共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Love Fugue/Uri Caine Ensemble, La Gaia Scienza | トップページ | Bedrock/Uri Caine »

2022/07/06

The Goldberg Variations/Uri Caine Ensemble

Urithegoldb ユリ・ケインはこの時期立て続けにアルバムを出していて、今度はバッハの「ゴルトベルグ」です。しかもこれも解体=再構築での演奏なので、果たして、これを純粋なクラシックファンが怒らずに面白がって聴ける層ってどれぐらいあるのか、ちょっと心配ではありますね。ただ、こういうアルバムも元の内容をよく分かっているとすれば、変化球がいろいろ入っていて面白いことは面白い。クラシックとジャズだけまたがっているわけではなく、もっといろいろなジャンルを取り入れてはいるのですが、ここではあえてクラシック&ジャズということにしておきます。それにしてもCD2枚組72曲(収録時間153分)というのもすごいなあ、と思いながら聴いてます。

 

The Goldberg Variations/Uri Caine(P) Ensemble(Winter & Winter) - Recorded October, 1999 - January, 2000. Vittorio Ghielmi(Gamba), Arno Jochem(Gamba), Paul Plunkett(Tp), Annergret Siegel(Vln), Gregor Hubner(Vln), Kettwiger Bach Ensemble, David Moss(Vo), Dean Bowman(Vo), Ralph Alessi(Tp), Don Byron(Cl), Ralph Peterson(Ds), Josh Roseman(Tb), Bob Stewart(Tuba), Koln String Quartet, Cordula Breuer(Recorder), Michael Freimuth(Lute), Drew Gress(B), Greg Osby(As), Quertetto Italiano Di Viole Da Gamba, Barbara Walker(Vo), Reggie Washington(B), James Genus(B), Todd Reynolds(Vln), Reid Anderson(B), Marco Bermundez(Vo), Milton Cardona(Per), Paulo Puraga(Ds), Vinicius Cantuaria(Vo), Sadiq Bey(Poet), Joerg Reiter(Accordion), Tracie Morris(Poet), Liz Allessi(Bassoon), Ernst Reijseger(Cello) - 1. Aria 2. Variation 1 3. Variation 2 4. The Introitus Variation 5. The Dig It Variation 6. Logic's Invention 7. The Stuttering Variation 8. Variation 3, Canon At The Unison 9. The Hot Six Variation 10. Variation 5[+8] 11. Rachmaninoff 12. The Dr. Jekyll & Mr. Hyde Variation 13. Vivaldi 14. Variation For Saxphone & Piano 15. Variation 4 16. The Waltz Variation 17. The Carol Variation 18. Variation 6, Canon At The 2nd 19. The Stomp Variation 20. The Nobody Knows Variation 21. Canon At The 3re 3/4 22. Variation 7, Gigue 23. Variation 8, Canon At The 3rd 24. Variation 10, Fughetta 25. Variation 11 26. Variation For Violin & Piano 27. Variation 12, Canon At The 4th 28. Variation 13 29. The Hallelujah Variation 30. The Verdi Piano Duet Variation 31. Luther's Nightmare Variation 32. Canon At The 6th 6/4 33. the Jaybird Lounge Variation 34. Variation 14 35. Variation 15, Canon At The 5th 36. The Contrapunto Variation 37. Variation For Piano Solo No.1 38. Canon At The 5th 5/4 39. The Chorale Variation 40. Variation 16, [Overture] 41. Don's Variation 42. Variation For Vinicius 43. Olive's Remix 44. The I Poem Variation [Fughetta For 4 Voices] 45. Variation 17 46. Variation 18, Canon At The 6th 47. Mozart 48. Canon At The 7th In 7/4 49. The Minimal Variation 50. The Tango Variation 51. The Boxy Variation 52. Variation 19 53. Variation 21, Canon At The 7th 54. The Wedding March Variation [For Ralph & Liz] 55. Variation 22 56. Variation For Gamba Quartet 57. Canon At The 4th In 4/4 58. Variation For Piano Solo No.2 59. Variation On B-A-C-H 60. Variation For Cello Solo 61. Handel 62. Variation 23 63. Variation 25 64. Variation 26 65. Variation 29 66. Variation 30 Quodlibet 67. Variation 30 Quodlibet/The Dinking Party 68. Logic's Organ Prelude 69. Uri's Organ Prelude 70. The Blessings Variation 71. Aria 72. The Eternal Variation

クラシックのジャンルのアルバムなのですが、そのまんまクラシックの曲もあれば、そこにナレーションなどが入った曲、ジャズっぽい曲、DJによる打ち込みやサンプリングの世界の曲など、非常に変化に富んでいます。これがバッハのゴルトベルク?とクラシックファンは怒り出すことはほぼ間違いはないだろうなあ、と思います。 それをやってしまうのもスゴい。それにしても有名無名とりまぜて、各方面からの参加者が非常に多く、充実。 有名なミュージシャンも混ざっています。曲が短いので、2枚のCDに72曲入っています。実に壮大なアルバムなので、やっている方は大真面目かも しれないのですけれど、通して聴くほうは、ゴチャマゼ・ミュージックなので冗談色が強いような気もしています。かなり聴く人を選ぶのでは。(00年10月29日発売)

« Love Fugue/Uri Caine Ensemble, La Gaia Scienza | トップページ | Bedrock/Uri Caine »

音楽」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

Winter&Winterレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Love Fugue/Uri Caine Ensemble, La Gaia Scienza | トップページ | Bedrock/Uri Caine »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト