共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« アンダーグラウンド/フタリ | トップページ | Mystic Bridge/Bennie Wallace »

2021/11/28

2021年の私的ジャズベスト3

Charlestone_20211125220901 Daveanother_20211125220801 2671_20211125220701 たぶん今までで一番風変わりな、毎年恒例の年間ベスト3です。昨年12月から今年11月までで選んでます。今年は上半期にいいのがあって迷い(ECMとかは1年を通して最後まで迷いました)、そして日本人のアルバムもいいのがあって迷い(上半期で次点で3枚選んでます)、なかなか決まらなかったのですが、結局上半期で選んだ2枚と、マーク・ジョンソン作のベース・ソロアルバムにしました。パット・メセニーの作曲家に専念したアルバムとか、上原ひろみの弦楽四重奏団とのアルバムなども気になっていたのですが、3枚となるとどうしても最大公約数的にはなってしまいます。しかも、ジャズの好みは十人十色で、ベスト3をやっても、あまり他の人と重なるところがないのが面白い。私も今回次点を含めて4ビートはほぼないし、今年は特殊だと思います。ベース関係が2枚になってしまったのは、自分がエレキ・ベースを趣味程度ですが弾くことと関係あるのかもしれません。つまらん、とか言われそう。なお、この5枚は偶然にも、Amazon Music HDのストリーミングで、全てハイレゾ(96k/24)で聴けます。

 

Tone Poem/Charles Lloyd(Ts, Afl) & The Marvels(Blue Note)(輸入盤) - Released 2021. Bill Frisell(G), Greg Leisz(Steel G), Reuben Rogers(B), Eric Harland(Ds) - 1. Peace 2. Ramblin' 3. Anthem 4. Dismal Swamp 5. Tone Poem 6. Monk's Mood 7. My Amor (Live) 8. Lady Gabor 9. Prayer

(21/03/30)チャールス・ロイド作は4-5、9曲目で、オーネット・コールマン作が1-2曲目、レナード・コーエン作が3曲目、セロニアス・モンク作が6曲目、ガボール・サボ作が8曲目など。収録時間は70分。Marvels名義では3作目なので、けっこう力を入れているグループ。やはりビル・フリゼールとGreg Leiszが全体に及ぼすサウンドの効果は大きく、彼らの名義にしてもおかしくないような影響力を持ってます。特に3曲目など。今回はカヴァー曲は多めですが、1-2、6曲目なども、彼らのオリジナルのような調子で演奏してます。4曲目のアルト・フルートもなかなか雰囲気がいい。タイトル曲の5曲目は出だしに自由なスペースがあって、本編はメロディアスな雰囲気。ロック的なビートに乗る8曲目はややアグレッシヴな感じ。

 

Another Land/Dave Holland(B), Kevin Eubanks(G) & Obed Calvaire(Ds)(Edition Records)(輸入盤) - Recorded September 11, 2019. - 1. Grave Walker 2. Another Land 3. Gentle Warrior 4. 20 20 5. Quiet Fire 6. Mashup 7. Passing Time 8. The Village 9. Bring It Back Home

(21/06/11)2、5、7、9曲目がデイヴ・ホランド作曲、1、4、6、8曲目がケヴィン・ユーバンクス作曲、3曲目がObed Calvaire作曲。収録時間は67分。ホランドは一部エレクトリック・ベース(1、6、8曲目)とアコースティック・ベースを使い分けて、ファンク的な曲が入っています。ギター・トリオというシンプルな編成でこれだけの時間聴かせるのはなかなか大変なのに、また録音でのエレキベースは最近ほとんどなかっただけに、やはりホランドは年齢の割になかなかトンガっているなあと。静かな曲もありますが、なかなか渋くて雰囲気が出ています。時間が長めなので、それぞれの演奏の間の空き方(同じフレーズの繰り返しとか)にも味が出ていることが分かります。熟練の2人と若手のドラマーとの渋いコラボレーションですね。

 

Overpass/Marc Johnson(B)(ECM 2671)(輸入盤) - Recorded January and February 2018. - 1. Freedom Jazz Dance 2. Nardis 3. Samurai Fly 4. Love Theme From Spartacus 5. Life Of Pai 6. And Strike Each Tuneful String 7. Yin And Yang 8. Whorled Whirled World

(21/08/28)1曲目がエディ・ハリス作、2曲目がマイルス・デイヴィス作、4曲目が映画音楽の他は、マーク・ジョンソンの作曲ないしは即興演奏。収録時間は43分で、アコースティック・ベースのソロになっています。プロデュースはマーク・ジョンソンとイリアーヌ・エライアス。1曲目はベースパートを奏でつつのそこにメロディのアドリブをはさんでいるので、ノリがあって退屈させない演奏になってます。他の曲でもその攻め方は実践しているようで。3曲目は音からすると多重録音のようですが。さすがやり手のベテラン・ベーシストという雰囲気の曲が続き、ECMにしては少し賑やかかな、という感じも、おそらく持ち込み音源だからなのかも。それでいて、ベース・ソロでの間というか、自然発生的にできてくる空間を大切にしています。

 

Ueharasilver_20211125221901 Patroadto_20211125221901 (次点2枚)
シルヴァー・ライニング・スイート/上原ひろみ(P) ザ・ピアノ・クインテット(Telarc)
Road To The Sun/Pat Metheny(Comp, 42 String G on 11)(Modern Recordings)

実は創りこみとかサウンドの点では、この次点の2作の方が圧倒的に高いのだけど、もっと気軽に聴けてしみこむものを、というのは年齢に関連するかもしれないなあ、と思ってみたりもします。

 

(追記11月30日)偶然ですが私のベスト3のうち2枚が1位と9位で、下記Webに掲載されてます。最近のアメリカの人気度かしら。

https://www.jazzwise.com/features/article/the-20-best-jazz-albums-of-2021

« アンダーグラウンド/フタリ | トップページ | Mystic Bridge/Bennie Wallace »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

上半期・年間ベスト」カテゴリの記事

コメント

一年間、お世話になりました。m(_ _)m
恒例のベストを選んでみました。
今年は、全然、重ならなかったですね!
でも、ベスト3、3枚とも大好きです!

来年もよろしくお願いします。m(_ _)m
https://mysecretroom.cocolog-nifty.com/blog/2021/12/post-00bc00.html

>Suzuckさん

今年もお世話になりました。
Suzuckさんのはベスト10なのにそれでも重なりませんでしたね。
そこがジャズの面白いところ。

来年もよろしくです。

工藤さん,こんにちは。私もようやく今年のベスト作をアップしました。

工藤さんチョイスの3枚のうち,Charles LloydとDave Hollandは重なっていますが,Marc Johnsonもベース・ソロとしては取っつきやすく,実にいい作品だったと思います。

私はジャズだけではなく選んでいますが,振り返ってみれば,コロナ禍に見舞われた割にはなかなかいいアルバムに恵まれた1年だったように思います。

ということで,当方記事のURLを貼り付けさせて頂きます。
https://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2021/12/post-174215.html

本年もお世話になりました。よいお年をお迎え下さい。

>中年音楽狂さん

こんばんは。
今日は群馬の車の往復と200キロ近いスピーカーの運搬で大変な日でした。昨夜急に予定を決めたので止むを得ませんが。

今年はいつもはベスト3が重なる方が重ならなかったり、意外なところで重なったりと興味深い年になりました。確かに、ベストを選ぶのに迷う、いいアルバムが多い年でもありました。

来年もよろしくお願いいたします。

以前、60枚近いアルバムを発掘させていただきました。
クリスポッターや、チャールズロイド、デイブホランドのbig bandなど
全く知らなかったアルバムを購入できて、今も愛聴しています。
今回のベスト3も中々エッジが効いているので参考にさせていただきます。

また、他の記事でECMをほぼ制覇できたという事で、もし良ければ、
ECM私的ベスト50?のような記事も見てみたいです。

>井口さん

こんにちは。ブログを見ていただきありがとうございます。

今年のベスト3はけっこう風変わりだなあ、と自分で思っていたのが、他の人やネットなどのベストが出てみると、マーク・ジョンソン以外はそんなに変わってもいなかったんだってことに気が付きました。時期が時期だけに、あまり購入枚数を増やすことができないのがつらいところです。

ECMベスト50という案もいいですねえ。ただ、他の人が年間ベスト10を選んでいる時にベスト3にしたりとか、枚数を減らしてはいるので、50枚とはいかずとも、何らかのことで考えてみたいと思います。ご意見どうもありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アンダーグラウンド/フタリ | トップページ | Mystic Bridge/Bennie Wallace »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト