共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« A Map Of The World/Pat Metheny | トップページ | Hafla/Jon Balke Siwan »

2022/05/06

Trio 99->00/Pat Metheny

Pattrio9900 パット・メセニーのこの時期のアルバムはけっこうインパクト強めのものが多く、このメンバーでも2枚出ましたが、ギター・トリオでは今考えると当時最強だったんじゃないかと思えるアルバムになっています(ギタートリオでは他のメンバーもあって一概には断定できませんけど)。このアルバムの発売当時はそこまですごい、というのがちょっと理解できなかったのかもしれません。まだレーベルがワーナーだった時期のアルバムですね。後にワーナーがジャズから撤退して、ほぼミュージシャンはノンサッチに移籍したのですが。彼には「ブライト・サイズ・ライフ」というデビュー作の愛聴盤があるのですが、トータルで見ると、このメンバーのアルバムもなかなかいいなあ、と思えます。

 

Trio 99->00/Pat Metheny(G)(Warner Bros) - Recorded August 1999. Larry Grenadier(B), Bill Stewart(Ds) - 1. (Go) Get It 2. Giant Steps 3. Just Like The Day 4. Soul Cowboy 5. The Sun In Montreal 6. Capricorn 7. We Had A Sister 8. What Do You Want? 9. A Lot Of Livin' To Do 10. Lobe Jack 11. Travels

全11曲中8曲がパット・メセニーのオリジナル 、またはライル・メイズとの共作。中にジャイアント・ステップスやウェイン・ショーターの曲があったり、ラストの2曲はパット・メセニー・グループの再演曲があったりとうれしい構成。最初は何となく彼の他のギター・トリオのアルバムに比べて地味かなあと思ったりしましたけれど、全体のサウンドが微妙なところでまとまっていて、ハマッてしまいました。この3人でなければ得られない 、なかなかスゴい世界が広がっています。特にビル・スチュワートがいい。1曲目からギターも全開で、その露出度も高いです。ただ、ゆったりと全体で聴かせる曲の方がどちらかというと好みかも。 派手ではない分、スルメ状態のヘヴィーローテーションになっていくような気がします。(00年2月23日発売)

« A Map Of The World/Pat Metheny | トップページ | Hafla/Jon Balke Siwan »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« A Map Of The World/Pat Metheny | トップページ | Hafla/Jon Balke Siwan »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト