共同企画(’21年終了)

無料ブログはココログ

« A Glimpse Of The Eternal/David Binney Quartet | トップページ | Popsicle Illusion/Joanne Brackeen »

2022/03/10

Pink Elephant Magic/Joanne Brackeen

Joannepinke また次の新譜CD入荷まで少し間があるので、過去盤聴きを続けていきます。実はヨアヒム・キューンをやろうと思っていたんだけど、それはすでに手持ちは全部ブログにアップ済み。今日のジョアン・ブラッキーンも、残り3枚以外はブログにアップ済みではありました。でも、あまり知られていなくても、これを避けては通れないかな、とも思い、今回のアップです。収録時間は66分。メンバーを見ると、入れ替わりながらの演奏ですが、有名どころがズラリ。残念ながらストリーミングでは全曲聴けないようですけど、機会があればどこかで聴いてみていただきたいな、と思います。ジャケットはかわいいですけど、なかなか聴きごたえはあります。

 

Pink Elephant Magic/Joanne Brackeen(P)(Arkadia) - Recorded August 1998. Nicholas Payton(Tp), Chris Potter(Ss, Ts), John Patitucci(B), David Liebman(Ss), Horacio "El Negro" Hernandez(Ds), Kurt Elling(Vo) - 1. Pink Elephant Magic 2. Ghost Butter 3. Wave 4. What's Your Choice, Rolls Royce? 5. Beethoven Meets The Millennium In Spain 6. Strange Meadowlark 7. Tico Tico 8. In Vogue 9. Cram'n Exam 10. Filene's

曲によってメンバーが変わり、 そのせいかどうか、けっこうカラフルな曲調になっています。男性的なピアノで相変わらず力のこもっているアルバム。1曲目のタイトル曲からして楽しげながら、変拍子もあるやや複雑なテーマの曲。ファンキーで力強い2曲目、アントニオ・カルロス・ジョビン作の有名な3曲目、 この曲のみヴォーカル入りの4曲目、ベートーベンをけっこう意識したしている(当然か)5曲目、ピアノ・ソロでの6曲目、5拍子でティコ・ティコをやるゴキゲンな7曲目、渋めで攻めている8曲目、あたかも腕試しのような急速調で複雑なテーマを持つ9曲目。最後の10曲目は明るめで後半盛り上がっていく曲。デイヴ・リーブマンは4、10曲目に、ジョン・パティトゥッチは1-5、7-10曲目に参加 しています。(99年11月25日発売)

« A Glimpse Of The Eternal/David Binney Quartet | トップページ | Popsicle Illusion/Joanne Brackeen »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« A Glimpse Of The Eternal/David Binney Quartet | トップページ | Popsicle Illusion/Joanne Brackeen »

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online

アマゾンへのリンク

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト