共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Live And Unreleased/Weather Report | トップページ | I Got Rhythm/Manhattan Jazz Quintet »

2021/10/18

Teen Town/Manhattan Jazz Quintet

Mjqteentown マンハッタン・ジャズ・クインテット(オーケストラ)も、’99年から’04年初期までのアルバム計6枚がまだブログにアップされてません。大いなるマンネリでも、売れていたのは間違いありませんし。このアルバムからテナーサックスがジョージ・ヤングからアンディ・スニッツァーに交代しています。このグループは、ストリーミングにほとんどないのが少々辛いところ。このアルバムの収録時間は50分で、久しぶりに聴いても、重量級のベース、ドラムスで聴いていて爽快ですね。今はデヴィッド・マシューズ氏は日本に住んでいて、もうMJQ(MJO)の活動がなさそうなのは少々残念かもしれないです。スウィングジャーナル誌のゴールドディスク。

 

Teen Town/Manhattan Jazz Quintet(Videoarts) - Recorded August 30 and 31, 2000. David Matthews(P), Lew Soloff(Tp), Andy Snitzer(Ts), Charnett Moffett(B), Victor Lewis(Ds) - 1. Flash Point 2. Blues Intro/The Chicken 3. Teen Town 4. Road Song 5. I Wish 6. To M.O. Emm 7. Sparkle 8. Pastime Paradise 9. Rumblin'

1曲目からオリジナルで勝負。スピード感あふれる曲、印象的で分かりやすいテーマ、それに続くエキサイティングなソロ。どの曲でもそうなのですが、ルー・ソロフのスタジオ・ミュージシャンとしての、トランペットの職人芸が見事。また、タイトル曲を含む2、3曲目はジャコ・パストリアスの曲で、アコースティック・ベースのチャーネット・モフェットの重戦車級の演奏を聴くことができます。そして、いわゆるニュー・スタンダードとも言うべき曲が並んでいますが、出てくる音はMJQとしての音。注意して聴くと、随所に無理なくアレンジされた痕跡や、サウンドの方向性があります。ずっとピアニストとしてやってきて、好セールスを獲得してきたことは、彼のアレンジした曲のカッコ良さ、シャープさ、分かりやすさなどによるものが大きいです。

« Live And Unreleased/Weather Report | トップページ | I Got Rhythm/Manhattan Jazz Quintet »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Live And Unreleased/Weather Report | トップページ | I Got Rhythm/Manhattan Jazz Quintet »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト