共同企画(’21年終了)

無料ブログはココログ

« Danish String Quartet/Beethoven/Webern/Bach/Prism V | トップページ | Zsofia Boros/El Ultimo Aliento »

2023/05/16

Vagabond/Dominic Miller

2704 ECMレーベル2日目。ドミニク・ミラーのECM3作目になります。こうやって、時を開けながらでも、リリースを続けてくれると安心します。アルバムは、メロディ重視の自然派なリラックスした演奏という感じですけど、なかなかいいメンバーが集まっていて、もっと派手にインプロヴィゼーションを、と思わなくもありません。でもあえてこういう印象的な演奏をして、心に残して、あるいは癒していくんだなあ、とも思います。収録時間が少々短いような気もするけど、聴いた時の満足感はありました。彼はバンドマンをやりながら、本当は自分ではこういう演奏を残したかったんだな、ということが分かります。聴き心地がいいので、何度もかけそうなアルバムですね。

 

Vagabond/Dominic Miller(G)(ECM 2704)(輸入盤) - Recorded April 2021. Jakob Karlzon(P, Key), Nicolas Fiszman(B), Ziv Ravitz(Ds) - 1. All Change 2. Cruel But Fair 3. Open Heart 4. Vaugines 5. Clandestin 6. Altea 7. Mi Viejo 8. Lone Waltz

(23/05/15)彼のECM3作目。全曲Dominic Miller作曲。収録時間は32分。メンバーは2人代わってはいるけど、ジャズというよりはメロディアスなミュージックが少しの哀愁とともにせまってくる、落ち着いた大人の音楽という雰囲気が強め。それでも、そのミュージックを活かしつつ、コード感も少し強めながら、自由さを感じさせるサウンドです。そのメロディは、ギターだけではなくて、ピアノにも影響していて、珍しくあまり冷たさを感じない、いいサウンドに仕上がっていると思います。何と言うか、リラックスした雰囲気での大人の演奏とでもいうのか。アコースティック・ギターの自然な響きが、時に静かに、時に語りかけながら進んでいくさまは、大いなる自然も感じさせるところ。派手な曲はないけれど、やっぱりECMらしいと思う。

« Danish String Quartet/Beethoven/Webern/Bach/Prism V | トップページ | Zsofia Boros/El Ultimo Aliento »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

ECM2702-2750番」カテゴリの記事

コメント

なかなか繊細なトリオの響きで聴き応えありました。
とにかく牧歌的な中に詩的で・・・南仏の田舎での父親を忍んでの心の世界なんでしょうか・・・ふといい歳となった自分にとって聴き応えありました。
又、こんな南仏の田舎をゆったり旅したい気持ちも起こさせられました。
評価の厳しい人もおられますが、私は高評価のアルバムでした。
リンクさせてください↓
http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2023/05/post-cbe0bc.html

> photofloyd(風呂井戸) さん

こんばんは。
書き込みどうもありがとうございます。

私には、これがECM3枚目ということで、いつもはバンドマンをやっているんだけど、本当はこれがやりたかったんだ、というように感じられました。特にメロディが印象的で、やりたいことをやり切っての32分の演奏時間だったら、それもまたいいのかもなあ、と思います。

印象に残るアルバムでした。

突然すみません。日本でドミニク・ミラーのファンサイトを運営している者です。検索をしておりましたらこちらのサイトがヒットしましたのでお邪魔させて頂きました。まずは、『Vagabond』を聴いて頂き、また気に入って頂けたようで嬉しいです。

ドミニク・ミラーという人は正統派のJAZZファンではなく、今も彼自身、自分がJAZZをやっているつもりは全然ありません。ギターアルバムを作っているつもりすら無いです。というか、そういうのは作りたくなかった、とハッキリ言っています。

彼はあくまでも自分が歌わない、歌詞をかかないので、その歌の部分をメロディとして表現し、曲全体に自分が語りたい「Narrative」 (物語)を込める、という意図を持って曲を書いています。自分が「歌えない」からそれを自分はギターでやってるんだよ、って感じですね。なので所謂尺の長い即興が延々続くタイプのJAZZはあまり好きではなく、彼の曲は基本的に「尺が短め」です。また、出来るだけ音は少なくしたい「Less is More」という考え方がある人です。

ただ、曲には彼なりに語りたい物語を込めているんですが、できるだけ音楽の中に「空間」を残して、その「空間」にリスナーが思い思いに自分のストーリーを投影してほしい、という思いがあり、このような「空間」が多い音楽をやっています。「自由に解釈してもらいたいから自分はインストルメンタルをやるんだ」という感じです。かなりのテクニックを持つギタリストなんですが、テクニック面に注目して欲しくなく、あくまでも「曲」を聴いてほしい人です。ギタリストとしてはなんでも要求すればできるのが売りの人ですが、どちらかというとギタリストとしての評価よりも作曲能力の高さで評価されてきました。そのいい例が「Shape of My Heart」ですね。

メロディ作りも上手いんですが、印象深いリフ(オスティナート)を作るのも上手いんですよ。それがこのアルバムは結構光ってます。ただ、アイヒャーは色々要求は厳しめのようですね。ドミニクは嬉しいみたいですが。ちなみにこのアルバム、8曲(うち1曲は昔の曲)しか入ってませんが、実はドミニクは32曲ほど準備していました。

>Dominic Miller Fan Page JAPAN管理人さん

はじめまして。
書き込みありがとうございます。

私はドミニク・ミラーというよりはECMレーベルのくくり(というわけでジャズのくくりにもあまりこだわってません)で、そちらの方から聴いている立場のものですが、ECMレーベルの雰囲気にフィットして、なかなかいいなあと思いました。収録時間が短めなのは、LPでの発売を見越してのもので、30分台から45分ほどの収録時間のアルバムが増えているのもこの時期ですね。

今の最新作はこのアルバムだと思いましたが、さらに新作を出してくれないかなあ、と思います。

返信ありがとうございます。
彼はスティングと30年以上やっている人ですが、聞いて頂いてお分かりだと思いますがスティングとは音楽性は違います。だからスティングのファンの中には少し彼の音楽は苦手な人もいるようですが、逆に今まで彼を知らなかったECMのファンが聴いてくれるようになったので、とても嬉しいです。
彼はずっとセルフ・プロデュースで作品を作っていましたが、ECMに行って元々の作曲能力の高さが飛躍的に向上した感じがあります。そこはやはりさすがアイヒャーだなぁと。彼に声を掛けたのは実はアイヒャーからだったんです。

この人は恐らくここまで雑多に世界中の音楽を幅広く体得しているギタリストも少ないだろう、という人です。南米出身なので、ブラジルスタイルのギター、アルゼンチンのフォークロアから始まり、教会音楽、クラシック、母方のケルト音楽から始まって、後からエレキギターを始め、ジミ・ヘンドリクス、ジョン・マクラフリン、ラリー・カールトン、パット・メセニーが彼のヒーローでした。あとはグレイトフル・デッドのジェリー・ガルシアも好きだしディープ・パープル、ピンク・フロイドの超ファンというのがECMギタリストでも他にはいないような・・・。
そういう「一風変わった引き出しの多さ」がアイヒャーの興味を引いたような気がします。

実はこの作品、発売は2023年4月ですが、録音は2019年のパンデミック時に行われています。
なので、恐らくもう次の作品は録音されていると思います。彼は前の作品と同じ事は絶対にしたくない人なので、また面白い作品を出してくれると思うので、期待していていただければと思います。

>Dominic Miller Fan Page JAPAN管理人

こんばんは。
書き込みどうもありがとうございます。

ECMでは専属契約というものがないらしく、あるミュージシャンではどんどんアルバムは出るけど、他のミュージシャンでは、次いつ出るか分からない、ということもしばしばです。間隔が開いても、次出ることを期待しますが、現状いつ出るか具体的には現時点では情報が出てきません。できれば、今年か来年には聴きたいなあ、というのが個人的感想です。

そうですね、確かに次がいつ出るかは我々には解りません。まあでも、このアルバムが出た頃に、彼はもう次のアルバムの構想・イメージはあると言ってましたからね。今までの3作品とも、結構元々のECMファンからは好評価も多かったようですし、期待できると思いますよ!

ちなみに、本日、彼の5年ぶりの来日公演の日程が正式にリリースされました。4/19-21の3日間、前と同じく東京のコットン・クラブとなります。もしよろしければ是非。

>Dominic Miller Fan Page JAPAN管理人さん

ECMは多い時には年間50枚くらいの新譜を出していた時もあった(昨年で30数枚)ので、そんなに遠くない将来に出会えると期待します。

来日情報もありがとうございます。ここを見た方も、よろしかったら。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Danish String Quartet/Beethoven/Webern/Bach/Prism V | トップページ | Zsofia Boros/El Ultimo Aliento »

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online

アマゾンへのリンク

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト