共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« The Tao Of Mad Phat - Fringe Zones/Steve Coleman And Five Elements | トップページ | Myths, Modes And Means/Steve Coleman & The Mystic Rhythm Society »

2022/12/28

Def Trance Beat (Modalities Of Rhythm)/ Steve Coleman And Five Elements

Stevedeftrance スティーヴ・コールマンのリーダー作。基本的には国内盤はこのアルバムで途切れ、しばらく経ってから、この後の輸入盤を捜しまわることになります。このあたりまでが国内では売れていたということの指標になるのでは。ストリーミングでもこのアルバムが見つからなかったので、このアルバムが展開点になるのかな、という気も。相変わらず鋭い変拍子ファンクが繰り広げられてますが、メロディなどアピールする点が多くないので、このあたりから、好きな人は追いかけている、という感じになったのかもしれません。当時のCDの録音時間68分というのは大サービスなんですけれどもね。相変わらずトンガっています。既成の曲も出てきてます。

 

Def Trance Beat (Modalities Of Rhythm)/ Steve Coleman(As) And Five Elements(Novus) - Recorded June 14-17, 1994. Andy Milne(P), Reggie Washington(B), Gene Lake(Ds), Ravi Coltrane(Ts), Specioal Guests: Craig Handy(Ts), Matthew Garrison(B), Michael Wimberly(Per), Jalal Sharriff(Per), Kwe Yao Agyapan(Per), Ronnie Roc(Per) - 1. Flint 2. Verifiable Pedagogy (From Pedagogy And Confirmation) 3. Dogon 4. Multiplicity Of Approaches (The Afrikan Way Of Knowing) 5. The Khu (Divine Will) 6. Pad Thai 7. Jeannine's Sizzling (From Fire Revisited And Jeannine I Dream Of Lilac Time) 8. Patterns Of Force 9. The Mantra (Intonation Of Power) 10. Salt Peanuts

スティーヴ・コールマン作曲あるいは合作は全10曲中6曲。相変わらず変拍子の曲が多いですが、自然な形で演奏されています。コールマンのサックスも、独自の奏法ながら既成の曲の引用が何ヶ所かに見られることも含めて、分かりやすいメロディになったと思います。これもある意味での成熟かと 思います。例えば、2曲目のチャーリー・パーカーの「コンファーメーション」。まさかこれをやるとは。7曲目も聴いたことのあるメロディが。こういうジャズで勝負に出たということは、時期が熟したと言えるのだろうと思うのですが。ジェリー・ゴールドスミス作の1曲目は印象的なメロディ。10曲目は何と「ソルト・ピーナッツ」しかも変拍子ヴァージョン。オリジナルの曲もそれぞれに個性的。特に6曲目のスピード感がいい。

« The Tao Of Mad Phat - Fringe Zones/Steve Coleman And Five Elements | トップページ | Myths, Modes And Means/Steve Coleman & The Mystic Rhythm Society »

音楽」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Tao Of Mad Phat - Fringe Zones/Steve Coleman And Five Elements | トップページ | Myths, Modes And Means/Steve Coleman & The Mystic Rhythm Society »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト