共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Be-Bop!/Pasquale Grasso | トップページ | 私的2022年のジャズベスト3 »

2022/11/25

Live At Thr Detroit Jazz Festival/Wayne Shorter/Terri Lyne Carrington/Leo Genovese/Esperanza Spalding

Waynelivedet とりあえず、今年のベスト3を選ぶための新譜がドドッと来たのは今日まで。いちおう昨年12月から今年11月まで発売(または輸入盤は入手)されたCDが対象なので、まだ時間があることはあるけど、締め切りになります。今日のアルバム、エスペランサ・スポールディングのヴォーカルをどう評価するかで、好き嫌いが分かれて来るのではないかなあ、と思います。自分はあまり好みではないかなあ、というところ。演奏自体は、なかなかいいと思いますが。ライヴ自体は’17年のものなんですね。メンバーはいいけど、やはりウェイン・ショーターの演奏は彼のバンドで聴きたいなあ、という思いもありますね。こういう組み合わせもいいことはいいけど。さすがに彼が吹くと、全体が彼のサウンドになります。

 

Live At Thr Detroit Jazz Festival/Wayne Shorter(Ts, Ss)/Terri Lyne Carrington(Ds)/Leo Genovese(P, Key)/Esperanza Spalding(B, Vo)(Candid)(輸入盤) - Recorded 2017. - 1. Someplace Called "Where" 2. Endangered Species 3. Encontros E Despedidas 4. Drummers Song 5. Midnight In Carlottqa's Hair

(22/11/20)ウェイン・ショーター作が1-2、5曲目、ミルトン・ナシメント作が3曲目、ジェリ・アレン作が4曲目。55分収録のライヴ。エスペランサ・スポールディングのヴォーカルがいきなり出てくるので好みの問題もあるかとは思いますが、これだけのメンバーが集まるライヴもなかなかありません。自分はこの場でのヴォーカル出まくりはあまり好みではないですけど。1曲目は少し混沌としたジャズで、こういう方面も好きなのかどうかで評価が変わってくるのでは。2曲目は少しタイトにはなるけどワンコード的な8ビートの展開。ボトムがいいこともあるけど、ショーターが吹くと世界が変わるのも事実。気が付いてみれば、周りのメンバーはショーターの演奏に合わせてサウンドが組み立てられているのが、分かるかもしれない。

« Be-Bop!/Pasquale Grasso | トップページ | 私的2022年のジャズベスト3 »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Be-Bop!/Pasquale Grasso | トップページ | 私的2022年のジャズベスト3 »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト