共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Irresistible Forces/Jack DeJohnette's Special Edition | トップページ | Intuition/Wallace Roney »

2023/01/18

Verces/Wallace Roney

Wallaceverces ゲイリー・トーマスのサイド参加作。スペシャル・エディションといい、ウォレス・ルーニーのバンドといい、記録媒体としては最初の方から彼はいい位置につけていますね。ここでのメンバーもすごいですし。今ではルーニーも故人になってしまったけど、けっこう大きな足跡を残したんではないでしょうか。当時追い求めていたカッコいい現代ジャズ、という点では、なかなかいいセンいっていたと思います。特にここではかつてのマイルス・バンドを想像させるような、それでいて当時の今のサウンドで攻めていて、それはトニー・ウィリアムスがメンバーとして入っていることも、要因ではなかったかと思います。

 

Verces/Wallace Roney(Tp)(Muse) - Recorded February 19, 1987. Gary Thomas(Ts), Mulgrew Miller(P), Charnett Moffet(B), Tony Williams(Ds) - 1. Float 2. Verses 3. Blue In Green 4. Topaz 5. Lawra 6. Slaves

ウォレス・ルーニーの初リーダー作。6曲中2曲が彼の作曲です。ゲイリー・トーマスを除いて全員が当時のトニー・ウィリアムス・クインテットでした。メイン・ストリーム系のサウンドであっても、ウォレス・ルーニーのメロディアスながらもクロマチックなフレーズとゲイリー・トーマスの個性的なメカニカルなフレーズとうまくマッチしています。1曲目はウエイン・ショーター時代のマイルス・クインテットを何となく連想してしまいます。聴くならアップテンポで繰り広げられる2曲目が圧巻。ビル・エヴァンス作の渋い3曲目(ちょっと誰かを意識しすぎ?)、リズムのキメも気持ちよい4曲目、トニー・ウィリアムス作のテーマが印象的な5曲目と続きます。6曲目は気合いの入った長いトランペットのソロが聴ける12分の大作オリジナル。

« Irresistible Forces/Jack DeJohnette's Special Edition | トップページ | Intuition/Wallace Roney »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Irresistible Forces/Jack DeJohnette's Special Edition | トップページ | Intuition/Wallace Roney »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト