共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Blue Light 'Til Dawn/Cassandra Wilson | トップページ | Rendezvous/Jacky Terrasson & Cassandra Wilson »

2021/09/28

New Moon Daughter/Cassandra Wilson

Cassanewmoon あと5回ほどカサンドラ・ウィルソンが続く予定です。まあ、そこに至るまでのCDを探し出せたら、の話なんですけど。アルバムコメントも’99年の5行コメント初期時代なので、13曲もあるのに短くして全曲紹介したりして無理やり詰め込んで、少し未熟なところがありますが、なるべく文章を変えないで行きたいので、あえてそのまま。彼女の作曲も6、9-11曲目のみと少なめで、ロック、スタンダードなど、いろいろな曲を歌っています。そのどれもが彼女の色に染まってしまっていて、やはりこれが効く人をひきつける秘密かなあ、なんてことを思ったりします。やたら渋い曲もあるけど、少し軽めなフォークやロック的なサウンドの曲が目立ちます。13曲目は日本盤のみのボーナストラックで、それを含めて収録時間は67分。

 

New Moon Daughter/Cassandra Wilson(Vo)(Blue Note) - Released January 1996. Brandon Ross(G), Kevin Breit(G), Lonnie Plaxico(B), Dougie Bowne(Per), Gary Breit(Org), Tony Cedras(Accordion), Graham Haynes(Cor), Lawrence "Butch" Morris(Cor), Gib Wharton((Pedal Steel), Chris Whistley(G), etc. - 1. Strange Fruit 2. Love Is Blindness 3. Solomon Sang 4. Death Letter 5. Skylark 6. Find Him 7. I'm So Lonesame I Could Cry 8. Last Train To Clarksville 9. Until 10. A Little Warm Death 11. Memphis 12. Harvest Moon 13. Moon River

さまざまな曲を取り上げたアルバムですが、妙な統一感。ヴォーカルだけでなく、抑えた渋い演奏もこのアルバムの雰囲気を盛り上げています。内容は重い。いきなり1曲目が「奇妙な果実」ではじまって、背筋がぞぞっときました。いやあ、黒い。前人未到の黒さとでもいうのでしょうか。2曲目はU2作で、これも重く沈んだ曲調。一転明るいフォーク調の3、10曲目、ブルースの4曲目、スタンダードをスチール・ギターをバックに歌う5曲目、ブランドン・ロスのオクターヴ・ギターが印象的な6曲目、カントリーの7曲目、ロックの8曲目、メロディが心に染み入るオリジナルの9曲目、R&B的で渋い11曲目、ニール・ヤング作のバラードの12曲目。13曲目はとにかく黒い「ムーン・リヴァー」。グレアム・ヘインズは1曲目に参加。

« Blue Light 'Til Dawn/Cassandra Wilson | トップページ | Rendezvous/Jacky Terrasson & Cassandra Wilson »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Blue Light 'Til Dawn/Cassandra Wilson | トップページ | Rendezvous/Jacky Terrasson & Cassandra Wilson »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト