共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« The Sign And Seal - Transmissions Of The Metaphysics Of A Culture/Steve Coleman & The Mystic Rhythm Society | トップページ | The Sonic Language Of Myth/Steve Coleman & Five Elements »

2023/01/04

Genesis/Steve Coleman & The Council Of Balance & The Opening Of The Way/Steve Coleman & Five Elements

Stevegenesis スティーヴ・コールマンのリーダー作。まさか、ビッグバンド作とファイヴ・エレメンツの2枚組CDで、それぞれが独立して販売できるようなアルバムをまとめて出してしまうとは。今考えると不思議なことではあります。ただ、当時はまだこのあたりは追いかけていてじっくり聴いていた時代なので、不思議とも何とも思いませんでした。それにしても、アイデアが尽きないことに今更ながら驚いています。このあたり、ちょうど私がホームページをはじめた後あたりで、まずM-BASE関係のミュージシャンから、と思ってやっていた時代でもあったので。壮大な世界観を持ったカップリングのアルバムではあります。

 

Genesis/Steve Coleman(As) & The Council Of Balance & The Opening Of The Way/Steve Coleman(As) & Five Elements(RCA) - [Genesis] Recorded April 24-27, June 9-10 and 18, 1997. Greg Osby(As), Ravi Coltrane(Ts, Ss), Aaron Stewart(Ts), Yosvany Terry Cabrera(Ts), Greg Tardy(Ts), Ralph Alessi(Tp), Shane Endsley(Tp), Nabate Isles(Tp), George Lewis(Tb), Tim Albright(Tb), Josh Roseman(Tb), Andre Atkins(Tb), Jamal Haynes(Tb), David Gilmore(G), Andy Milne(P), Vijay Lyer(Key), Kenny Davis(B), Regg Washington(B), Sean Rickman(Ds), Gene Lake(Ds), Luis Cancino Morales(Per), Ramon Garcia Perez(Per), Josh Jones(Per), Miguel "Anga" Diaz Zayas(Per), Barbaro Ramos(Per), Aldazabar(Per), Elektra Kurts-Stewart(Vln), Marlene Rice(Vln), Judith Insell(Viola), Nioka Workman(Cello) - 1. Day One 2. Day Two 3. Day Three 4. Day Four 5. Day Five 6. Day Six 7. Day Seven 8. Awareness [The Opening Of The Way] Recorded November 18, 1996 and March 7-10, 1997. Andy Milne(P), David Dyson(B), Sean Rickman(Ds), David Gilmore(G), Regg Washington(B), Miguel "Anga" Diaz Zayas(Per), Rosangela Silvestre(Dance) - 1. Law Of Balance 2. Pi 3. First Cause 4. Wheel Of Nature 5. Rite Of Passage 6. Regeneration 7. Organic Movement 8. The Law 9. Fortitude And Chaos 10. Seti I 11. Polar Shift 12. Third Dynasty

全曲スティーヴ・コールマンのオリジナル。1枚目がビッグバンド、2枚目がファイヴ・エレメンツでの演奏で、それぞれのCDにタイトルがあってまったく別の演奏。1枚目はそのスケールの大きさと斬新さに圧倒されます。パーカッションが強調されたサウンドとときおり見せる混沌としたハーモニー。盟友グレッグ・オズビーが久しぶりに全面的に参加しています。非常に個性的なアンサンブルではあります。ただしフレーズはメカニカルで変拍子もあり聴きやすくはありません。2枚目は前作の影響か、コンガなどのパーカッションサウンドが強調されてきましたが、基本的な部分はいつもの変拍子ファンク。9曲目などパーカッションのソロもなかなか。それぞれのミュージシャンの切れ味がメカニカルに鋭くなってきました。

« The Sign And Seal - Transmissions Of The Metaphysics Of A Culture/Steve Coleman & The Mystic Rhythm Society | トップページ | The Sonic Language Of Myth/Steve Coleman & Five Elements »

音楽」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Sign And Seal - Transmissions Of The Metaphysics Of A Culture/Steve Coleman & The Mystic Rhythm Society | トップページ | The Sonic Language Of Myth/Steve Coleman & Five Elements »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト