共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Verces/Wallace Roney | トップページ | Audio-Visual Scapes/Jack DeJohnette's Special Edition »

2023/01/19

Intuition/Wallace Roney

Wallaceintuitゲイリー・トーマスのサイド参加作。ウォレス・ルーニーのアルバムでは初期の頃はこの2枚と、あともう1枚の参加が確認できています。他のメンバーが代わっても、重用されていたんだな、ということが分かります。フレーズの組み立て方も、2人が割と出る音の傾向が似ていたから、ということもあるでしょうけれども。ここでもメンバーはある程度代わっても、リーダーの個性は前面に出ているし、すごいメンバーでもありますし。このアルバムもけっこう好み。実はルーニーでもホームページで特集を作ろうかとも思ったことがあったのですけど、もし作っていたら手を広げすぎて、まとまっていたかどうかの自信はないです。

 

Intuition/Wallace Roney(Tp)(Muse) - Recorded January, 1988. Gary Thomas(Ts), Kenny Garret(As), Mulgrew Miller(P), Ron Carter(B), Cindy Blackman(Ds) - 1. Intuition 2. Opus One Point Five 3. Afead 4. Taberah 5. Sometimes My Heart Cries 6. For Duke 7. Willon Weep For Me

サウンド的には独自色が強くなったセカンド・アルバム7曲中3曲がウォレス・ルーニーの作曲。テーマを1人で吹いている事も多く、アンサンブル重視ではないようです。1曲目は、3管フロントのテーマでいきなりパワー全開、ドラムソロもたくましい。一転、渋めの2曲目もゲイリー・トーマスはメロディックなサックスを吹きません。3曲目はアグレッシヴながらもメロディアスに振れるケニー・ギャレットのアルト、4曲目はアップテンポにのるアドリブに緊張感が漂います。5曲目はちょっとスローな3管編成、6曲目もテーマの一部のみ3管に。ソロも迫力とスリルがあります。7曲目はCDボーナストラックのスタンダード。曲としてはいいのですが、他の曲とのバランス上ちょっと余計だったかも。ゲイリー・トーマスは1、2、4-6曲目に参加。

« Verces/Wallace Roney | トップページ | Audio-Visual Scapes/Jack DeJohnette's Special Edition »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Verces/Wallace Roney | トップページ | Audio-Visual Scapes/Jack DeJohnette's Special Edition »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト