共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Lask 2: Sucht +Ordnung/Ulrich P. Lask | トップページ | The Talk Of The Town/Bennie Wallace »

2021/12/12

Bordertown/Bennie Wallace

Bennieborder ベニー・ウォレスのBlue Note第2弾で、なぜかこのレーベルではこれで終わり。やはりセールス的にはあまり伸びなかったのか、彼に向いてなかったのか。あまり向いてないとは思いませんでしたけど、ドクター・ジョンのプロデュースというのが彼に向いていたのか、どうか。ロック・ビートの曲が多いのもいいけど、個人的には何だか作られた感が強く感じてます。それでもメンバーが曲によっていろいろ交替するので、予算をかけて作られたものだとは思うんですけどね。収録時間は49分。やはり個人的にはエンヤの方が彼を分かっていたのだなあ、と思えたりもしています。でもこのアルバムも力の入っているのは分かります。

 

Bordertown/Bennie Wallace(Tp)(Blue Note) - Recorded June 1987. Ray Anderson(Tb), Dr. John(P, Vo), John Scofield(G), Eddie Gomez(B), Herlin Riley(Ds, Per), Chris Parker(Ds, Per), Mitch Watkins(G), Will Lee(B), Alvin Queen(Ds), Jay Anderson(B), Jeff Hirshfield(Ds) - 1. Skanctified 2. Stormy Weather 3. East 9 4. Border Town 5. Bon-A-Rue 6. Seven Sisters 7. Carolina Moon 8. Dance With A Dolly (With A Hole In her Stocking) 9. It's Only A Paper Moon

プロデュースがドクター・ジョンなので、地元ニュー・オリンズの影響がやっぱり強く、前作以上にジャズから離れてロック・ビート的です。1曲目などはその典型的な曲。ゴツくワイルドなテナーです。2曲目はスタンダードですがやっぱり南部の香り。3曲目はビートの効いたやっぱりゴツい演奏。4曲目のタイトル曲はタンゴ風の演奏。カリプソっぽいやはり独特なテーマを持つ5曲目、聴いていてウキウキしてしまう6曲目、ゆったりとしたポップスっぽい7曲目、ドクター・ジョンのヴォーカルによるノリの良いロックの8曲目。9曲目は有名な曲ですが、とにかく明るいリズムにサックス。ジョン・スコフィールドは1-6曲目に、エディ・ゴメスは1-3、5-6、8曲目に参加。ジョン・スコフィールドにブルース魂(?)を見ました。

« Lask 2: Sucht +Ordnung/Ulrich P. Lask | トップページ | The Talk Of The Town/Bennie Wallace »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Lask 2: Sucht +Ordnung/Ulrich P. Lask | トップページ | The Talk Of The Town/Bennie Wallace »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト