共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« View With A Room/Julian Lage | トップページ | Be-Bop!/Pasquale Grasso »

2022/11/23

Sacred Thread/Charles Lloyd Trios

Charlessacred 新譜が立て続けに来ていて、ここからは別に届いた新譜です。普段なら急がないのだけど、今年のベスト3選出のためにジャズだけは急いで聴いています。ところでこのアルバムは3部作の3作目なのですが、今までCharles Lloyd Triosのところを、Trioと書いてしまって、先ほど直したところです。確かに3部作でメンバーが違うのでトリオズにはなりますね。個人的にはビル・フリゼールにトーマス・モーガンが加わった1枚目が好きかなあ、とも思いますけど、この3枚目のエキゾチックさもなかなか捨てがたいですね。少々地味な演奏ではあるけれども、タブラの魅力、十分にあります。う~ん、迷うなあ。

 

Sacred Thread/Charles Lloyd(Ts, Afl, Tarogato, Maracas) Trios(Blue Note)(輸入盤) - Released 2022. Zakir Hussain(Tabla, Per, Vo), Julian Lage(G) - 1. Desolation Sound 2. Guman 3. Nachekita's Lament 4. Saraswati 5. Kuti 6. Tales Of Rumi 7. The Blessing

(22/11/18)1、3、6-7曲目がチャールス・ロイド作曲、2、4-5曲目がザキール・フセイン作曲。収録時間は38分。各曲は収録時間の関係か、コンパクトにまとまっています。ザキール色満載のエキゾチックで民族音楽的な要素が強いですが、静かな場面も多いので、そんなに異色なインパクトが強いというわけではありません。むしろ少々地味かなあ、という印象も。ヴォーカルがなぜか心にしみますね。そこをひっそりとジュリアン・レイジがサポートしています。もういぶし銀の世界というか、昔はECMならあったかなあ、という組み合わせがなぜか懐かしいです。このシリーズのアルバムは3種出ていますが、渋いインパクトの点ではこのアルバムかなあ、と思います。ライヴではつながっていた演奏に、曲名をつけたものか。

« View With A Room/Julian Lage | トップページ | Be-Bop!/Pasquale Grasso »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« View With A Room/Julian Lage | トップページ | Be-Bop!/Pasquale Grasso »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト