共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« The Heart Of Things/John McLaughlin | トップページ | Lowblow/Victor Bailey »

2022/10/31

The Heart Of Things Live In Paris/John McLaughlin

Johntheheartlive昨日に引き続き、ジョン・マクラフリンのグループで、これはライヴになっています。収録時間は77分と1曲が長め。このバンドはライヴの方がいいかなあ、と思うのですけど、どうでしょうか。曲も前作のダブりもありますけど、ライヴになってどう変わったかも興味深いところ。まあ、勢いがあっていいですね。マシュー・ギャリソンとデニス・チェンバースの組み合わせだったら、エネルギーを浴びることもできますし。昔は何度も聴いたアルバムですが、最近は体力がないせいか、久しぶりになってます。でも、今聴くと意外にマイルドな部分も。他でも書いてますけど、こういうライヴを観ることができたらなあ、と思います。これももう30年以上前になるんですね。

 

The Heart Of Things Live In Paris/John McLaughlin(G)(Verve) - Recorded 4 and 5, 1998. Dennis Chambers(Ds), Gary Thomas(Ts, Ss), Mathew Garrison(B), Otmaro Ruiz(Key), Victor Williams(Per) - 1. Seven Sisters 2. Mother Tongues 3. Fallen Angels 4. The Divide 5. Tony 6. Acid Jazz

スタジオ録音と3曲ダブっています(1、3、6曲目)が、こちらの方はやはりライヴならではのエネルギーがあります。大半の曲が10分を超える長尺の演奏。ハードなフュージョン(ファンク)の曲が多いですが、ジョン・マクラフリンの速いパッセージが聴いていて気持ち良い。メロディアスでギターとサックスのかけ合いも見事な1曲目、とにかく疾走感はただものでない2曲目、スローでスペイシーながら不思議な雰囲気の3曲目、ゲイリー・トーマス作で彼の土俵に引き込んだサウンドの4曲目。5曲目はトニー・ウィリアムスに捧げた曲で、デニス・チェンバースのドラム・ソロが見事。6曲目は前半が意外に抑制の効いている「アシッド・ジャズ」ですが 、後半になってギターはけっこうロックして盛り上がっています。(00年3月29日発売)

« The Heart Of Things/John McLaughlin | トップページ | Lowblow/Victor Bailey »

音楽」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Heart Of Things/John McLaughlin | トップページ | Lowblow/Victor Bailey »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト