共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Latin Touch/Makoto Kuriya | トップページ | Style - Euro Modern Revival 2003 Featuring Workshy/Makoto Kuriya »

2022/03/31

Though Seasons Change ~ Violet Evergarden Piano Memories ~/Evan Call

Violetthough このアルバムを買ったときはアニメのピアノアレンジ版ということで、ブログにアップする予定がなかったのですが、よく調べてみると、ピアニストが先日「Embryo」というジャズ(?)アルバムを出した孤高のピアニスト、佐藤浩一氏だったので取り上げてみました。とは言うものの、聴いた感じではジャズ色は全くなく、譜面をもとにする演奏なので、クラシック的であり、イージーリスニング的でもあります。ただ、そのピアノが、元の曲の影響もあるのか聴いていて非常に心地よいです。ストリーミングでは「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」で検索すると出てきますので、お時間のある方は、どうぞ。

 

Though Seasons Change ~ Violet Evergarden Piano Memories ~/Evan Call(Lantis) - Released 2022. Koichi Sato(P) - [CD1] 1. Theme Of Violet Evergarden 2. A Doll's Beginning 3. A Simple Mission 4. Another Sunny Day 5. Rust 6. The Ultimate Price 7. The Long Night 8. An Admirable Doll 9. Back In Business 10. Across The Violet Sky 11. Whatever You Are 12. Torment 13. Frctured Heart 14. Always Watching Over You 15. Never Coming Back 16. Letters From Heaven 17. What It Means To Love 18. One Last Message 19. The Love That Binds Us 20. The Birth Of A Legend 21. To The Ends Of Our World 22. Violet's Letter   [CD2] 1. Discovering The Past 2. The Legacy Of Violet Evergarden 3. Violet And Isabella 4. A New Era Begins 5. Strangeling 6. Ink To Paper 7. A Place To Call Home 8. A Bond Between Sisters 9. Those Words You Spoke To Me 10. The Voice In My Heart 11. Yuris' Confession 12. As The Days Pass Us By 13. For The Land That I Came From (Ctrigall Drinking Song) 14. Beyond These Waves 15. The Hardships Of Gilbert Bougaubvillea 16. Tears In The Rain 17. A Young Boy's Last Wish 18. Live On For Me 19. Violet's Final Letter 20. Echo Though Eternity 21. Her Spirit Lives On 22. Softly Sing To Me (Magnolia Family Lullaby)

アニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」のサウンドトラックのピアノ・アレンジ版。元の曲はエヴァン・コール作のオーケストラ・アレンジのものでしたが、それを酒井麻由佳氏が編曲。佐藤浩一氏がピアノ演奏をしています。収録時間はCD2枚で126分ほどと長いですが、そこに44曲を収録していて、1曲あたり3分ほどと、コンパクトにまとめられていて、聴きやすい内容になっています。作曲者本人が前に言及していましたが、メロディがはっきりと浮き上がっているように曲を作ったそうで、このピアノ演奏でも、各曲ともに、印象深いメロディでつづられています。アニメをかみしめながら、じっくりと聴くにもいいし、激しい部分がほとんどないので、お店のBGMにかけてもいいのではないかと思います。ある意味到着点にあるのでは。(22年3月30日発売)

« Latin Touch/Makoto Kuriya | トップページ | Style - Euro Modern Revival 2003 Featuring Workshy/Makoto Kuriya »

音楽」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

映画音楽・サウンドトラック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Latin Touch/Makoto Kuriya | トップページ | Style - Euro Modern Revival 2003 Featuring Workshy/Makoto Kuriya »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト