共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Some Skunk Funk/Manhattan Jazz Orchestra | トップページ | When I Fall In Love/Brad Mehldau & Rossy Trio »

2021/10/26

A Love Supreme Live In Seattle/John Coltrane

Johnseattle旧譜だけど発掘音源ということで届いたばかりの新譜を紹介します。ジョン・コルトレーンの「至上の愛」全編のライヴが発掘されたということで、色めき立ってしまいましたが、収録時間は75分あるし、オリジナルレコーディングのだいたい10か月後で、サックスもよりフリーの境地に入ってきたということで、楽しみにしてました。録音はこの時期のライヴではまあまあ、リマスターは頑張っている感じだけど、ドラムスはよくなっているけどサックスがあまり前面に出てこないので、まあ、昔はよくありましたが、耳補正で聴いている感じでしょうか。値段もそんなに高くはないので、聴けたら一度聴いてみてください。

 

A Love Supreme Live In Seattle/John Coltrane(Ts, Per)(Impulse)(輸入盤) - Recorded October 2, 1965. McCoy Tyner(P), Jimmy Garrison(B), Elvin Jones(Ds), Pharoah Sanders(Ts. Per), Carlos Ward(As), Donald Rafael Garrett(B) - 1. A Love Supreme Pt.I - Acknowledgement 2. Interlude 1 3. A Love Supreme Pt.II - Resolution 4. Interlude 2 5. A Love Supreme Pt.III - Pursuance 6. Interlude 3 7. Interlude 4 8. A Love Supreme Pt.IV - Psalm

(21/10/25)収録時間は75分と長めのライヴ録音。今回発掘された音源のようで、それだけでも聴く価値はあるのかも。何と言っても「至上の愛」の完全収録ライヴと言うだけで貴重なものでもあるので。編成も7人編成と多くなっていて、元の録音とは雰囲気はともかく、サウンドが違っています。個人的にはオリジナルの「至上の愛」の方が好きではあるものの、こちらの演奏も、生きているうちに聴けて良かったと思える内容です。音質はこの時代だと、まあ、今のリマスター技術でもこのぐらいが精いっぱいかなとは思えますが。やはりサックスのフレーズは、前よりもフリーの世界に近づいていて、この基本メンバーでは、もうギリギリのところを攻めている感じです。燃えますが。さすがに75分を聴き通すには体力がいるかも。

« Some Skunk Funk/Manhattan Jazz Orchestra | トップページ | When I Fall In Love/Brad Mehldau & Rossy Trio »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Some Skunk Funk/Manhattan Jazz Orchestra | トップページ | When I Fall In Love/Brad Mehldau & Rossy Trio »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト