Twitter

無料ブログはココログ

カテゴリー「映画・テレビ」の11件の記事

2021/04/20

Akira(大友克洋作)のブルーレイとマンガ

210420akira 過去に割と大きく影響を受けたアニメというのがあって、子供の頃は別として、その一番大きかったものはAkira(映画)でした。私が20代の頃ですね。最近(’19年)Akiraのリマスター版ブルーレイのコレクター仕様が出たので買ってみました。

大友克洋のマンガは自分たちが高校生の時に話題になり(まだ初期の頃でしたね)、その頃から追っかけをしていたのでした。Akiraはコミックの方は’82-90年に連載、単行本も全6巻出てます。昨年、初版のマンガ単行本を高く買い取ってくれるところがあったので、1万円で買い取ってもらいましたが、今考えてみると子供たちに譲った方が良かったかなとも。「童夢」のあたりでその緻密な画力にはさすがと思わせるものがあったのですが、基本的にはそんなに長編は書かないマンガ家だと思ってました。それがAkiraで時間をかけて全6巻でしたので、むさぼるように読んだことを覚えています。彼自身の大作は前にも後にもこれだけなので。

映画の方は’88年ですか。もうそんなに経つんですね。まだ会社員をやっていた頃に2回ぐらい観に行きました。大友克洋自身が監督をやって、実際にアニメにタッチしていただけあって、その緻密な描写、建物などの細かい角の欠けまで線を描いてリアルな感じにするとか、近代的な街並みと、その荒れた景色の部分、不良と老人の描写力、色の独特な使い方、もういろいろありますが、アニメ映画もAkira以前とそれ以後に分けられるような影響の大きさです。エヴァンゲリオンシリーズにも影響を受けたと思われるところがいくつかありました。まだパソコンという言葉のない時代に、アナログ的な手法で、よくここまで作りこんだ映画ができたものだと思います。内容的には鉄人28号のオマージュとも書かれてますけど、それを知らなくても楽しめます。そしてAkiraとは登場人物の名前ではなく、それを探求していくストーリーにもなっていて、いろいろな意味で奥が深い映画になってました。

もう35年近く前の映画ですが、今観ても古さをほとんど感じさせないのは、その後の映画に影響を与え続けていたからかなとも思います。音楽CDならながら聴きができるけど、ブルーレイは集中してないと観れないので、あまり自分自身は買ってはいないんですけど、今回は特別です。ネタバレなしで書いたので、ちょっと内容的にアレなんですが、映画を直接観てみるのもいいんじゃないかと。まあ、映画はあまり観てないので深追いはしませんが、大友映画ではその前の「幻魔大戦」も面白かったです。アニメ映画の転換点として「宇宙戦艦ヤマト」をあげる人もいますし、まあ、個人的な感想として、ということで。

2021/03/16

映画のあとに、エヴァンゲリオンシリーズを観て復習(多少ネタバレ)

210316eva CDの新譜がなかなか来ないことと、やっと14日ぐらいで本当の意味で確定申告が終わったこと、仕事でのWeb研修の年間36時間クリアが昨日15日だったこともあって、今日までエヴァンゲリオンの旧作を合間に観てました。シン・エヴァンゲリオンの映画を観に行ったのが10日(水)のことで、長男が帰ってきた先週土日のうち土曜日13日にTVアニメ版のエヴァンゲリオンを通して観て、14日は長男が映画館に行ってそのまま帰った日で、彼が起きてくるまでの間に早朝から旧作の劇場版を観て、そして今日までに新シリーズの序破Q3部作を観てました。長男がエヴァオタクなので、ブルーレイが揃っているのも良かったですね。なぜか家に置いてあります。

もう8日に映画が始まってから少し経っていて、多少ネタバレがあってもいいんじゃないかとは思いますけど、最小限のことを書くと、シン・エヴァンゲリオンだけを観に行ってもけっこう楽しめるんじゃないかと思います。新劇場版の序破Qを観ているともっと楽しめるし、その上にアニメ版や旧劇場版を観ていないと分からないネタもシン・エヴァンゲリオンにはあったような気もします。一説にはTVアニメ版と旧劇場版はパラレルワールドの世界だそうですけど。だからこそ、「さようなら、全てのエヴァンゲリオン」という予告編の最後の言葉があったんじゃないかと。私は漫画版は見てないですが、これはコミカライズのようなので、まあ、いいかと思いました。

どのシリーズも最初は軽くて、どんどん重くなっていく(TVアニメ版の追加で作った25、26話も同じ)パターンなんですが、今回のシン・エヴァンゲリオンもそんな感じかなあと。そしていろいろな前作までの伏線が、描かれなかったものもあるとは思いますけど、丁寧にひとつひとつ解決されていきます。これも観る順番を逆にして、最新作を最後に観れば良かったなあ、とも思いますけど、究極は複数回観に行くことではないかと。多いみたいですね、そういう人。まあ、あとは時間と予算の余裕があればなので、ブルーレイが発売されるのを待つかどうかではありますね。復習とタイトルには書いてますが、実際には通して観たのは初のものが多かったです。しばらくこの余韻に浸りたいと思います。最後にエヴァオタクの長男の映画を観た感想は「エヴァ見た、なんもわからんかった、以上!」だとのこと。

(某月某日)復習をしたあとに2回目を観ましたが、内容がより分かるようになり、ディテールに発見もあって、見える景色が違いました。あとはブルーレイが出てからかな。

2021/03/10

シン・エヴァンゲリオンを観てきた(ネタバレなしというより内容書いてない)

210310eva 今日は朝6時過ぎから、税理士会の年間研修36時間を消化するために5時間のWeb研修を観てました。本当は、午後の部も含めて10時間観ようかと思っていたのだけど、それだと疲れるし、ふとストレス発散のために「シン・エヴァンゲリオン」が12時からTOHOシネマであるのを発見、11時過ぎに研修が終わったので、急いで昼飯を食べていってきたのでした。

ちなみに、私は以前のTV版とか劇場版は、長男が家でBlu-rayを見ているのを横で観ていた派であり、特に自ら進んで通して、というのではなく、映画初参戦です。でも長男が何度も観ているので、それである程度は知識があるというか。まあ、人それぞれでしょうが、それなりに映画館に人が入る理由は分かる気がします。

ただし、上映時間が3時間近くあるので、トイレには気をつけなければいけないかな。私も後半、水分を今日はあまりとってなかったけど、少し悩まされました。これはやはり映画館で観るべきであり、事前の前の映画とかの知識はなくてもいいけど、できれば前の映画(やTV版)を知っているともっと楽しめるかなあ、という気もします。で、あとは余分なことを少しでも書くとネタバレになりそうなので、書かないですけど。昔からのエヴァンゲリオンファンも、今回初めて映画を観に行く、という人も、まあ、観てください、ということで。

(追記)内容を含めてのことについてはBlu-rayが出る頃に、取り上げてみたいと思います。私にとっては観る価値があった映画ではありました。すでにYouTubeとかではネタバレ動画とかけっこう出てますけどね、制作側がネタバレ注意、って念を押しているので、それには従わないとね。そう言えば、映画のエンドロール観てたら、挾間美帆と鷺巣詩郎の名前が出ていた。どこに使っている曲だろう。まあ、このぐらいの情報はいいよね。許せ。

 

2012/12/17

El Encuentro/Dino Saluzzi/Anja Lechner(DVD)

5051
ECMのドキュメンタリー。日本語字幕はないけれど、英語の字幕はあるし、映像と音楽だけでもなかなかECMらしい、味わいのある内容になっています。一部はSounds And Silence/Travels With Manfred Eicher(ECM 5050)の中にもあった映像ですが、こちらはディノ・サルーシとアニヤ・レヒナーに掘り下げて、十分な時間、見せてくれる感じです。サルーシの伝統的なタンゴにとらわれない温度感が低めな、乾いた感じのバンドネオンもところどころで堪能することができるし。なかなか観ていて面白いドキュメンタリーです。ECMでの異種混合的なサウンドはこのような出会いの中で生まれるのか、と思ってもみたり。

El Encuentro/Dino Saluzzi(Bandneon)/Anja Lechner(Cello)(ECM 5051)(輸入盤DVD) - Released 2012.

(12/12/17)収録時間52分のドキュメンタリー。アルゼンチンのディノ・サルーシ(バンドネオン)とドイツのアニヤ・レヒナー(チェロ)の音楽と人間的な交流を軸に、前半はジョルジュ・グルンツとサルーシ、ティグラン・マンスリアンとレヒナーの会話や練習、演奏の場面などをちりばめ、徐々に2人の演奏場面、会話などがクローズアップされていきます。時に2人での練習やレコーディング風景、もっと大きい編成での、本来のタンゴ的な酒場でのライヴ、あるいはオーケストラの中での2人の練習や演奏会など、ECMならではの映像と音楽でせまってくるような雰囲気。El Encuentro/Dino Saluzzi(Bandoneon)(ECM 2155)というアルバムが’09年録音であるので、これが中心か。その前にはOjos Negros(ECM 1991)が’06年にデュオで録音。

2012/05/13

アニメ「BECK」最高!(今さらながら)

ある機会があって、アニメの「BECK」全26話を今さらながら観ました。最初の晩は2話までだったんだけど。昨日から今日の昼にかけて、町内会の仕事もこなしながら(って、朝の公園掃除は奥さんに行ってもらったり、午後のみこし作りの手伝いは、分かる人が多かったんで2時間ほどで帰ってきたんだけど)、睡眠時間を2-3時間ほどに削って、食い入るように続けて観てました。いや~、最高。

ロックのバンドものの話で、主人公がギターを全く弾けないところからの出会い、弾けるようになってライヴに参加して、ある意味頂点があって、その後日談、という形なんだけど。コミックも’00年から’08年にかけて出ていて全34巻。でも、ロックは演奏が聴こえてナンボなのと、そこまでお金がないからコミックは買わない予定ですけど。でも、ハロルド作石のマンガだったら、音が聴こえてきそうだな。水泳あり、バイトあり、いじめあり、いろいろ絡みながら話は進んでいきます。

「けいおん!」がブレイクしたのが’09年だったんで、それ以前にバンド関係のブレイク、あったんでしょうね。ストーリーも、平凡な1少年が、話の中に音楽業界の大変な部分も描写しつつ、実際にはあり得ないんだけどありそうなストーリーで頂点を経験していく、感動ものの展開でした。単なるサクセスストーリーではないのが、いいところ。

女の子との関係も気になるんだけど、何人かの女の子が登場して、役としては絡んでは離れていく、みたいな、青春時代にありがちな描写を自然にしているのがいい。これまた特定の女の子との恋のハッピーエンドにしなかった(軸はあるけれど)のが、ティーンエイジャーが主人公のアニメとしてはいいんだろうなあ、と思います。

実際の人生ってそうだけど、ハッピーエンドで物語は閉じない。常にその先どうなるか、ってのがあって、しかもその先は良さそうだな、と思わせておいての物語のエンド、なかなかいいですね。

自分がやっぱり昔、バンドを中学の時にはじめて、レベルはBECKとは比較にならないけど、20代あたりまで断続的にバンドをやっていたのとカブります。バンドはメンバーの高度なテクニックなんじゃなくて、このメンバーじゃないと置き換えができない、というところ(ある意味相性とか友情)が大事なんだよね。まあ、自分もそうは言いながら、いろいろバンドをかけ持ち、学生時代はやってましたが。

改めて言います。「BECK」最高です。


(追記)アニメができたのは’04-05年で、マンガの方は’08年まで連載があるんですよね。ということは、その先がマンガで見れるんでは。そうなってくると、マンガの単行本の全34巻、買おうかどうか悩みます。

2012/04/20

「坂道のアポロン」のアニメとマンガ

マンガとかアニメで一番重要なのは、登場人物のキャラクターである、って有名な原作者の方(小池一夫さんだったかな?)が言っていたような...。それが自然に動き出してストーリーが展開される、ってパターン、だと私は思ってます。でも、そう考えてしまうと夢がないか(笑)。

「坂道のアポロン」は小玉ユキさん作のマンガです。昨夜アニメで第2話を観ました。深夜時間帯なんで、自分にとっては12時を過ぎると眠くなってきついんですが。けっこう面白いんだけど、やはり少女漫画なんで、人と人、愛や恋が濃くも淡くもぶつかるようなストーリー展開になりそうで。

ジャズファンの間ではジャズマンガで期待されてますが、私なんかもアニメでジャズが出てくるだけでうれしくなってしまう。でも、あくまでもジャズは道具。それは「けいおん!」にも言えることですが、「けいおん!」ではバンドブームがおきたけど、「坂道のアポロン」でジャズブームはおきるのか。バンドとジャズの市場規模はけっこう違いますもんね。

アニメではジャズメンが音の演奏をして、その実際の動きをアニメに移して、ということをやっていて、第1話のドラムソロがリアルな動きをしていたのを見ただけで、私としては満足です。曲はうまく使われているけど第2話の「サマータイム」のタイトルの曲は使われておらず、練習風景は「バグス・グル―ヴ」でした。でも、練習風景も、なかなか。

ただ、マンガの単行本の方は、パラパラと少し読んでみたけど、ふつうの少女漫画のようで、今のところは買うのを様子見です。音が出てきませんし、自分はおっさんなんで若い頃の感性を思い出せるかな、とも思いますしね。でも、世間のマンガ単行本の売れ行きは、アニメ化もされたし、けっこうあるようですよ。「私も買いました」というネットの書き込み、多いですもんね。自分の求めるものはアニメの方がより近いかな、と思います。

そんなわけでアニメの今後に期待してます。せめてビデオに録って、次の日に観れればいいんですけど、ビデオのHDDがいっぱいになりかかっていて、チャンネル権のない私にはつらいです(笑)。

アニメ「坂道のアポロン」の公式サイトはこちら

2011/09/14

Sounds And Silence/Travels With Manfred Eicher(DVD)

5050
マンフレート・アイヒャーを5年かけて追いかけたというドキュメンタリーだそうです。DVDとBlue-rayの2種類(両方ともECM 5050で同じ)出てますが、私はDVDを買いました。ボーナストラックとして、予告編とマヌ・カッチェのスタジオ録音が1曲入っています。これを見るとECMはどんなレーベルか、マンフレート・アイヒャーはどんな人物か、より見えてくるんじゃないでしょうか。英語、ドイツ語、フランス語を選べるようになっていて、まあ、語りはそれほど多くないので、字幕で何とかいけると思います。そしてミュージシャンにも興味はありますし。値段も手ごろだし、最近のECMが気になる方は買って観てみることをおススメします。


Sounds And Silence/Travels With Manfred Eicher(ECM 5050)(輸入盤DVD) - Released 2011.

(11/09/13)ECMのマンフレート・アイヒャーのドキュメンタリー。アルヴォ・ペルト(録音風景)、エレニ・カラインドルー(ライヴ前、練習)、ニック・ベルチュ(録音風景)、アヌアル・ブラヒム(ライヴ前、練習)、ジャンルイジ・トロヴェシ(練習、録音風景、ライヴ)、マリリン・マズール(録音風景)、ディノ・サルーシ(録音風景、ライヴ)、ヤン・ガルバレク(ライヴリハ)その他、いろいろなミュージシャンをとらえつつ、語りも入れたり、何よりもアイヒャーの音への関わり方がかなりよく分かる内容になっています。彼が映像にここまで出たことがあったろうか、という点でも貴重。また、ヨーロッパを中心とした、世界各地の風景なども映像が入っていて、観る人を飽きさせないようになっています。なぜECMがボーダーレスなのか、ということもよく分かる内容。

2009/05/28

NHK「おはよう日本」の、「まちかど情報室」再放送

NHK「おはよう日本」の、「まちかど情報室」で、私が出演している放送が、再放送されることになりました。もういいや、という方はスルーしてください(笑)。(4月15日-16日に放映されたものと同じです。)

5月29日(金)朝5時半-6時のうち2分間
5月29日(金)朝6時半-7時のうち2分間
6月1日(月)朝4時半-5時のうち2分間

いずれも同じ内容の放送です。

2009/04/15

NHK「おはよう日本」「まちかど情報室」に出ました

今朝は早起きして、NHK「おはよう日本」「まちかど情報室」を見ました。やっはり自分が出演していましたね(笑)。

私が使っていたおもちゃ、セガトイズの「LIVEDREAM」は下記のホームページです。

(’16年追記)元のページは削除済みです。

今日のNHKでの紹介商品

(’16年追記)元のページは削除済みです。

端から見ると、私、けっこう太って見えるもんなんですね。いえ、実際太ってるんですが(笑)。わずか2分の放送でしたが、うまくまとめてあると思います。ちなみに、私が演奏した曲は「哀愁のヨーロッパ」と「Purple Haze(紫のけむり)」でした。(ほんの一部しか取り上げられなかったですけど)

本当はインタビューはかなり長かったのですが、それはアナウンサーの説明で補足がされていました。まあ、こんなもんでしょう(笑)。いい経験をさせてもらいました。

商品紹介が主なので、そちらの方もよろしく。

(追記)5時台のTV(5時41分頃から)と6時台のTV(6時47分頃から)とではちょっと編集を変えてありました。同じ放送が、まだ明日(16日(木)の朝4時台(4時半-5時の間の2分間)があるそうです。起きるにはちょっと早いかなと思うので、興味のある方は録画してみてください。

2004/08/28

映画「スチームボーイ」

映画「スチームボーイ」がもうすぐ終わってしまうというので、昨夜観てきました。9年をかけて制作された超大作だというのに、観客動員数も少なめで、評判もあまり良くないということで、漫画家初期以来のここ数十年の大友克洋ファンの私としては、これは黙ってはおれないと、やっぱり見に行くことにしました。

あちこちに出てくる蒸気(スチーム)や蒸気機関のメカの書き込み、背景やいろいろなものの緻密さ、その動き、そして19世紀イギリスの描写のリアルさや、カラーの使い方をうまく色あせさせているところなど、見どころはいっぱい。暗くてしかも細かい場面が多いので、これはビデオになってからよりも映画の大画面で観るべきだ、と思いました。

ただ、劇場に観に来た人も小さい子供はほとんどいなくて、大人が多い、というのは、なぜか。ストーリーを追いかけると、主人公のまわりは、明確な勧善懲悪な感じではなく、主人公のお父さん、おじいさん、その他周りの人たちがどちら側についているのか分かりづらく、主人公の味方だったと思ったら実は、なんてことがあって、やはりそういう面ではストレスを感じる人もいるのかな、と思いました。またキャラクターの立て方も、もっと掘り下げた方が良いとか、明確にした方が良いとか、という意見があるのも何となく分かります。ただ、よく言われるジブリ的な印象、というのは、確かに基本設定としては似ている部分もあるのかもしれませんが、私はそういうイメージはありませんでしたが。

やはりこのスペクタクルの一大絵巻は大友ワールド以外の何モノでもなく、126分を飽きさせず観てしまったのは見事。そういう私は、この映画に関しては、画面をずっと注視していたように感じます。これだけの絵の書き込みはよそではなかなかありません。やっぱり、大人向けのアニメ映画なのかな、という気がしています。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 Criss Cross1051-1100番 Criss Cross1101-1150番 Criss Cross1151-1200番 Criss Cross1201-1250番 Criss Cross1251-1300番 Criss Cross1301-1350番 Criss Cross1351-1405番 Criss Crossレーベル ECM1001-1050番 ECM1051-1100番 ECM1101-1150番 ECM1151-1200番 ECM1201-1250番 ECM1251-1300番 ECM1301-1350番 ECM1351-1400番 ECM1401-1450番 ECM1451-1500番 ECM1501-1550番 ECM1551-1601番 ECM1602-1650番 ECM1651-1701番 ECM1702-1750番 ECM1751-1801番 ECM1802-1851番 ECM1852-1900番 ECM1901-1950番 ECM1951-2000番 ECM2001-2050番 ECM2051-2101番 ECM2102-2150番 ECM2151-2200番 ECM2201-2250番 ECM2251-2300番 ECM2301-2349番 ECM2350-2400番 ECM2401-2450番 ECM2451-2499番 ECM2500-2550番 ECM2551-2600番 ECM2601-2650番 ECM2651-2701番 ECM2702-2750番 ECM3901番-(アナログ) ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) ECM5501番-(音楽DVD)他 ECM5801番-, ECM SP(ジャズと詩) ECMレーベル ECM未分類(雑記含む) Enjaレーベル Hatologyレーベル J-POP JAPOレーベル JMTレーベル Winter&Winterレーベル ウェブログ・ココログ関連 オーディオ クラシック・現代音楽 ジャズ ストリーミング パソコン・インターネット フュージョン・ファンク ライヴ・コンサート ロック・ポップス 上半期・年間ベスト 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 映画音楽・サウンドトラック 書籍・雑誌 楽器 澤野工房 音楽

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト