Twitter

無料ブログはココログ

カテゴリー「音楽」の1000件の記事

2020/11/29

2020年の私的ジャズベスト3

Patfromthis_20201126153201 2679_20201126153201 2700_20201126153201 とりあえず11月分までのCDを聴き終わり、ベスト3を発表する時になりました。いつもそうかもしれませんが、今年はかなりベタなベスト3になってしまいました。有名なミュージシャンを集めればだいたいこれになってしまうという。あとはAmazon Music HDでいずれもハイレゾで配信されていることも、配信で何度も聴き返す要因にもなっていて、今年はその基準も入っています。これが10枚選べれば個性的な選択もできるのですけど、今年はわずか60枚しか買ってないので(厳選はしてますが欲しいものも少なかったでした)、それもなかなか無理かと。特にキース・ジャレットが’18年より演奏できなくなっていたニュースはびっくりしましたけど、そこにこのアルバムが。好みは分かれるでしょうが、私はこういうサウンド、けっこう好きです。3つの順番は特にありません。

今年は7月でホームページのアルバムコメントの手直し作業が終わったし、12月のうちにはECMブログも追いついて毎日更新ではなくなるため、私自身転換点に差し掛かっていると思います。

 

From This Place/Pat Metheny(G, Key)(Nonesuch)(輸入盤) - Released 2020. Gwilym Simcock(P), Linda May Han Oh(B, Voice), Antonio Sanchez(Ds) with Meshell Ndegeocello(Vo), Gregoire Maret(Harmonica), Luis Conte(Per) and The Hollywood Studio Symphony, Joel McNeely(Cond) - 1. America Undefined 2. Wide And Far 3. Your Are 4. Same River 5. Pathmaker 6. The Past In Us 7. Everything Explained 8. From This Place 9. Sixty-Six Bonus Track: 11. Love May Take A While

(20/02/25)全曲パット・メセニーの作曲で、ジャズやフュージョンというよりも、76分間、ボーナストラックを含めた壮大なメセニーの叙事詩と言わざるを得ないようなアルバムに仕上がっています。個々のパートのソロを聴けるところも所々にあるけれど、もうこれは一気に聴きとおすためにあるような内容。年齢を経て、ある程度枯れてきたという感じもあるけど、その熟練性が作曲、演奏面の両方に現れています。確かにスゴい曲であり、演奏内容も素晴らしいのだけど、それだけにこのアルバムの完成度はただものではない、と思います。場面によってはオーケストラを入れたり、ゲストを招いたりしているけど、常に、穏やかさを見せつつも前進して今ある姿を見せてくれた、という感じです。もちろんギターを楽しむ聴き方もあり。

 

Swallow Tales/John Scofield(G)/Bill Stewart(Ds)/Steve Swallow(B)(ECM 2679)(輸入盤) - Recorded March 2019. - 1. She Was Young 2. Falling Grace 3. Portsmouth Figurations 4. Awful Coffee 5. Eiderdown 6. Hullo Bolinas 7. Away 8. In F 9. Radio

(20/06/07)ジョン・スコフィールド初のECMでのリーダー作で、スティーヴ・スワロウの曲集。おなじみのメロディから少し地味な曲まで取り揃えてあって、演奏を楽しめます。収録時間は53分。持ち込み音源のようで、やや静かな感じの部分もありながら、4ビートの曲も多く、ECMにしては自由でマイペースなジャズっぽいサウンドで魅了します。彼をはじめて知った時は若かったけどもう大ベテランで、落ち着きながらも例のジョン・スコ節でギターを演奏しています。メンバーもいいし、この独特なギターを聴けるだけでも聴く価値はあるのでは。それにしても期待を裏切らないさすがのギター・トリオ。持ち込み音源ながらマンフレート・アイヒャーが出す許可を出したとは、彼もずいぶん丸くなったものです。それにしても曲がいいですね。

 

Budapest Concert/Keith Jarrett(P)(ECM 2700/01)(輸入盤) - Recorded July 3, 2016. - 1. Part I 2. Part II 3. Part III 4. Part IV 5. Part V 6. Part VI 7. Part VII 8. Part VIII 9. Part IX 10. Part V 11. Part XI 12. Part XII - Blues 13. It's A Lonesome Old Town 14. Answer Me, My Love

(20/11/15)CD2枚組。収録時間は92分。ハンガリーのプダペストでのライヴ。例によって即興演奏ですが、アンコールと思われる13-14曲目は既成曲。1曲目からいきなりアグレッシヴで無調的な激しいピアノではじまり、ここでの演奏がただものではない入り方です。彼のバルトークへの敬愛のためでしょうか。その後緊張を強いる場面ばかりではなく、いつものように素直な曲もあったり、バラード調もあったりしますが、基本的に他の場面よりは現代音楽的な表現が多めで緊張感高めではないかと思います。なかなか完成度の高い演奏で、ある意味これが基準になる、と書いてあるものもあったりします。ただ、だんだん高度になっていくので、聴く人を選ぶライヴになったかもしれません。ここからさらに高みに行くはずが。

2020/11/28

For Jimmy, Wes And Oliver/Christian McBride Big Band

Christianforjimmy とりあえず手元にある新譜を聴き終えました、と言っても、このアルバムは6月19日に出ているんですね。うっかり後になって気が付きました。最近は、ビッグバンドというと新機軸のサウンドのものが多いのですが、基本に戻った(と言っても新しい部分もあるのでしょうけど)こういうストレートなバンドを聴くのもいいものです。そしてオリヴァー・ネルソンのアレンジも1、4、6曲目に入っているのも特色(だからこういうタイトルなんですね)。もちろん曲によって、一直線に迫ってきたり、ソフトな感じの曲もあったりと、71分を退屈させないようにしています。リーダーのベースもけっこう迫力です。

 

For Jimmy, Wes And Oliver/Christian McBride(B) Big Band(Mack Avenue)(輸入盤) - Released 2020. Joey Defrancesco(Org), Mark Whitfield(G), Frank Greene(Tp), Freddie Hendlix(Tp), Brandon Lee(Tp), Nabate Isles(Tp), Anthony Hervey(Tp), Michael Dease(Tb), Steve Davis(Tb), James Burton(Tb), Douglas Purviance(Tb), Steve Wilson(Woodwinds), Todd Bashore(Woodwinds), Ron Blake(Woodwinds), Dan Pratt(Woodwinds), Carl Maraghi(Woodwinds), Quincy Phillips(Ds) - 1. Night Train 2. Road Song 3. Up Jumped Spring 4. Milestones 5. The Very Thought Of You 6. Down By The Riverside 7. I Want To Talk About You 8. Don Is 9. Medger Evers' Blues 10. Pie Blues

(20/11/27)クリスチャン・マクブライドとジョーイ・デフランセスコ作が10曲目、ジョーイ作が8曲目、マーク・ホイットフィールド作が9曲目、トラディショナルが7曲目、他はウェス・モンゴメリー、フレディ・ハバード、マイルス・デイヴィス、などそうそうたるジャズメン・オリジナルやスタンダード。収録時間は71分。基本的なジャズのビッグ・バンドのホーンのスタイルで、男らしいシャープな演奏を聴かせてくれます。なるほど、ジミー・スミスとウェスへのオマージュというのも納得。ソロのところではオルガンもギターも縦横無尽に弾きまくっていて、スカッとします。2曲目の「ロード・ソング」も往年の演奏を想像させてなかなかうれしい演奏です。オリヴァー・ネルソンの編曲は1、4、6曲目。なお、3、5、7-8曲目はクァルテットの演奏です。

2020/11/26

Mantle/Natsuki Tamura/Satoko Fujii/Ramon Lopez

Fujiimantle 新譜がもう少し続きます。運よく11月中には聴き終えることができます。そうすると12月はまだ注文がないこともありますが。このアルバム、某ジャズのサイトで書かれているのを見つけたのですが、その時はLibra Recordsに直接注文するしかなく、初めて直接注文をしてみました。今確かめたらAmazonでも取り扱い(マーケットプレイスですが)はじまったようですね。あくまでもフリージャズと言う範疇の中で、なんですが、ここではあまり特殊奏法はなく、ピアノがガンガン行くことはあっても、普通に(あるいは耽美的に)メロディを出したりリズムを叩いたりしていて、やはりラモン・ロペスの参加による影響は大きいんじゃないかと思います。相手によって出方を変える百戦錬磨の戦いという感じ。

 

Mantle/Natsuki Tamura(Tp)/Satoko Fujii(P)/Ramon Lopez(Ds)(Not Two Records)(輸入盤) - Recorded September 22, 2019. - 1. Nine Steps To The Ground 2. Metaphors 3. From Spring To Summer 4. Your Shadow 5. Encounter 6. Straw Coat 7. Came, Left 8. Autumn Sky 9. The Temple Bell

(20/11/25)1、4、8曲目が藤井郷子の3、5、7曲目が田村夏樹の、2、6、9曲目がラモン・ロペスの作曲。収録時間は63分。3者が対等に曲を持ち寄っているのも特色ですが、ここでは特殊奏法はあまり目立たずに、楽器本来の音でフリー的なジャズを演奏しています。1曲目を聴いても、珍しくメロディ感のある割カチッとしたテーマがあって、これは何となくロペスを意識した曲の作りになっているのでは、と思わせます。ただ、やはりフリーなのであちこちに仕掛けがあり、ドラマチックな展開になっています。2曲目も静かな中にトランペットのメロディと耽美的なフリーから盛り上がりもあり、3曲目はかなり豪快で流れたり打ち付けたりの盛り上がりの曲。ある意味、一線を飛び越えていないフリーで楽しませてくれるアルバム。

2020/11/25

Tigran Mansurian/Con Anima

2687 ECM New Seriesの2日目。今日のアルバムもある意味室内楽的な編成ですが、こちらはティグラン・マンスリアンの80歳の記念企画のような感じでキム・カシュカシアンその他のミュージシャンが集まっています。現代音楽的ではないものもありますが、やっぱり基本は現代音楽家なんでしょうね。もともと現代音楽の多いこのレーベルなので、聴いていくうちに慣れてきてしまって、ある意味それぞれの特徴のようなものも分かるようになってきたことが収穫かな。ただ、今出ているアルバムはほとんどがコロナ禍前の録音なので、ECMで今年の録音が実際に行われているのかどうか、今後のことが不安になってきます。

 

Tigran Mansurian/Con Anima(ECM New Series 2687)(輸入盤) - Recorded January - April 2019. Boris Allakhverdyan(Cl on 1-3), Varty Manouelian(Vln on 1-3, 6, 13), Michael Kaufman(Cello on 1-3, 6, 10-12), Steven Vanhauwaert(P on 1-3), Kim Kashkashian(Viola on 4-13), Tatevik Mokatsian(P on 4-5), Movses Pogossian(Vln on 6-12), Teng Li(Viola on 6), Karen Ouzounian(Cello on 6-9) - 1-3. Agnus Dei 4-5. Sonata De Chiesa 6. Con Anima 7-9. String Trio 10-12. String Quartet No.3 13. Die Tanzerin

(20/11/23)Tigran Mansurianはレバノン生まれのアルメニア人で20-21世紀の現代音楽家。今回は彼の80歳を区切りに、演奏者が集まったとのこと。収録時間は79分。’93年から’15年の曲までが取り上げられ、2-6人での演奏になっています。最初の2つはピアノが入り、残りはストリングスのみ。アルメニアに根差したと思われる優しいメロディアスな曲もあり、現代音楽というにはややクラシカルな部分もあって流れていきます。

2020/11/24

Erkki-Sven Tuur/Lost Prayers

2666 ECM New Seriesの新譜が2枚届いているので聴いていきます。今日のアルバムはErkki-Sven Tuurの作品。もうECMではおなじみの名前ですが、今まではオーケストラ作品で、2-4人編成の演奏者の曲ばかりを収録するのはECMではこのアルバムがはじめてとのこと。普段こういう視点でアルバムを聴いていないので、なるほどなあ、と納得しました。でも、やっぱり彼の曲だなあ、という雰囲気が最初から最後まであるのは、やはり個性が強い人だな、と思います。New Seriesもなんだかんだ聴いていて400枚を超えました。普通のクラシックのファンの方とは違うとは思いますが、それなりに脱初心者はできたかなあ、とも思います。

 

Erkki-Sven Tuur/Lost Prayers(ECM New Series 2666)(輸入盤) - Recorded April 2019. Harry Traksmann(Vln on 1, 4), Leho Karin(Cello on 1, 4), Marrit Gerrretz-Tracksmann(P on 1, 4), Florian Donderer(Vlnon 2-3), Tanja Tetzlaff(Cello on 2), Annete Walther(Vln on 3), Zandi Van Dijk(Viol on 3a), Thomas Schmitz(Cello on 3) - 1. Fata Morgana 2. Synergie 3. String Quartet No.2 "Lost Prayers" 4. Lichtturme

(20/11/23)Erkki-Sven Tuurは20-21世紀のエストニアの現代音楽家。オーケストラではなく、ここでは2-4人の室内音楽での演奏。演奏の奥行きがあって、強度のある現代音楽的なクラシックを聴くことができます。’02年から17年までの曲が演奏されてます。やや愁いを帯びていて、寒色系で温度感低めな室内楽を54分にわたり4曲堪能できます。2人、4人、ピアノ入り3人の曲があり、表情は違うもサウンドは統一感があります。

2020/11/23

プリックリー・ペア・カクタス/モリイクエ、藤井郷子+田村夏樹

Fujiiprickly フリー・ジャズの新譜が届きました。藤井郷子氏、田村夏樹氏とモリイクエの3人でのアルバムは初めてですが、他のメンバーを加えての録音は確か3枚目じゃなかったかと思います。以前は私、エレクトロニクスの音の出方があまり分からなくて、サウンドに彩をつけるには地味だなあ、と思っていたのですが、ヴォリュームを大きくすると聴こえてくる音も多くなりますし、他の楽器との音の橋渡しというか、融合するには効果的な音の使い方だなあ、と感じるようになりました。例えば北欧ジャズでも最近多くなりましたね。このアルバムは遠距離での多重録音(と言っても、自然なスタジオ録音のように聴こえます)で制作した、コロナ禍時代特有の制作方法が生んだ、と言えるでしょう。

 

プリックリー・ペア・カクタス/モリイクエ(Electronics)、藤井郷子(P)+田村夏樹(Tp)(Libra Records)
Prickly Pear Cactus/Ikue Mori(Electronics), Satoko Fujii(P)+Natsuki Tamura(Tp)(Libra Records) - Recorded 2020. - 1. Prickly Pear Cactus 2. Sweet Fish 3. Guerrilla Rain 4. Mountain Stream 5. Overnight Mushroom 6. Empty Factory 7. In The Water 8. Turning 9. Muddy Stream 10. Sign

1、4、7、9曲目が3人の合作、2-3、5-6、8、10曲目がモリイクエと藤井郷子の合作。音源を遠距離の日本とニューヨークで行ったり来たりさせながら多重録音をして完成させたという、コロナ禍時代らしい作成方法。収録時間は53分。ここではエレクトロニクスがより前に出てきて、とても多重録音とは思えないほどに、ピッタリと息も合っています。場面転換も多めで密度が濃く、フリー・ジャズながら構成がしっかりと組み立てられている印象があります。曲によっても違いますが、ピアノとエレクトロにクスが前面に出ていて、トランペットは本来の音は少なくて、擦過音的な、あるいは裏返ったような音を発していて、これまたフリー感を増幅させています。どこでどういう音を出すかというのが勝負どころですが、バッチリです。(20年11月10日発売)

2020/11/22

Albores/Dino Saluzzi

2638 また新譜が5枚入ってきました。このところ集中してきますね。今日は、その中でも急いで聴かなければ、というのがあって、それをまずアップしていきます。実はこのアルバム、当初11月6日発売予定のところ、日本では20日になってしまい、HMVでは在庫なしでそれから8-15日かかるということで、価格は高くなるも在庫のあるAmazonに注文替えして先ほど届いたところです。ECMブログの毎日番号順という目標を達成するには29日アップ予定のこのアルバムを早く入手しなければ、ということで。それにしても1時間、バンドネオンのソロなんですけど、聴いていて全然飽きません(少なくとも私は)。まあ、ECM沼でしょうけれども。

 

Albores/Dino Saluzzi(Bandomeon)(ECM 2638)(輸入盤) - Recorded February - October 2019. - 1. Adios Maestro Kancheli 2. Ausencias 3. Sugen Me Cuenta La Vida - Milonga 4. Intino 5. La Cruz Del Sur (2da Cadencia) 6. Ecuyere 7. Ficcion 8. Don Caye- Variaciones Sobre Obra De Cayetano Saluzzi 9. Ofrenda -Tocata

(20/11/22)全曲ディノ・サルーシの作曲で、ソロアルバム。収録時間は61分。邦題は「夜明け」。バンドネオン1台でもジャズでなくても、けっこう聴かせてくれるアルバムかと。もちろんECM的な観点で、ということですけど。淡々と哀愁を含んだミディアムやスローの曲が続きますが、そこが彼の個性と思って、いいと思う人は少なくないはず。マンフレート・アイヒャーのプロデュースなので、そのあたりのことは計算済みなのでしょう。アルゼンチンの彼のスタジオでの録音ですが、やはりそのあたりのボーダーレスな空気感というのが伝わってきます。少し収録時間が長めですが、これを良いと感じるか、退屈だと感じるかは、聴き手に委ねられています。ソロでのメロディやコード、カウンターメロディなど興味はなかなか尽きません。

2020/11/20

What Comes Next/Peter Bernstein

Peterwhatcome 届いている新譜CDはこれで一段落。ただ、また数日で何枚か届くという、今年では珍しいペースになっています。さて、記憶では3月ごろのコロナ禍以降に収録された(しかもライヴ)アルバムというのは初めて聴いたような気がしてます。まあ、リリースだけしか分からないアルバムもありましたが。出てくる音はいつものピーター・バーンスタインですが、曲のタイトルとか、メロディにコロナの影響が見え隠れしてます。それでも演奏自体はセンチメンタルになったりはしていないですけれども。ジャズど真ん中のアルバムを聴いたのも久しぶりのような気がして、いいストレスの解消になりますね。

 

What Comes Next/Peter Bernstein(G)(Smoke Sessions Records)(輸入盤) - Recorded June 25, 2020. Sullivan Fortner(P), Peter Washinton(B), Joe Farnsworth(Ds) - 1. Simple As That 2. What Comes Next 3. Empty Streets 4. Harbor No Illusions 5. Dance In Your Blood 6. We'll Be Together Again 7. Con Alma 8. Blood Wolf Moon Blues 9. Newark News

(20/11/19)6曲目がスタンダード、7曲目がディジー・ガレスピー作、9曲目がソニー・ロリンズ作で、他は全曲ピーター・バーンスタイン作。収録時間は58分のライヴ。収録時期がコロナ禍真っ盛りのニューヨークで、それにちなんだと思われるタイトルの曲が目立ちます。ただ彼のことなので、それを考えないでもジャズど真ん中という感じのオーソドックスなジャズを聴くことができます。それでいて奇をてらっているわけではないけど、どことなく今っぽいサウンドもいい感じです。あまりセンチメンタルになることなく、現実を見据えています。メンバーも申し分ないし、けっこう良い演奏をこの時期の録音で聴ける(しかもライヴ)のは珍しい。アルバムにジミー・コブとハロルド・メイバーンに捧げると書いてあるので、それもひとつのテーマ。

2020/11/19

Rainbow Sign/Ron Miles

Ronrainbow ロン・マイルスは共演者がいいのでもう購入4枚目ぐらいになるかな?今回はブルーノート移籍第一弾です。やはり皆が目をつけていると、第レーベルからの発表になっていくのでしょうね。前から競演していたビル・フリゼールのギターが好きで買っています。ここでも69分、たっぷりと聴かせてくれていますけど、アップテンポの曲(やや速いくらいはあるけれど)がないので、そこで好き嫌いは分かれるかもしれないなあ、と思います。メンバーはもう文句なしの人選で、よくこれだけ今回も集められたなあ、と思います。もはやリーダーよりも参加メンバーで選んでしまっている気がしないでもないですけど...。

 

Rainbow Sign/Ron Miles(Cor)(Blue Note)(輸入盤) - Released 2020. Brian Blade(Ds), Bill Frisell(G), Jason Moran(P), Thomas Morgan(B) - 1. Like Those Who Dream 2. Queen Of The South 3. Average 4. Rainbow Sign 5. The Rumor 6. Custodian Of The New 7. THis Old Man 8. Binder 9. A Kind Word

(20/11/17)全曲ロン・マイルスの作曲。そうそうたるメンバー。収録時間は69分。15分台の1曲目は最初はフリー的にはじまるかと思いきや、だんだん曲としての全容があらわれて12ビート的なバラードで、メロディもはっきりとしてきます。キャラクターとしてはビル・フリゼールのギターが強く感じるか。淡々としているようでいて、少しダークな感じもする雰囲気がなかなか。2曲目以降も、ギターが個性的でやはり耳に入ります。やはり淡々とした感じの曲が多く、アップテンポはないです。のどかなロックという雰囲気の曲も。曲の形を成していながら、そこにゆるくくっついたり離れたりが面白い。4、8曲目は珍しくミディアムの4ビートの曲。一部変拍子(のように聴こえる)で攻める6曲目、7曲目も一部4ビートでも後半は語り合い。

2020/11/18

Lost Ships/Elina Duni/Rob Luft/Fred Thomas/Matthieu Michel

2689ECMの新譜3日目でECMは一段落。今回は分割出荷がうまくいかなくて、HMVに問い合わせをかけて強制分割出荷してもらいました。1月13日出荷予定では先過ぎるので。今日のElina Duni、アルバニアに関係する人で、アルバニアのトラディショナルも2曲入ってます。ECMでもこれが4作目かな?なかなか印象に残る人ではあります。今回はギターと、ピアノ(ドラムス)、フリューゲルホーンとの組み合わせで、シンプルでなおかつ浮遊感のあるサウンドを出していますが、エキゾチックな面もけっこうあって、インパクトはやや強めかなあ、と思います。やはりヴォーカルの強さと味ですかねえ。基本ジャズではないけど、いい香りです。

 

Lost Ships/Elina Duni(Voice)/Rob Luft(G)/Fred Thomas(P, Ds)/Matthieu Michel(Flh)(ECM 2689)(輸入盤) - Recorded February 2020. - 1. Balla Ci Dormi 2. Brighton 3. I'm A Fool To Want You 4. Numb 5. Lost Ships 6. The Wayfaring Stranger 7. Flying Kites 8. Lux 9. Kur Me Del Ne Dere 10. N'at Zaman 11. Empty Street 12. Hier Encore

(20/11/17)Elina DuniとRob Luftの共作が2、4-5、7-8、11曲目、イタリア(1曲目)、アメリカ(6曲目)、アルバニア(9-10曲目)のトラディショナル。他にフランク・シナトラの曲(3曲目)なども。収録時間は58分。相変わらずエキゾチックでフォークソング的な歌が印象的です。トラディショナルも哀愁たっぷりで、彼女ら自身の歌と雰囲気があまり変わらずに、時間が過ぎていく感じです。ECMにしては少し賑やかだなと思うも、曲の流れがいいのは、持ち込み音源だと思いますが、アルバム・プロデュースをマンフレート・アイヒャーがやっているからか。変則的なバックも、そのサウンドに浮遊感を醸し出しているようです。メロディがしっかりした歌やしっとりとした歌も多いですが、2曲目のように器楽的なメロディの歌も印象的。

より以前の記事一覧

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト