共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Twilight/Geri Allen | トップページ | Etudes/Charlie Haden/Paul Motian »

2022/01/09

The Gathering/Geri Allen

Gerithegather ジェリ・アレンのリーダー作は前回で終わりかと思ったら、何枚かおいてその後のアルバムが1枚残っていました。参加しているロビン・ユーバンクスに手をつけていた時に、先にアルバムコメントの変更をしていたようです。なんだか、せめてリーダー作だけでも全部ブログにあげる、という作業も難しくなってきたような。今日のアルバム、有名どころがズラリと出ていて、なかなか貫禄のあるアルバムに仕上がっています。しかも曲によってはホーンも入っていて、豪華な雰囲気もあります。もちろん、ピアノ・トリオやクァルテットなどの編成の曲もありますし。この時期になると、彼女のジャズとしてけっこう成熟しているなあ、と改めて思います。曲によってはジャズからはみ出ている感じも。

 

The Gathering/Geri Allen(P)(Verve) - Recorded February 19-21 and 25, 1998. Wallece Roney(Tp), Robin Eubanks(Tb), Buster Williams(B), Lenny White(Ds), Mino Cineru(Per), Vernon Reid(G), Dwight Andrews(Bcl, Piccolo, Afl, Bfl), Ralphe Armstrong(B), Little Wally(Tp) - The gathering 2. Dark Prince 3. Sleepin' Pretty 4. Light Matter 5. Baby's Breath (For Little Barbara) 6. Ray 7. Soul Heir 8. Joy And Wonder 9. Gabriel's Royal Blue Reals 10. Daybreak And Dreams 11. Angels 12. Light Matter (Alternate Takes)

ある時はピアノが駆け巡り、ある時は抑制気味に弾かれていて、聴いていてゾクゾクします。全曲オリジナルで、作曲とフレーズの鋭い感性。ホーンがソフトにまとわりついてくるサウンドながら、ピアノはマイペースのタイトル曲の1曲目、ロック畑のヴァーノン・リードのエレキ・ギターが異様な迫力の2曲目、さらに彼がアコースティック・ギターで参加した6、8曲目、メロディがきれいでやや渋めな3曲目、ピアノ・トリオで丁丁発止の演奏が繰り広げられる4曲目(別テイク12曲目)と7、10曲目、しっとり感ややエキゾチック風味の小品の5曲目、トロンボーンとトランペットも活躍する9曲目、エキゾチックさを漂わせるホーンの味付けがいい11曲目。案外ドラムスがやりたい放題の演奏。ロビン・ユーバンクスは1、5、9、11曲目に参加。

« Twilight/Geri Allen | トップページ | Etudes/Charlie Haden/Paul Motian »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Twilight/Geri Allen | トップページ | Etudes/Charlie Haden/Paul Motian »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト