ楽になったです。前の夜はカミさんが介護で実家に泊りだったし、次男は8日間の出張から夜中に帰ってくるしで、その痛み止めという発想がなかったです。2日日の昼過ぎに帰ってきたカミさんに言われて、やっと飲んでひと安心、というところ。やはり言われた通り、1回目よりは2回目の副反応の方が大きめに出た、というところでしょうか。3日目の今日は左腕の痛みもほぼ無くなり、副反応はなくなったと思います。

あとは家族の接種予約ですが、長男は近日職域接種ができるようで心配なし。あまり感染者が多くない地域に住んでますし。カミさんは市の接種予約で、今日朝、市の予約が8時半スタートで何とか先週予約に間に合わなかったのを取り返し、8月下旬ですが市の大きい接種センターで1回目の予約が取れました。本当ならもう1週間ほど早く予約が取れたのですが、先に受け取っていた都合の悪い日の予定表とにらめっこして、即判断を下さなければならず、まあ、取れただけ良しとしなければ。問題は次男で、出張を繰り返している時期なので、予定が思うにまかせず、職域接種は断念。自衛隊が新たに大人数をまた募集を始めても、ライバルは広い範囲にいるし、勝てるかどうか心配だし、若いので市の方もそこまで受け皿があるかは何とも言えない状況。彼は在宅勤務ではないから一番受けさせたいんですけどね。まあ、何とかなるでしょう。なぜか私が予約担当になってしまっている感じではありますが。

2021/07/15

CDの買い取り価格の下落と、処分の仕切り直し

手元に’04年の某中古レコード店でのCDの買取リストがあって、そこには143点で125,900円の買い取り価格が書いてありました。BOXものも何点か処分したと思います。思えば当時がいちばん買取価格が自分の中では良かったかな。その後、数年おきに処分してましたが、だんだん値段が下がっていき、’15年を最後に処分していないですね。

最近はそういう意味ではCDの買い取り価格がどうなっているのかは想像の域を出ないのですけど、中古の販売価格がどんどん下がってきているところを見ると、買取価格も下落しているんじゃないかなあ、と思います。価値あるものには値段はつくけど、それはほんの一部。ストリーミングをはじめたときは、大量に処分して自分の葬式費用ぐらいにはなるか、と思いつつ、少し処分の準備はしたものの、ここまで下がってくると、処分しない方がいいんかじゃないか、と考えるようになってきました。処分は息子たちにまかせるかなあ、というところ。すでに本やマンガの単行本は値段のつくものは処分してあるため、CD(と少しのLP)が私の持っている主な趣味のものです。オーディオは長男に全部譲りますし、半分以上が既に長男が作ったり買ったりしたもの。あとはエレキ・ベースが3本あったか。

ストリーミングの月額料金が大幅に下がったのと同様に、音楽にお金を払わなくなってくるとミュージシャンの死活問題でもあるし、難しいところですね。結局のところ自分も5年ほど前と比べると、CDを買っている枚数が半分近くに減ってますしね。これは追っかけしていたミュージシャンが何人も亡くなってしまった、ということもあるのですけど、経済的な理由も少しあります。いずれにせよ、将来的にCDの処分に関しては仕切り直しかなあ、と思います。

2021/07/11

Google検索に好かれるときもあれば嫌われるときもある

私の持っている2つのホームページ(仕事用含む)と2つのブログの、ここのところ(この1-2週間ぐらい)の検索からの入り込みが少なくなっています。当然のことながらページビューもその分減ります。Google Consoleという、検索の入り込みを見ることができるアプリからも、そのことは証明されてます。原因は何だか分からないのが正直なところで、思い当たるのは、趣味のジャズのホームページ、ブログの方は、コピペして同じ文章のコンテンツが多いということぐらいかな。同じ文章を複数のところに置いておくと、Googleのアルゴリズムでは検索順位が下がるからです。まあ、以前にも上がったり下がったりがあったので、長い目で見ればあまり気にする必要はないのですが。Googleの方も定期的に検索のアルゴリズムを変えていて、その内容が分からないので、何とも言えないところですし。

私は商売ではホームページにほとんど頼ってないので、検索順位を気にしていないため影響はないのですが、他の人や会社がやっているネット販売などではSEO対策を大金をかけてやったり、検索順位が売り上げに大きく影響するため、だいぶ前からそういうことは聞いています。それだけ今はGoogleの影響が大きいってことですね。私は特にSEO対策はやってないのですが、強いてあげるとすれば、タイトルにCDとか、そのものズバリを持ってくる、ということだけでしょうか。

昔はホームページやブログのトップページにブックマークを置いていて、そこを順番にまわっていく、ということが多かったようですけど、今は知りたい用語や言葉を検索かけて拾っていく人の割合がだいぶ増えてます。私のところでも半分以上がそういうアクセスのようです。結局自分の力でアクセスを取りに行く、という積極的な気持ちがあまりないので、まあ、結局はなすがままに、ということになってしまいますけど。知りたいことがあって、私のところに来てくれる偶然性がある程度あれば、まあ、良しとしなければ。

2021/07/08

「Blue Giant Explorer」第3巻を読む

210708book 少し前に届いていたんだけど、このところチマチマと忙しくて、また年齢のせいかすぐ横になったりして、なかなかこれに触れる機会がありませんでした。とはいえネタバレなしで書くのも少々気を使いますが。主人公の大(ダイ)が、最初のシリーズではサックスを手に取るところから始まる日本編、次に「Blue Giant Supreme」になって、ヨーロッパを同じメンバーでまわっていくヨーロッパ編、そして今回の「Blue Giant Explorer」が、今のところ一人でその時その場所でのメンバーと演奏しながら、アメリカ各地をまわっていくアメリカ編、という風に変化に富んでいます。今回は旅の途中のサンフランシスコの巻。10巻ずつシリーズが変わって行っているようですね。

演奏がマンガなので音が出ないのだけど、音を感じさせる絵柄がとても気に入っています。これは前の時も書いたかな。個人的に出てくる音はオーソドックスな4ビート系のバップ系のサックスよりはもっと自由に現代ジャズを感じさせながら、豪快に吹きまくる感じなんだけど、これは自分の頭の中でぐるぐる回っているだけなので、何とも言えませんが。

まあ、端的に言ってしまうと、少年漫画にありがちな、旅をして、戦って、勝っていく、というストーリーに乗っかっているのかもしれません。でも、そういうストーリーがなかなか読んでいてやめられない、ということにもなってきているんじゃないかな。巻末に2ページほど、関わっていた人物が、彼がいかに大物になったかを語る場面があるのだけど、作者の石塚真一さん、どこのレベルまで書けるのかな、と少々気になります。大(ダイ)は苦労しつつもだんだんビッグにはなってきているので、今後が楽しみです。

2021/06/21

自衛隊東京大規模接種センターで1回目のワクチン接種

210621jieitai 210621hatobus 今日の午前中、東京まで行って1回目のワクチン接種をしてきました。仕事の中心がお客さんを訪問することなので、去年から、訪問者としては私しか事務所に入れてないという会社もあり、なるべく早くワクチン接種をしなければなあ、と思っていた時に偶然が重なって、この歳にしては早く接種できたのでした。まあ、仕事の一環です。

自分は当分先だなあ、と思っていたけど、川崎市から64-60歳の接種券の郵送が届いたのが15日(火)。まだ59歳だけど、学年で区別するために来年4月1日までに60歳になる人ということで該当していたのでした。そして、川崎市の申し込みが19日(土)からだったのですが、念のため自衛隊のサイトを見ると、16日(水)午前0時から、年齢や地域制限が撤廃されたらしく、その日(16日)ネットで見ていたら、偶然今日の申し込みができたわけです。まだその時は19-20日あたりも空いていたのですが、予定が昨日あったため、今日の予定としました。その後1日半ほどで自衛隊の予約受付がいっぱいになったので、タイミングが良かったですね。

東京からはとバスのシャトルバスで、無料で10分強で到着。そこから少し歩いたけど、さすがに自衛隊、受付から終わりまで、動線に従っていけば、30-45分ほどで終わります。すべてが機能的で迷うことなく接種まで導いてくれますし、2回目の予約も、4週間とちょっと先ですが、だいたい思うところが取れました。とにかくあれだけの人を整然とさばいていけるのは、やはり自衛隊ならではかな、と思いました。感謝しかないですね。接種してから、少し左腕に注射をしたという感覚と、ポカポカする感じかなあ、ぐらいでほとんど副反応は出てないです。2度目はどうかな、とは思いますが、まあ、うまくいくでしょう。ちなみに自衛隊ではモデルナのワクチンです。

(追記)いざ寝る時になって、左腕が痛いので、ふだん左向きに寝る私にはなかなかしんどいことに。そして3時間ほど寝て目が覚めてしまいました。熱はない。翌日もスケジュールに余裕を持たせておいて良かったなあと思いました。個人的には睡眠不足もあったり左腕の痛みも2日目の方がちょっときつかったでした。

2021/06/14

Amazon Music HDの値下げ

Amazon Music HDが値下げされたそうで、うれしいニュースです。私の場合、ポータブルでもPCでも使ってなくてマランツのオーディオのHEOSを経由してオーディオだけで使っているという、特殊な使い方なので、あまり参考にならないかと思います。利用方法も、出会いを求めていろいろ聴くというよりは、新譜チェックとか、手持ちのCDを出すのが面倒なので、ストリーミングで聴いてしまうなど、目的がはっきりしていました。なので値段についても、月に購入をセレクトするCD1枚分の節約になるのならと、月額1,980円も、まあまあ納得しての利用です。少し前まで、これ以上は下がらないとも思ってましたし。でも、値下げで月980円(圧縮音源のUnlimitedと同額)になるのなら、これ以上のことはありませんね。もともと流しっぱなしではなくて、聴きたいときだけに聴いているので、もったいなかったかな、という感じも少ししていますし。

Amazon Music HDはハイレゾまでカバーしているので、音質的にはけっこう満足しています。よく聴く音楽にハイレゾのもの(Ultra HDですね)がたまたま多いということもありますし。でもポータブル環境の方はWifi以外で聴いていると、データ量が大きく、すぐにパケ死する可能性もあるので、その点見極めてからご利用ください。ただ、どこかで見たのですが、設定で、Wifiの時だけHDにする、ということも設定できるような場所がありました。その写真をネットで見たときに保存しておけばよかったかな。

値下げ分で、もう1社くらいストリーミングを選びたいなあと思っていますけど、今年後半にSpotify Hi-fiが出てきたら、考えようかと思ってます。まあ、これはその時になってみないと分からないですが。Apple Musicもハイレゾ配信をはじめたし、音楽を何で聴くか、の勢力図がこれから変わっていきそうですね。

2021/05/31

転売ヤーが増えていく仕組みについてちょっと考えた

210601book 昔は、転売ヤーとは言わず、セドリと言って、貴重な古書やレコード、CDなどを安く売っているところを探して買って、それを高く売るなど、専門的な知識もいる仕事でもありました。ネットもなかった時代のことなので、足で稼いで、大変だったと思います。(ここではチケット関係は考慮に入れてません。)

今は、なんだか転売人口、かなり増えましたね。不景気なこともあるけど、働くというより稼ぐ方が優先順位が上の人が増えたのかな、と思います。YouTuberが子供の人気職業になる時代ですもんね。それで誰の文句もなく稼げれば立派な仕事なんですけど、定価(適価)のものを買って、それに上乗せして売っているので、反発も多いようです(まあ、普通に買えるものを買い占めて無理やりプレミア価格にしているんで反発される方が当たり前ですが)。今回、自分も家族のために買おうとしたある雑誌で体験、買いそびれたので、ちょっとその仕組みを書いてみようと思います。

まず売れそうなものに目をつけて買う、というのはよくあることだと思いますが、今はもっとシステム化されていて(全体の中のある面ですけどね)、ツイッターなどで、ネットを巡回するロボットを使い、すぐ売れて品薄になりそうなものの情報を即時に流す人が出てきました。通常だったら自分で商品をさばいて儲けるのですけど、Amazonなど大手通販へのリンクで紹介して、まずその人がアフィリエイトで儲ける。情報を出して儲けられるので、そういう人も出てきますね。そしてその情報に群がって、買いあさる人たち。扱う量も多いので、アフィリエイトした人はかなり儲けているのでは。そしてそういう情報が簡単に手に入るので(もちろん他のルートもあると思いますが)、あまり知識なくても転売で儲けることができるのでは、と思いました。中には流通として扱える業者も混ざって転売価格で売っている様子も感じられました。ただ、需要と供給の問題があるし、増刷が簡単にできる単行本とかは(初版でなければやだという方もいるでしょうが)、あまり得策とは言えないですね。扱うものによって向き不向きはあると思います。

会社などの経理を中心に見ている立場としては、売れそうなものだからと飛びついて、前払いが大半のため、売れない在庫を抱えて泣いている人もいるでしょうし(無在庫転売というのもあるそうですが)、転売ヤーで一時的に儲けることはできても、それを続けるのも才能が必要なんじゃないかと思います。小遣い稼ぎ程度だったらいいんですけどね。ここまで増えると、転売に手を染めて損している人も一定数いると思いますね。まあ、消費者としては必要以上に高いものはガマンして手を出さないことが重要かな、と思いました。ヤフオクなんかを見ていても、高くても欲しいという人がいれば、それは商売として成り立つので、一方的に悪いこととは言わないですけどね。とにかく転売ヤー滅べ、という立場でもないです(転売ヤーからは買わないので、意見としては近いですけどね)。あと、儲かっている人はちゃんと確定申告しなさいよ。コロナ禍で税務署は通常の調査があまりできない分、ネットの儲けに対してけっこう調べているようですよ。それと古物商許可証は継続するなら必須です。

 

(6月1日追記)そろそろ書店にニュータイプ重版が出てるとの情報が出て、近所のTSUTAYA、駅から遠いところ、に寄ったら最後の一冊があったので、迷わず購入。転売ヤーから買わずに済んだけど、長男は読むかなぁ、と、ちょっと不安。860円。まあ、ニュータイプに関して言うなら重版もしたし、需要はそんなにあるわけではなさそうで、多くの転売ヤーは損出しになるんじゃないかな?出版社としては一定数売れてホクホクでしょうけどね。

2021/05/30

ブログが17周年

5月30日がこのブログをはじめて17周年だということを忘れてました。まあ、よく飽きもせず(って、ジャズの更新ペースはゆっくりになってきてますけど)続いているもんだなあ、と思います。

ブログを書く大半の人はどんなジャンルでも途中で飽きて更新停止になってしまうようですが、他に大きな趣味もなく、やって来れました。ある時期まではやればやるほど、まだ書きたい内容がどんどん増えていく状況でもありましたし。昨年7月に21年かかったホームページのアルバムコメント手直し作業が終わってから、次にやることも考えつつ、まだ目標が決まっていない、ということもあります。とりあえずは新譜が来たら更新して、あとは雑記的なことが増えましたね。雑記的なことはいろいろと書けることがあり、このブログが数か月更新がなかったとしたら、私の健康状態に何かあったのだと思っていただければ。

まあ、9月にはホームページも24周年になるし、若い若いと思っていた自分も、今年で還暦を迎えます。もう少しお付き合いいただければ、と思います。

ところで、数日前に、ツイッターをはじめてから10年ですとのお知らせが(確か27日)。でもまだ通算5千ツイートもないです。少し前まで、ブログの更新通知程度しか使ってなかったので、やむを得ないかな。今でもメインはブログかな、やっぱり。でも逆算するとこの10年間、ブログ更新通知で紹介したCDは千枚を超えている可能性はありますね。全部見て計算はできないですけど。

2021/05/29

Amazon MusicのECMのプレイリスト

ストリーミング配信のAmazon Musicで、「Best of ECM Records」という、全100曲、8時間55分にもわたるプレイリストが発表になってます。

https://music.amazon.co.jp/playlists/B095DQ3C3T

新旧織り交ぜ、ECMとECM New Seriesも合わさって、民族音楽的なものもあって、1曲目はキース・ジャレットの「マイ・ソング」から、ラストの曲はエレニ・カラインドルーの「Ulysses' Theme」まで、ECMを知るにはいいプレイリストではないかと思います。ちょっと過激なフリーや現代音楽は希薄かなとも思えますが、それでもこのレーベルがこんな感じか、ということを感じることができます。個々のアルバムにあたっていくのはそれからでもいいのかなあと。もちろんAmazon Music HD対応で、曲によってはハイレゾで配信されているものもあります。

アルバムが1,500枚弱ぐらい出ていると、なんでこのアルバムのこの曲が入ってないのか、という問題も出てくるのかもしれませんけど、まずは9時間近くのこのリストを通して聴いてからでもいいのかなあと。それから各自好きなアルバムを選んでいくのも、想像するに、けっこう楽しいと思います。まあ、ジャズの中でも特殊な部類ではあるので、聴いてみて、向き不向きを考えてみるのもいいのではないでしょうか。

(追記)HDでは思ったよりハイレゾの曲が多め。中にはあの時期ならHDなのになんでUltra HDになっているんだろうというものも。後日確かめてみなければ。

(当日夜追記)今日は休日なこともあって、休み休み全部最後まで聴いてみました。古い新しいとか、ジャズとクラシックのボーダーレスとか、そういう面でも割と広く取り上げていて、あまりECMに親しみのない人にもイメージ的には分かりやすいんではないかと思います。あとは聴き通せるかですが。

2021/05/24

ブログの何が読まれているか

本当だったら新譜が来ないときは黙ってブログに何も書かないでもいいのですけど、やはり何かを書かなければ、という欲求もあります。で、今日のような雑文が出てきてしまうんですよね。たまたまCDがまとめて届くのが来月の上旬のため、今月はあと1枚ぐらいしか新譜が届きません。

このブログ、ジャズ・フュージョンに関するブログのため、これらの新譜が出たときは、やはりそのページへのアクセスが多いです。でも賞味期限は1週間ぐらいで、その後は消えていくことも多い。あとはアーカイヴ化されて、検索で時々アクセスがある程度になります。だから常に更新しなければってことになってしまう。そんなに派手ではないけれど、一定のアクセスのあるのがオーディオや自動車の試乗などに関するページで、一定期間が経過してもある程度アクセスがあって、更新をあまりしないときはこれらがアクセスの上位に来てます。ちょっと古めからだいぶ古い記事は検索で来る方が中心、新しい記事は常連(?)の方、という感じでしょうか。すでにエントリー数はブログ全体で5,400弱ぐらいはあるので、これらが寄せ集まって、更新があまりなくてもページビューが300/日を下回ることはあまりなくなりました。むしろ、特定のレーベルやミュージシャンなどでまとめてアクセスしていく方も時々いらっしゃるようで、それでページビューを稼いでいる日もあります。

やっぱりもうすぐ還暦ということも影響してか(まあ、このあたり個人差が大きいですけど)、昨日の日曜日も家のことも少しやりながらでしたが、とうとうオーディオのスイッチを入れることもなく、日付が変わる1時間以上前に寝てしまいました。若い頃は睡眠時間を削ってでも音楽を聴いていたり、趣味などに没頭していたのにね。まあ、以前書いたことで、時流に合わなくなったり、陳腐化したものは時々削除はする記事もあるけれども、基本的には積み重なっていくので、今があるような感じではあります。新譜が来たときは張り切って更新しますので、今しばらくお待ちください。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 Criss Cross1051-1100番 Criss Cross1101-1150番 Criss Cross1151-1200番 Criss Cross1201-1250番 Criss Cross1251-1300番 Criss Cross1301-1350番 Criss Cross1351-1405番 Criss Crossレーベル ECM1001-1050番 ECM1051-1100番 ECM1101-1150番 ECM1151-1200番 ECM1201-1250番 ECM1251-1300番 ECM1301-1350番 ECM1351-1400番 ECM1401-1450番 ECM1451-1500番 ECM1501-1550番 ECM1551-1601番 ECM1602-1650番 ECM1651-1701番 ECM1702-1750番 ECM1751-1801番 ECM1802-1851番 ECM1852-1900番 ECM1901-1950番 ECM1951-2000番 ECM2001-2050番 ECM2051-2101番 ECM2102-2150番 ECM2151-2200番 ECM2201-2250番 ECM2251-2300番 ECM2301-2349番 ECM2350-2400番 ECM2401-2450番 ECM2451-2499番 ECM2500-2550番 ECM2551-2600番 ECM2601-2650番 ECM2651-2701番 ECM2702-2750番 ECM3901番-(アナログ) ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) ECM5501番-(音楽DVD)他 ECM5801番-, ECM SP(ジャズと詩) ECMレーベル ECM未分類(雑記含む) Enjaレーベル Hatologyレーベル J-POP JAPOレーベル JMTレーベル Winter&Winterレーベル ウェブログ・ココログ関連 オーディオ クラシック・現代音楽 ジャズ ストリーミング パソコン・インターネット フュージョン・ファンク ライヴ・コンサート ロック・ポップス 上半期・年間ベスト 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 映画音楽・サウンドトラック 書籍・雑誌 楽器 澤野工房 音楽

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト