共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« CD時代の終わりの始まり?(残り150枚ほど) | トップページ | Come Dream With Me/Jane Monheit »

2022/10/12

In Pursuit Of The 27th Man/Horace Silver

Horaceinpurs マイケル・ブレッカー(とランディ・ブレッカー)の割と初期の参加作。何とブルーノートでホレス・シルバーのアルバムに参加していたんですねえ。いわゆるジャズ・ロック時代のアルバムなんですが、このCDが見つからず、ストリーミングでも探せませんでした。彼らのファンで、このアルバム、持っている人がどれぐらいいるかなあ、と思うような意外なところへの登場ですが、ブレッカー・ブラザースの萌芽を感じさせる演奏も入っていて、興味深いです。この時代のブルーノートはあまり人気が無いようですが、某大手通販には在庫がありました。ジャズロックなので、好みは分かれるとは思いますけど、探してみてください。

 

In Pursuit Of The 27th Man/Horace Silver(P)(Blue Note) - Recorded October 6 and November 10, 1972. Randy Brecker(Tp, Flh), Michael Brecker(Tp), David Friedman(Vib), Bob Cranshaw(B), Mickey Roker(Ds) - 1. Liberated Brother 2. Kathy 3. Gregory Is Here 4. Summer In Central Park 5. Nothin' Can Stop Me Now 6. In Pursuit Of The 27th Man 7. Strange Vibes

ホレス・シルヴァー作は7曲中5曲(3-7曲目)。ジャズロック的な時代の名盤というか、メンバーが面白い。エレキ・ベース。8ビートというかボッサというか、その流れの中を2人のブレッカーがソロを吹きまくる、まんまブレッカー・ブラザースという感じのパターンの1曲目、5拍子でヴァイブラフォンが華麗に舞うようなメロディの2曲目、ロックビートに乗せてやはりホーンが活躍している、この時代を感じさせる3曲目、都会的でスマートな旋律を持った、場所を想定させるようなワルツの4曲目、8分の6拍子のブルース・ライクな演奏が面白い、陽気な雰囲気の5曲目、モード的な暗さのサウンドのラテンノリのタイトル曲の6曲目、ゆるいファンクノリのブルース的な部分も感じられる7曲目。ブレッカー兄弟の参加は1、3、5曲目。 (03年1月22日発売)

« CD時代の終わりの始まり?(残り150枚ほど) | トップページ | Come Dream With Me/Jane Monheit »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CD時代の終わりの始まり?(残り150枚ほど) | トップページ | Come Dream With Me/Jane Monheit »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト