共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« 処分した中から何枚かの買い戻し | トップページ | Vagabond/Dominic Miller »

2023/05/15

Danish String Quartet/Beethoven/Webern/Bach/Prism V

2565 ECM(New Seriesを含む)の新譜が4枚入ってきたので、番号順に聴いていきます。当初、2561番がでて、しばらく空欄だったので、また空き番号が出てくるのかなと思ったら、だいたい1年に1枚ずつ、連続番号でこのDanish String Quartetは出てきましたね。アンドラーシュ・シフも、同様のやり方でベートーベンのピアノ・ソナタ集を過去に出していたので、ECMにとって、このストリング・クァルテットは特別な扱いになっていることを意味します。ややオーソドックスなクラシックが多めなものの、現代音楽も織り交ぜているアルバムがあるのは、やはり昔からのECM New Seriesのお得意な手段でもありますし、マンフレート・アイヒャーがプロデュースしているので、かなり力を入れているアルバム群ですね。

Danish String Quartet/Beethoven/Webern/Bach/Prism V(ECM New Series 2565)(輸入盤) - Recorded June 2021. Rune Tonsgaard Sorensen(Vln), Frederik Oland(Vln), Asbjorn Norgaard(Viola), Fredrick Schoyen Sjolin(Cello) - Johann Sebastian Bach: 1. Chorale Prelude Vor Deinen Thron Tret Ich Hiermit BWV 668   Ludwig Van Beethoven: 2-5. String Quartet No.16 In F Minor Op.135   Anton Webern: 6. String Quartet   Johann Sebastian Bach: 7. Contrapunctus XIV "Fuga A 3 Soggetti" BWV 1080

(23/05/15)バッハは18世紀ドイツの作曲家、ベートーベンは18-19世紀ドイツの作曲家、ウェーベルンは20世紀オーストリアの作曲家。収録時間は60分。この中ではウェーベルンが現代音楽に近い響きを持っていますが、それでも1905年の作曲。アンドラーシュ・シフに続いて、一連番号を取って、連続して発表するのは、ECM New Seriesにとって特別なこと。その完結編であります。5年かかって5枚出たので、連続して聴きたい。

« 処分した中から何枚かの買い戻し | トップページ | Vagabond/Dominic Miller »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

ECM2551-2600番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 処分した中から何枚かの買い戻し | トップページ | Vagabond/Dominic Miller »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2023年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト