共同企画(’21年終了)

無料ブログはココログ

« The Griots Footsteps/Graham Haynes | トップページ | Stravaganze Consonanti/Gianluigi Trovesi/Stefano Montanari »

2023/03/20

Transition/Graham Haynes

Grahamtransitiグレアム・ヘインズのリーダー作。レーベルはAntillesに移りますが、相変わらず彼の世界を貫いていると思います。いや、むしろその要素が増えてきたかな。ワールド、ロック、ピップポップなど、と当時は他のミュージシャンもそうですけど、他方面に表現が広がっていった時期ですしね。彼はコルネットなので、マイルス・デイヴィスが生きていたら、こういう方面もアリかな、と思えるようなサウンドの曲もあったりしますし。ただ、彼のアルバムはちょっと手を広げた感が強いイメージもあって、少し損をしているのでは、とも。それでもこの当時はけっこうこういうサウンド、好きだったんですよね。あ、言い忘れましたが、彼はロイ・ヘインズの息子です。

 

Transition/Graham Haynes(Cor)(Antilles) - Recorded September 1994 and February 1995. Steve Williamson(Sax), Vernon Reid(G), Jean-Paul Bourelly(G), Brandon Ross(G), Cheick Tidiane-Seck(Key), Amina(Vo), Daisy Paradi(Sitar), Vera Mantero(Vo), D.J. Logic Jason Kibler(D.J.), Daniel Moreno(Per), Jorge Amorim(Per), Lonnie Plaxico(B), "Catfish" Fred Alias(Ds), Marc Lindhal(Sample Prog) - 1. Transition 2. South Node Of The Moon In Pisces 3. Walidiya 4. Mars Triangle Jupiter 5. Harmonic Convergence 6. Freestylin' 7. Facing The Fast 8. Com Que Voz

(00/10/22)ワールド、ロック、ピップポップなどいろいろな要素を詰め込んだアルバム。だから曲によって印象はいろいろ。 進化するジャズを体現しているのだと思いますが、ちょっと拡散気味。1曲目はジョン・コルトレーンの曲なのですが、ハードロック的ギターは炸裂し、リズムが強調されていて独特の世界をいきます。リズムの上を不安定な要素をもって漂うギターが暗い陰を落とす2曲目、アミナ(・クローディン・マイヤーズだと思いますが)のヴォーカルも入ってやや中近東風無国籍的ワールド・ミュージック的雰囲気が11分も続く3曲目、一転軽いビートでノリの良い4曲目、スペイシーでゆったりした5曲目、ファンク調でヘヴィーな6曲目、やはりファンク調の7曲目、静かで幻想的なヴォーカルソロのみの8曲目。

« The Griots Footsteps/Graham Haynes | トップページ | Stravaganze Consonanti/Gianluigi Trovesi/Stefano Montanari »

音楽」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Griots Footsteps/Graham Haynes | トップページ | Stravaganze Consonanti/Gianluigi Trovesi/Stefano Montanari »

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online

アマゾンへのリンク

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト