共同企画(’21年終了)

無料ブログはココログ

« Unwritten/KAZE | トップページ | 春の祭典/ヒューバート・ロウズ »

2024/02/24

ピュア・デスモンド/ポール・デスモンド

Paulpuredes CTIのSACDでまだブログにあげてないものを、時間ができたので聴いていきます。当時’70年代はジャズ不毛の時代とも言われていて、その中でセールスにおいてはCTIがクロスオーバーやジャズで注目されていました。例えばこのアルバム、往年の名手を使ったジャズで、有名曲を多く演奏していて、しかもわかりやすいところが受けていたのではないかと思います。かくいう私も中学時代にリアルタイムでこのレーベルの音楽に、けっこう影響を受けました。まだ’50-60年代ジャズの黄金時代に近い時期でもあったんですね。’80年代にジャズがまた盛り返すことになるのですが、その間を埋める形で、このレーベルの役割は、賛否両論あれど、重要だったんではないかなあ、と思います。

 

ピュア・デスモンド/ポール・デスモンド(As)(CTI)
Pure Desmond/Paul Desmond(As)(CTI) - Recorded September 1974. Ed Bickert(G), Ron Carter(B), Connie Kay(Ds) - 1. Squeeze Me 2. I'm Old Fashioned 3. Nuages 4. Why Shouldn't I 5. Everything I Love 6. Warm Valley 7. Till The Clouds Roll By 8. Mean To Love

CTIらしく、スタンダードやジャズメン・オリジナル曲集。収録時間は35分。このレーベルとしてはクロスオーバーではなくジャズを演奏しているという点で特色がありますが、それでも分かりやすく、ある程度キャッチ―なサウンドで、セールスも目指していたことが分かります。ポール・デスモンドのサックスも甘くて、メロディアスで、小難しいところがなくて、それが当時流行った点だろうと思います。参加メンバーも一流だし、フロントで絡むギターのエド・ビッカートも、似たような分かりやすい傾向で、しかも一流のギターという感じがします。アドリブもあるけど、とにかくどの曲もメロディが前面に出てくるのが印象的。そこに有名曲のオンパレードで、当時売れていたことが分かります。この甘いサックスはもっと聴いていたい気も。(20年12月11日発売)

« Unwritten/KAZE | トップページ | 春の祭典/ヒューバート・ロウズ »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Unwritten/KAZE | トップページ | 春の祭典/ヒューバート・ロウズ »

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online

アマゾンへのリンク

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト