共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Time Is Of The Essence/Michael Brecker | トップページ | Wide Angles/Michael Brecker Quindectet »

2022/10/09

Nearness Of You : The Ballad Book/Michael Brecker

Michaelnearn マイケル・ブレッカーのリーダー作で、バラード集。もう、このメンバーが集まってアルバムを作ってしまっているので、何も言うことはありません。とは言いつつ、何も書かないことには話ははじまりませんけれども。最上の贅沢なうえに、さらにバラード集というところが、ある意味もったいないかなあ、と思いつつも、彼らの歌心はけっこうすごいものがあるなあ、と思いました。しかもスタンダードの割合がそんなに高くなく、メンバーのオリジナルも持ち寄って、それでスタンダード集以上のものを作り上げたというか。まあ、この時は敵なしという感じでもありました。それがもっと長く続いてくれれば、と今となっては思います。

 

Nearness Of You : The Ballad Book/Michael Brecker(Ts)(Verve) - Recorded December 18-20, 2000. Pat Metheny(G), Herbie Hancock(P), Charlie Haden(B), Jack DeJohnette(Ds), James Taylor(Vo) - 1. Chan's Song 2. Don't Let Me Bo Lonely Tonight 3. Nascente 4. Midnight Mood 5. The Nearness Of You 5. Incandescence 7. Sometimes I See 8. My Ship 9. Always 10. Seven Days 11. I Can See Your Dreams 12. Say It

ものすごいメンバーなのですが、さらにこのメンバーでバラードばかりを演奏するという贅沢さ。とは言うもののスタンダードは半分以下で、マイケル自身やハービー・ハンコック、パット・メセニーらのオリジナルも演奏、さらにはジェイムス・テイラーが2曲ヴォーカルで加わっていて今風なバラードという感じ。曲によってはパットのギターがさらに現代的な彩りを添えています。静かな中にもふつふつと情熱が溢れるような曲もあり、それぞれのメンバーの演奏を聴いても鋭いメロディーやハーモニーのセンス。ただし、気楽に聴くことも許してくれる世界があります。やっぱりマイケル・ブレッカーのサックスはスゴい、ということを改めて認識しました。 バラードを全面に出して、バラードの意義も変えつつある、ということでしょうか。(01年6月6日発売)

« Time Is Of The Essence/Michael Brecker | トップページ | Wide Angles/Michael Brecker Quindectet »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Time Is Of The Essence/Michael Brecker | トップページ | Wide Angles/Michael Brecker Quindectet »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト