共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Duster/The Gary Burton Quartet | トップページ | Departure/Gary Burton & Friends »

2022/12/08

Gary Burton Quartet In Concert

Garyinconcert ゲイリー・バートンのリーダー作。ブログをはじめる2か月ほど前のアルバムは、だいたいブログに取り上げているのですが、これは再発盤だったので、そのままになっていたと思われます。この時期の彼のアルバムは。さらに遅れて’10年代あたりに国内盤化されたものも多く、’60年代の彼のアルバムは、私はあまり積極的に輸入盤まで手を出していなかったようです。昨日のアルバムと比べて、ドラマーだけは変わっているけど、十分にアピールできたジャズだったろうなあ、と思うコンサートではあります。曲によって濃淡はありますけど、新しいサウンドを取り入れた曲もあるので。この時期、多作だったんですね。リーダー作は追い切れてないとは思いますが。

 

Gary Burton(Vib) Quartet In Concert(RCA) - Recorded Fabruary 23, 1968. Larry Coryell(G), Steve Swallow(B), Bob Moses(Ds) - 1. Blue Comedy 2. The Sunset Bells 3. Lines 4. Walter L. 5. Wrong Is Right 6. Dreams 7. I Want You 8. One, Two, 1-2-3-4

ライヴ盤で、ゲイリー・バートンの曲ないしは合作は全8曲中4曲。ラリー・コリエルの曲もやや多め。曲によっては、当時としては新しいサウンドだったのでは。その中では意外にオーソドックスな4ビートのブルースで攻めているマイク・ギブス作の1曲目、バートンらしい少し冷めた温度感の静かなバラードの2曲目、ヴァイブラホンとギターとのデュオで、速めのパッセージも息の合っている3曲目、カントリー的だったりブルース(ロック)的だったりするギターがなかなか面白いノリの良い4曲目、これまたメロディアスでややテンポの速い5曲目、バートンのソロが静かに展開する6曲目、何とボブ・ディラン作の曲をベースでテーマを弾いています。8曲目は「ダスター」でも演奏された合作で、けっこう自由に爆発している10分台の曲。(04年3月24日発売)

« Duster/The Gary Burton Quartet | トップページ | Departure/Gary Burton & Friends »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Duster/The Gary Burton Quartet | トップページ | Departure/Gary Burton & Friends »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト