共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

カテゴリー「パソコン・インターネット」の119件の記事

2021/12/08

ミクシィ(Mixi)を退会しました

ミクシィを昨夜退会しました。もう’05年2月からの登録で、番号も40万ちょっとだったので、今からすれば登録は早い方でした。そしてミクシィの会員が数千万人になって、その中の動きが活発だった全盛期も体験しています。10年ほど前に衰退して来て、自分も退会を決めていたのは5年くらい前になります。

けっこう首を突っ込んでいて、コミュニティを作ったり、引き継いで管理人や副管理人になっていたものもいくつかありました。でもだんだんFacebookやツイッターなどに軸足を移行する人が増えてきて、今ではやり取りしていた人もほとんどなく(しいて言えば1人)、コミュニティとしては自分の周りでは終わっていました。管理人などもおりて、自分の作ったコミュニティも3年ほど前に削除してあります。ただ、日記の部分が、CDの購入履歴を書くには適していたので、それを使っていただけ、っていう感じでしたかね。

Facebookの方も、以前活発に書き込みをしていた人が書かなくなってきたりして、衰退の兆候は見られますけど、それでも少しは活発には動いています。ミクシィ、今ではSNSがメインではなくなって、ゲームの方でだいぶ利益を上げているらしいです。ここで去るのも少々残念かな、とも思いますが、CDの購入履歴を書くだけならほかのSNSでもできますし。まあ、退会の決断を先送りしていただけだったので。少し身の周りを整理しておかないと、と思いましたし。

少しやり取りのあった1人には連絡しておこうと思って携帯のメアドにメッセージを入れたのですが、メアドを変更してしまったのか、連絡がつきませんでした。ここを見ていてくれればいいのですが。(8日追記)今朝連絡がついて、ホッとしています。

2021/12/06

「mora qualitas」が来年(’22年)3月にサービス終了

ソニー系の「mora qualitas」がサービス終了へ。来年3月とのことですが、ストリーミングって、このようにサービスがいきなり終わるからこわいですね。ここはダウンロードもありましたね。けっこう真剣に物(CD)を処分してストリーミングへの移行を考えていた時期があったんですけど、結局物で持っていた方が強いということなのかな。Amazon Music HDやiTunesなど、ハイレゾを扱うライバルが月額980円を打ち出しているのに、2千円以上の価格も厳しかったかな。コンテンツもライバルに比べて少ないそうだし。まあ、私が使っているサービスではなかったので、もうしばらくいろいろ考えてみることにします。

私の場合、最初にAmazon Music HDというサービスができることを知って、それを前提に対応するネットワークプレイヤー(マランツ NA-6006)を購入した、といういきさつがあって、仮にAmazonがこのHDサービスをやめるということがあったとすれば、かなりの痛手になります。AVアンプのRX-A3080も単体で、今年2月からAmazon Music HDに、ファームウェアのヴァージョンアップで対応できるようになっているので、そちらの方でも便利ではあります。まあ、Amazonのことだから、撤退はあり得ないとは思いますが。日本のサービスではe-onkyoが外資に買収されてしまったりと、いろいろあったようですけど。

特にハイレゾではなくても、元々の音が良ければCD規格でもけっこういい音で聴けるので、ちょっと前にSpotify Hi-Fiの計画があることが記事になってましたが、具体的にいつ始まるのかが分かれば、2つ契約してもいいかなあ、とは思っています。これはオーディオのハード面での都合でもありますけど。まあ、突然アルバムが増えたり、無くなったりもあるので、ストリーミングだけに頼るのはまだ早いかなあ、とも思いますが。

2021/10/11

ホームページにあってブログにないアルバムの探し出し

以前、ブログにホームページのアルバムを全部移して、ホームページは廃止を考えていた時期がありました。その時はホームページのアルバムコメントの手直し作業の途中だったので、そんな余裕は全然なかったのですけど、それも昨年の7月に終了。そして今年の7月ぐらいから、その移行作業を再び始めました。

アルバムコメントの直しの作業は、何から最初にやっていったかというと、まずM-BASE関係のミュージシャンの半分くらいを’99年のうちにやってしまったかと思います。なので、これらを先に手をつければいいんですけど、読者にとって面白いかどうか、という点では、今になってまとめて紹介するのもどうかなあと思い、他のミュージシャンのセレクトもしてみました。例えばビル・フリゼールあたりが面白いのでは、と思ったのですが、実際にアルバムコメントを直す作業は’12年頃に行ってます。そうすると、ブログ開始前(’04年5月以前)でかつ、ホームページのアルバムコメントの直しをはじめた’99年以降のアルバムしか未掲載のものがなくなっているんですよね。当初リーダー作が17枚あると思って調べた結果、ブログ未掲載のものは6枚という結果になりました。このあたりなかなか難しいですね。

結局、全部移行するということは、1枚1枚ブログ検索をかけていって、重複がないか調べる作業が膨大になってしまいますし、20年くらい前のアルバムをまとめて今紹介しても、あまり面白くないかもしれない、と思っています。まあ、全部は無理にしても、やれるところまではやってみたいとは考えていますけど。これも前に書いてますが、’99年以降のCDはCDラックにランダムに突っ込んだものが多いので、探せずにストリーミングで聴いてアップすることも増えてきました。探すのが手間取るのといちおう1枚1枚聴き直しながらのアップですので、これからはほぼ毎日更新は難しくなる可能性があるので、その点はご了承ください。

もともとアルバムコメントの直しの作業が終わったら、ゆっくりする宣言はしてるのですが、もう今まで何回同様の宣言をしたのかは、覚えてないくらい書いていますね。気長にお待ちいただければ、と思います。

2021/09/30

ジャズのホームページが24周年

’97年の9月30日から始めたジャズのホームページが、今日で24周年になりました。時の経つのははやいものです。仕事方面の私を担当する取引先の人も、私の次男より若い人が来たりして、そう言えば自分ももう還暦になったんだなあ、とも思いました。長年やっていると、その都度知り合いのホームページやブログの友人が、徐々に入れ替わってくるのが分かります。突然音沙汰が無くなる人もいて、まあ、これは具体的にご本人とお会いしてない人が多いので、やむを得ないことかなと思います。私もいずれ、そういう時が来るだろうな、と思いながら、日々更新をしています。また、以前このホームページを読んでくださった方々が、’70年代以降のジャズを好きになったり、一部ではプロの物書きになって活躍されているのをうれしく思います。

基本的には、ホームページの方で文章を作って、それをコピペでブログに移し、前文を書くという作業をしているので、両方とも、まだ動きはあります。ただ、ホームページの方はアクセス解析もだいぶ前に取り払っていて、トップページのカウンターがあてにならないので、今現在トータルでどのくらいのページビューがあるのかは分かりません。それでも昨年中にアルバムコメントの修正作業は終えているので、だいぶ気が楽になりました。今は、ホームページ初期から、ブログがはじまる’04年5月30日の間に書かれたコメントのうち、まだブログにあげてないアルバムを、移す作業をしています。これが、どこをどう変更したという古い記録がほとんどないので、該当アルバムをリストアップするのがなかなか大変です。でも探せれば、コメントを昔のまま掲載することが多いので、負担は減りますけど。

まだ元気ではありますので、何とか来年の25周年までは、そのままのペースで出来ればな、と思います。コロナ禍でもあり、自分の興味の対象も昔に比べ狭くなってきているので、新譜の購入枚数は以前よりも減ってはいますが。ストリーミングで聴いて終わりにするアルバムもありますが、追いかけているミュージシャンはできるだけCDで持っていたいです。なので、やっていることは基本的にはあまり変わらないんじゃないかとは思います。これからもよろしくお願いします。

2021/07/11

Google検索に好かれるときもあれば嫌われるときもある

私の持っている2つのホームページ(仕事用含む)と2つのブログの、ここのところ(この1-2週間ぐらい)の検索からの入り込みが少なくなっています。当然のことながらページビューもその分減ります。Google Consoleという、検索の入り込みを見ることができるアプリからも、そのことは証明されてます。原因は何だか分からないのが正直なところで、思い当たるのは、趣味のジャズのホームページ、ブログの方は、コピペして同じ文章のコンテンツが多いということぐらいかな。同じ文章を複数のところに置いておくと、Googleのアルゴリズムでは検索順位が下がるからです。まあ、以前にも上がったり下がったりがあったので、長い目で見ればあまり気にする必要はないのですが。Googleの方も定期的に検索のアルゴリズムを変えていて、その内容が分からないので、何とも言えないところですし。

私は商売ではホームページにほとんど頼ってないので、検索順位を気にしていないため影響はないのですが、他の人や会社がやっているネット販売などではSEO対策を大金をかけてやったり、検索順位が売り上げに大きく影響するため、だいぶ前からそういうことは聞いています。それだけ今はGoogleの影響が大きいってことですね。私は特にSEO対策はやってないのですが、強いてあげるとすれば、タイトルにCDとか、そのものズバリを持ってくる、ということだけでしょうか。

昔はホームページやブログのトップページにブックマークを置いていて、そこを順番にまわっていく、ということが多かったようですけど、今は知りたい用語や言葉を検索かけて拾っていく人の割合がだいぶ増えてます。私のところでも半分以上がそういうアクセスのようです。結局自分の力でアクセスを取りに行く、という積極的な気持ちがあまりないので、まあ、結局はなすがままに、ということになってしまいますけど。知りたいことがあって、私のところに来てくれる偶然性がある程度あれば、まあ、良しとしなければ。

2021/06/14

Amazon Music HDの値下げ

Amazon Music HDが値下げされたそうで、うれしいニュースです。私の場合、ポータブルでもPCでも使ってなくてマランツのオーディオのHEOSを経由してオーディオだけで使っているという、特殊な使い方なので、あまり参考にならないかと思います。利用方法も、出会いを求めていろいろ聴くというよりは、新譜チェックとか、手持ちのCDを出すのが面倒なので、ストリーミングで聴いてしまうなど、目的がはっきりしていました。なので値段についても、月に購入をセレクトするCD1枚分の節約になるのならと、月額1,980円も、まあまあ納得しての利用です。少し前まで、これ以上は下がらないとも思ってましたし。でも、値下げで月980円(圧縮音源のUnlimitedと同額)になるのなら、これ以上のことはありませんね。もともと流しっぱなしではなくて、聴きたいときだけに聴いているので、もったいなかったかな、という感じも少ししていますし。

Amazon Music HDはハイレゾまでカバーしているので、音質的にはけっこう満足しています。よく聴く音楽にハイレゾのもの(Ultra HDですね)がたまたま多いということもありますし。でもポータブル環境の方はWifi以外で聴いていると、データ量が大きく、すぐにパケ死する可能性もあるので、その点見極めてからご利用ください。ただ、どこかで見たのですが、設定で、Wifiの時だけHDにする、ということも設定できるような場所がありました。その写真をネットで見たときに保存しておけばよかったかな。

値下げ分で、もう1社くらいストリーミングを選びたいなあと思っていますけど、今年後半にSpotify Hi-fiが出てきたら、考えようかと思ってます。まあ、これはその時になってみないと分からないですが。Apple Musicもハイレゾ配信をはじめたし、音楽を何で聴くか、の勢力図がこれから変わっていきそうですね。

2021/01/25

ホームページのリンク集

So-netのホームページが28日15時に閉鎖されるのに伴い、リンクさせていただいている何人かの方が、移転先が決まったり、これで終了宣言をされていたりで、私のホームページのリンク集に手を加えました。昔はお互いに訪問したりするために、検索エンジンも発達していなくて、リンク集が必要だったんですね。それを元に記事が更新されているか訪問してました。当時はネット上をうろうろすることをネットサーフィンとも言いましたが、これも死語ですかね。

私は基本的に相手がホームページだとホームページから、ブログだとブログからリンクさせてもらってます。最近はブログでもリンク依頼って減ってきましたし、検索エンジン中心に歩いている感じがしてます。特にジャズの個人ホームページは、ここ10年ほど新しいところがほとんど出来ていなくて、個人的な、あるいはプロバイダーの都合など、いろいろな事情で減っていくことが多いです。ブログも増えるのと減っていくのとあるので、もうどうか分かりませんね。

私のリンク集も、最盛期の4分の1くらいに減ってしまったかな。閉鎖したところ、あるいは移転先が分からないところが最も多いですけど、今回はもう10年以上更新してないサイトや、あるいは私のところへのリンクを外してしまったところも一部減らしました。実は私のホームページ、4年前にアドレスをプロバイダー都合により移転しているのですが、その時はもうあまりホームページに関わっている人が多くなく、まだ昔のアドレスがリンク先になっている方も多いです。まあ、そういうのはいいとして。いずれにしても私のリンク集って、私以外は使ってないだろうなと思えるほどに廃れてきてしまいました。ホームページという形態でも、リンク集自体廃止された方もいますし。まあ、自分用として、しばらくは使っていくつもりです。でも、今後も個人ホームページって減っていくんだろうな、と改めて考えさせられることになりました。

(追記)そう言えば、昔はホームページのトップページにあるカウンターを進ませるために「リンク及びブックマークはトップページに張ってください」という注意書きのあるホームページ、割とあったなあ。そしてキリ番でプレゼントをするホームページ運営者もいたし。

(1月30日追記)昨年の12月上旬にも同じようなことを書いてあったので、そちらは削除しました。書いたことを忘れるなんて、歳はとりたくないものです(笑)。

2021/01/19

デスクトップパソコンのメモリを4GBから8GBへ

210119memory 一昨年暮れにデスクトップパソコンを買ったときは、その5年前に買ったパソコンよりもスピードが速くなっているだろうとの仮定で、安いパソコンを買ったんですね。実際に速くなってはいたけど、Corei3のパソコンだった(その前はCorei7)のと、メモリが4GBしかなかったでした。当初はそんなに不満はなかったのですが、最近のWindows10の大型アップデートで、なんだかもっさりと遅くなってしまった気が。そういうわけでメモリを8GBへ増量しようとしました。Vista時代まではメモリの増設はよくやっていたのですけど、それ以降は買うパソコンのメモリは必要かつ十分だったので、やってませんでした。

そして、やらかしてしまったのでした。メモリの互換性というものを考慮に入れずに買ってしまったので、最初はDDR3のメモリを買ってしまい、溝が合わなくて残念な結果に。まあ、3千円台だから勉強料だと思って、その後すぐDDR4のメモリを買いました。メモリの型式が違うと相性が悪いことは知っていたので8GBの1枚ものを買って入れ替えるかたち。今度はピッタリとハマりましたね。

まあ、ビジネス用の非力なパソコンなので、起動時、終了時に時間がかかるのは同じなんですが、起動して落ち着いてからが、ソフトの立ち上げとか、画面の切り替えとか、やはり速くなりました。最近は画面の切り替えにも一呼吸おくかたちだったので、だいぶストレスが減りました。ただ、メーカーの保守を受けているパソコンなので、何かあった時に修理依頼する時は、元のメモリに戻してくださいとのこと。まあ、これも経験あるので分かります。とりあえずは、仕事でイライラするスピードでなければ、たいていのことは大丈夫です。

2020/12/10

Windows10の大型アップデートをやったら1日かかってしまった

昨日の朝早くから仕事を少しやり、朝8時ごろにWindows Updateが来ているので、それをやりました。それは短くて済んだのですけど、20H2の大型アップデートが待ちの状態になっていて、それをやろうかと思ったのが朝の8時半ごろ。持ち歩きに使っているノートバソコンと同時に始めました。どちらもCore i3ですがノートパソコンはSSDなのかどうか、割と早く、1時間半ほどで終わってしまいました。ところがメインのデスクトップパソコンが意外に時間がかかり、トータルで終わったのが19時近くなって。まあ、デスクトップの割には貧弱なパソコンを使ってはいるのですが、その間はメールのやり取りもできず、困りました。ダウンロードよりもインストールに非常に時間がかかっていましたね。それまでは1909のヴァージョンでした。

時間がかかってもお昼前には終わるとは思っていたのですが、甘かったなあ。お昼休みを長めに取ってもまだまだ終わらず。仕事はノートパソコンと手作業で出来ることしかやれませんでしたが、急ぎの仕事もなく、メインのパソコンをバリバリ使う日ではなかったのが救いです。ビジネスパソコンはやたらに新しいヴァージョンを入れない、という鉄則も守ってなかったですし、ちょっと見込みの甘さに反省してます。残りが1台ありますけど、それは土日でやってみようか、それともそのままにしておこうか、とか。

そして終わってしばらくは挙動が遅かったのも残念感を強くしていて、ネットにつながるのに一呼吸おくようになってました。これはキャッシュの関係なのかどうか、だんだん元通りにはなりつつありますけど。もともとは朝パソコンが遅くなったのが、Windows Updateのタイミングだったので、そこからズルズルと。まあ、スケジュール的には大事な仕事をつぶさなかっただけ良しとしなければならないでしょうね。

新しい機能も入っては来ているようだけど、ちょっとそれはまだ見る余裕がありません。それはまたの機会にということで。

(10日追記)問い合わせたら、大型アップデートのあとは、1-2日かけてHDDの内容が整理され、またHDDのスピードが上がってくるんだそうです。

2020/12/06

18年ぶりにヤフオクを使ってみた

今回、久しぶりにヤフオクを使ってみました。前回利用したのは、何と’02年のことで、18年ぶりになります。確か’01年から売り手、買い手ともに手数料を取るようになって、’02年に引き落としをやめて脱退したことになっていたと思ってました。(今は再び買い手側は手数料がかかっていないようですね。)その時には欲しい中古CDはだいたい入手出来ていましたし。IDと、私の取引履歴は4件だけ残っていて、今回の復帰も簡単でした。少なくとも20回は買っていたと思うのだけど、評価が4件残っていただけでもありがたいです。確かその頃から大手通販を利用し始めて、輸入盤新譜に比重が移っていった記憶があります。

昔は落札後に銀行や郵便局に走って、振り込んだ後に発送されるような仕組みになっていたと思います。そのように手作業的なものなので、こっちがまだ振り込んでないのに送ってきたりしたケースもあって、なんとものどかな取引だったですね。久しぶりの落札だったので戸惑いましたが、説明や発送側からのメールで何とか手続きは完了したようで、ホッとしました。

ただ、これからヤフオクをよく利用することになるかというと、限定的だと思います。今は中古店のサイトも充実しているし、Amazonなどでも中古の販売を行っています。選択肢がけっこう増えているんですね。7-8年前はAmazonで中古をよく買っていたこともありましたし。それでもヤフオクでの品数の豊富さは、無視できないものにはなってますね。あとはなるべく高価な買い物にならないように注意しなければなあ、と思っています。即決のものも割と多めだし、しばらくは注視していきたいと思います。

ところで海外からの通販は、若い時英語の仕事もやってましたがほとんど忘れていて、Amazonのマーケットプレイス以外は、誰かに頼んで代行してもらったことが2-3回、あとはECMのサイトからの直接購入が2回ぐらいというところでしょうか。特に今はコロナ禍で海外の郵便事情等が不安なので、ますます遠のいていきそうです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 Criss Cross1051-1100番 Criss Cross1101-1150番 Criss Cross1151-1200番 Criss Cross1201-1250番 Criss Cross1251-1300番 Criss Cross1301-1350番 Criss Cross1351-1400番 Criss Cross1401-1450番 Criss Crossレーベル ECM1001-1050番 ECM1051-1100番 ECM1101-1150番 ECM1151-1200番 ECM1201-1250番 ECM1251-1300番 ECM1301-1350番 ECM1351-1400番 ECM1401-1450番 ECM1451-1500番 ECM1501-1550番 ECM1551-1601番 ECM1602-1650番 ECM1651-1701番 ECM1702-1750番 ECM1751-1801番 ECM1802-1851番 ECM1852-1900番 ECM1901-1950番 ECM1951-2000番 ECM2001-2050番 ECM2051-2101番 ECM2102-2150番 ECM2151-2200番 ECM2201-2250番 ECM2251-2300番 ECM2301-2349番 ECM2350-2400番 ECM2401-2450番 ECM2451-2499番 ECM2500-2550番 ECM2551-2600番 ECM2601-2650番 ECM2651-2701番 ECM2702-2750番 ECM3901番-(アナログ) ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) ECM5501番-(音楽DVD)他 ECM5801番-, ECM SP(ジャズと詩) ECMレーベル ECM未分類(雑記含む) Enjaレーベル Hatologyレーベル J-POP JAPOレーベル JMTレーベル Winter&Winterレーベル ウェブログ・ココログ関連 オーディオ クラシック・現代音楽 ジャズ ストリーミング パソコン・インターネット フュージョン・ファンク ライヴ・コンサート ロック・ポップス 上半期・年間ベスト 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 映画音楽・サウンドトラック 書籍・雑誌 楽器 澤野工房 音楽

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト