共同企画(’21年終了)

無料ブログはココログ

« Most Peculiar/Lage Lund Quartet | トップページ | ジャズCDの全部ブログアップ時代の終わり »

2023/12/07

ア・ラブサム・シング/カート・ローゼンウィンケル、ジェリ・アレン

Gerialove 当初輸入盤で注文したけど、発売予定日に入荷日未定になっていて、輸入盤国内仕様の方が在庫ありだったので、注文替えをして、ようやく届きました。最近はストリーミングでも聴けるんだけど、気に入ったアルバムはCDで持っていたいというのはあります。カート・ローゼンウィンケルはだいぶ前にライヴを観に行っていて、その時にスタンダードオンパレードの演奏でしたが、けっこうメロディアスでうまく、ほれぼれした記憶があります。今回のジェリ・アレントのデュオも、録音が10年以上前ということでも、未発表演奏なので気になっていました。淡々とやり取りが交わされるようなイメージですが、繊細な部分がよく出ていて、なかなかいいアルバムだと思います。

 

ア・ラブサム・シング/カート・ローゼンウィンケル(G)、ジェリ・アレン(P)(Motema/Agate)
A Lovesome Thing/Kurt Rosenwinkel(G), Geri Allen(P)(Motema Agate) - Recorded September 2012. - 1. A Flower Is A Lovesome Thing 2. Embraceable You 3. Geri's Introductions 4. Simple #2 5. Ruby My Dear 6. Kurt's Introductions 7. Open-Handed Reach

ライブの演奏で、収録時間は53分。4曲目がカート・ローゼンウィンケル作で、7曲目がジェリ・アレン作、イントロダクションの他はスタンダードやジャズメン・オリジナル。ピアノとギターとでかなり繊細なデュオの演奏が聴けます。さすがにこの2人の演奏という感じで、繊細さとメロディが浮き出るような美しさがあります。カートの演奏は、ライヴではスタンダードを演奏することが当時は多かったので、その表現力はさすがといわざるを得ません。ジェリの演奏も、そちらに振れているような弾き方で、それそれに速いフレーズが混ざりこむものの、やはり何度も言うように、美しさがあります。オリジナルも、4曲目は多少ダイナミクスは出るも、メロディ感があるワルツだし、7曲目は2人のやり取りが乾いた感じもする好演奏です。(23年11月24日発売)

« Most Peculiar/Lage Lund Quartet | トップページ | ジャズCDの全部ブログアップ時代の終わり »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Most Peculiar/Lage Lund Quartet | トップページ | ジャズCDの全部ブログアップ時代の終わり »

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online

アマゾンへのリンク

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト