共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Just So Happens/Gary Peacock & Bill Frisell | トップページ | First Meeting/Tethered Moon »

2022/06/27

Crossfade/Masahiko Osaka

Osakacrossfこの時期は日本人のジャズもよく買っていたなあ、と思います。特にキングが力を入れていて、いいアルバムが今よりも多かったような気がしています。今回はゲイリー・ピーコックつながりで取り上げましたけど、まだホームページにもないアルバム、けっこう多いんじゃないかな。それにしてもこのアルバムはちょっと特殊で、周りを外国人ミュージシャンが取り囲んでいます。ストリーミングにはなかったのが少々残念。ベーシストのもう一人はリューベン・ロジャースだし、メンバーを見ても、けっこう豪華な顔ぶれだったんですね。やはりジャズのアルバムにお金をかけることができた時代。こういうのがあるから、処分するのがためらわれる。

 

Crossfade/Masahiko Osaka(Ds)(Paddle Wheel) - Recorded September 27 and 28, 1999. Nicholas Payton(Tp), Brian Lynch(Tp), Antonio Hart(As, Ss), Mark Turner(Ts, Ss), David Murray(Ts, Bcl), Anthony Wonsey(P), Onaje Allen Gumbs(P), Ruben Rogers(B), Gary Peacock(B) - 1. Don't Get Upset 2. Last Summer 3. Cold Love 4. Minor Mood 5. Sinple Waltz 6. Scarborough Fair 7. Morning Dance 8. Fragment 9. In A Merrow Tone 10. Just Like A Woman

けっこう有名なミュージシャンが参加しています。 しかも外国のミュージシャンばかりとの対戦で、真っ向から勝負。若手(1-3、6、8曲目)と、中堅&ベテラン(4-5、7、9-10曲目)の2つのグループに分けた録音とのこと。大半の曲が大坂昌彦作曲で、作曲者としてのセンスをこれでもか、と見せつけています。曲はカラフルで2、5曲目のようにメロディが美しいものから、3曲目のアップテンポのもの、8曲目のファンクっぽいものまでさまざま。6曲目で「スカボロー・フェア」と9曲目のデューク・エリントン、10曲目のボブ・ディランの曲なども。曲からはジャズ以外の要素も感じられます。そして肝心のドラムも負けていません。まさに今のジャズ、という感じ。ゲイリー・ピーコックは4-5、7、9-10曲目に参加。(99年12月23日発売)

« Just So Happens/Gary Peacock & Bill Frisell | トップページ | First Meeting/Tethered Moon »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Just So Happens/Gary Peacock & Bill Frisell | トップページ | First Meeting/Tethered Moon »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト