共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Midnight In The Garden Of Good And Evil | トップページ | Close Enough For Love/Fleurine »

2021/11/07

Jazz Christmas Party

Jazzchristp 収録時間は60分。この頃はワーナー(他のレーベルもそうですけど)もお金があったのかどうか、所属のミュージシャンをフルに使い、豪華なオムニバスアルバムをけっこう作っていますね。このクリスマス・アルバムもそうで、メンバーが非常に豪華で。しかも聴きやすい。ただ、こういうアルバムはだいたいその場限りの発売で、その後入手するのが難しくなることが多いようです。これだけのメンバーが出ているのなら、当時は即買いだったんですけどね。クリスマスのアルバムということで、やはり人気は出ますよね。日本より欧米の方がウケがいいのかどうか。ジャスをあまり意識しなくても耳に入ってくるので、1枚ぐらいは持っていてもいいんじゃないか、ってほどのアルバムではあります。

 

Jazz Christmas Party(Warner Bros) - Recorded May and June 1997. Joshua Redman(Ts), Brad Mehldau(P), Larry Grenadier(B), Jorge Rossy(Ds), Al Jarreau(Vo), Boney James(Ts), Bob James(P), Larry Goldings(Org), Nick Moroch(G), James Genus(B), Billy Kilson(Ds), Bashiri Johnson(Per), Kirk Whalum(Ts), Peter Bernstein(G), Jeff Ballard(Ds), Michael Franks(Vo), Gabriela Anders(Vo), Kevin Mahogany(Vo), Mark Turner(Ts), Bela Fleck(Banjo) - 1. Satna Clause Is To Town 2. Celebrate Me Home 3. A Cardle In Bethlehem 4. I Bought You A Plastic Star For Your Aluminum Tree 5. Our First Christmas 6. Silent Night 7. Have Yourself A Merry Little Christmas 8. I'll Be home For Christmas 9. Pure Imagination 10. Christmas Time Is Here 11. Presonet Hodie (Sing Aloud On This Day) 12. White Christmas

ワーナー・ブラザースだからこそできる豪華な顔合わせのクリスマス・アルバムです。オムニバスながら、聴きやすい仕上がりになっています。ジョシュア・レッドマンは1曲目の「サンタが街にやってくる」におなじみのクァルテットで参加。ただし、いつもの彼のペースと言えるかも。マイケル・フランクスは4曲目の「君に贈るプラスティック・スター」に参加していて、これは彼の自作曲。ジャジーな演奏で、ゆったりといつものペースで歌っています。ボブ・ジェームスは2、5、7、11-12曲目に、ブラッド・メルドーは1、6、8-10曲目に参加しています。 この2人はけっこう露出度が高めなので、この2人のファン向けかもしれません。他に2曲目にはアル・ジャロウの、8曲目にはケヴィン・マホガニーのヴォーカルとこれまた豪華。

« Midnight In The Garden Of Good And Evil | トップページ | Close Enough For Love/Fleurine »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Midnight In The Garden Of Good And Evil | トップページ | Close Enough For Love/Fleurine »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト