共同企画(’21年終了)

無料ブログはココログ

« Up All Night/John Scofield | トップページ | Real Life Story/Terri Lyne Carrington »

2022/09/16

New York Cut/Yasuo Higuchi

Higuchinewyorkここからジョン・スコフィールドのサイド参加作になります。棚の奥の方に入っていて、なかなか探すことができませんでしたが、何とか発掘しました。樋口康雄さんは今ストリーミングではアニメのテーマ曲が2曲ぐらいしか見つかりませんでしたけど、最近はこっち方面で活躍されているのでしょうか。このアルバムはなかなかメンバーがすごくて、それでもジャズ雑誌には掲載されていたのか、いなかったのか、地味な取り扱いでした。ただ、ジョンスコがいるというだけで買ってしまいましたが、けっこう良かった印象です。’70年代末期のジョン・スコもいいですけど、曲によってはトロンボーン中心のアンサンブルが、他の曲とは趣向が違いますが、面白いと思いました。ファンクの部分はちょっと時代を感じさせますが。中古も少し出回っているようですけど、ちょっと高くなってますね。

 

New York Cut/Yasuo Higuchi(P)(Wea) - Recorded March 9 and 10, 1979. Will Lee(B), Chris Parker(Ds), John Scofield(G), Jorge Dalto(P), Dwight Gassaway(Per), Lolly Bienfeld(Tb), John Mosca(Tb), Jim Knepper(Tb), Lee Robertson(Tb), Ed Byrone(Tb), Bruce Bonvissuto(Tb), Lynn Welshman(Btb), Joe Randazzo(Btb), Howard Johnson(Tnba), Christina Saffran(Vo), Karen Meister(Vo), C.C. Pryor(Vo), Amy Roslyn(Vo), Libby McLaren(Vo) - 1. To The New World 2. The Earth's Bellybutton 3. Uncle From UNCLE 4. The West Wind From The East 5. Giraffe (In Memory Of Taki San) 6. A Magazine On The Street 7. Warm Air In The Ellipsoid Of Revolution 8. On To The New World 9. The Other Side Of Life

ジャズの雑誌では話題にならなかったけれども、ジョン・スコフィールド や他の有名ミュージシャンの参加など、話題は多いアルバム。樋口康雄については詳しくありませんが、全曲彼の作曲で、けっこう力が入っています。曲によってコアになるメンバーとホーンセクションやコーラスの絡みというか、その出入りあるいはサウンドに個性的なものを感じます。当時のクロスオーヴァー、フュージョンシーンをとらえる、けっこうカッコ良い演奏。この中で4曲目はブラスとコーラスでのアンサンブル的な演奏でちょっと異色かも。7曲目のみ樋口のピアノのようで、ピアノとホーンのデュオで静かで知的な演奏。9曲目は即興で作られたというギターとヴォーカルのフォーク・ミュージックっぽい曲。ややマニアックかな、とも思います。(02年1月23日発売)

« Up All Night/John Scofield | トップページ | Real Life Story/Terri Lyne Carrington »

音楽」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Up All Night/John Scofield | トップページ | Real Life Story/Terri Lyne Carrington »

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online

アマゾンへのリンク

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト