共同企画(’21年終了)

無料ブログはココログ

« Tributes/Antonio Farao | トップページ | ハインドサイト-ライヴ・アット・ラ・セーヌ・ミュージカル/エンリコ・ピエラヌンツィ、マーク・ジョンソン、ジョーイ・バロン »

2024/06/29

マンガ単行本「Blue Giant Momentum/石塚真一著」第2巻が出た

240628bluegiant 元々は日本編の「Blue Giant」5巻が出た’15年に、そこまでの5冊をまとめ買いして初めてブログに記事を書いてます(全10巻)。そこから「Blue Giant Supreme」のヨーロッパ編(全11巻)、「Blue Giant Explorer」のアメリカ編の旅をしているところ(全9巻)、そして、この「Blue Giant Momentum」のニューヨーク編(今日出たのは第2巻)と、かれこれ10年近くつきあっているわけなんですね。

最初のうちは日本の中でのことなので、取材もそこそこできたろうし、想像で描ける部分も多かったのでしょうが、さすがにだんだんステップアップしてきて、Number8氏がExplorerからStory Directorとして参加し、Momentumでは原作者になっています。それだけジャズその他周辺のことに関しても、リアリティが要求されるようになってきたということかもしれません。若干ですが、ジャズ好きにとって見てもストーリーの内容が高度になってきているなあ、と思います。それが吉と出るか凶と出るか分かりませんが。

今回の第2巻、演奏シーンは後半に少しありますが、あとは4人のメンバーの日常生活(アルバイトや、酔っぱらっていたり、他のミュージシャンの手伝いとか)がメインになってくるので、少々流れ的には停滞するかもしれないですけど、人間関係をちゃんと描いていて、これもなかなかそれぞれのメンバーの性格を浮き上がらせるのに役立っています。なんでわざわざ回り道をするかね、と思っても、その描写を見ることが楽しみのひとつでもあります。主人公の宮本大が世界一になるという結末に向かって、あとどのくらい時間がかかるか分かりませんが、新たなミュージシャンも出てきたことだし、ゆっくりと楽しむことにしましょうか。

ジャズをうんちくで語らないジャズマンガ、青年漫画っぽくていいですね。できれば雑誌で先にどんどん読みたいところなんですけど、そこはグッと我慢して、単行本で出るのを待っています。

« Tributes/Antonio Farao | トップページ | ハインドサイト-ライヴ・アット・ラ・セーヌ・ミュージカル/エンリコ・ピエラヌンツィ、マーク・ジョンソン、ジョーイ・バロン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Tributes/Antonio Farao | トップページ | ハインドサイト-ライヴ・アット・ラ・セーヌ・ミュージカル/エンリコ・ピエラヌンツィ、マーク・ジョンソン、ジョーイ・バロン »

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online

アマゾンへのリンク

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト