共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Waltz Red Side/Steve Kuhn Trio | トップページ | ’22年上半期私的ジャズベスト3 »

2022/06/24

Waltz Blue Side/Steve Kuhn Trio

Steveblueside たまたま次にゲイリー・ピーコックをやろうとしていたので、彼の参加アルバムの順番を変えて、前回に引き続き紹介できるようにしました。「レッド」「ブルー」の印象はやはり強く、聴いていてもそれぞれにそれぞれのイメージがあります。それにしても、よく、同じ曲がほとんどでベーシストだけを交替させるという案を、発案した人も発案した人だし、それを受け入れる方も受け入れる方だと思います。まあ、彼らほど一流になると、セッションのひとつにすぎないのかもしれませんが。一部に4ビートがあるとはいえ、ワルツという特集も功を奏したとは思います。そのあたりのセッティングがなかなか興味深いです。

 

Waltz Blue Side/Steve Kuhn(P) Trio(Venus) - Recorded May 9-11, 2002. Gary Peacock(B), Billy Drummond(Ds) - 1. When I Grow To Old To Dream 2. Charade 3. Remember 4. Years Later 5. Once Upon A Summertime 6. I'll Take Romance 7. I'm Glad There Is You 8. Pastorale 9. My Buddy

「レッド・サイド」と収録曲は1曲を除いて同じで、ベースがエディ・ゴメスでなくゲイリー・ピーコックになっただけという面白い収録方法。そして曲は原曲がワルツで、アレンジ上4ビートが一部混ざる構成。確かに「ブルー」のサウンド・イメージが強く、冷静に、脇役としてピアノが進んでいくのにベースとして手を差し伸べているという印象。それでいてベースの存在感は大きいです。ウォーキング・ベースはあまり出てこずに、ピアノの周りを合わせながら漂っている雰囲気。その分ピアノの方も冷静で繊細な演奏が多くなっていて、ほどほどに内省的な雰囲気が漂っています。もちろん、ヴィーナス・レーベルなのでスティーヴ・キューンにしては開放的な部分もありますが。そんな中で6曲目では元気な演奏を聴かせてくれます。(02年8月21日発売)

« Waltz Red Side/Steve Kuhn Trio | トップページ | ’22年上半期私的ジャズベスト3 »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Waltz Red Side/Steve Kuhn Trio | トップページ | ’22年上半期私的ジャズベスト3 »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト