共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« En Attendant/Marcin Wasilewski Trio | トップページ | Crossings/Steve Khan »

2021/09/16

Raise Up Off Me/Ralph Peterson

Ralphraise 亡くなったラルフ・ピーターソンの遺作(?)になります。まだ元気な時の録音だけど、最近彼の姿を見ないな(1枚彼のアルバムを買い逃してますし)と思ったら、今になって出てくれたので、78分間の長時間収録でたっぷり楽しませてもらいました。ヴォーカルとパーカッションは曲によって参加になっているけど、ほぼ固定メンバーではあるので、一貫した彼の曲や演奏を聴くことができます。クレジットにはないけど間奏でトランペットが出てくる場面があり、たぶん彼自身で演奏しているのかな、と思いました。アメリカ人は意外に寿命が短い人が多いので、聴けなくなるのは残念だけど、また発掘音源がでてくるかも、とせめてもの期待。

 

Raise Up Off Me/Ralph Peterson(Ds, Per)(Onyx Music Label)(輸入盤) - Released 2021. Zaccai Curtis(P, Key), Luoques Curtis(B), Jazzmeia Horn(Vo), Eguie Castrillo(Per) - 1. Raise Up Off Me 2. The Right To Live 3. Four Play 4. I Want To Be There For You 5. Bouncing With Bud 6. Blue Hughes 7. Tears I Can Not Hide 8. Naima's Love Song 9. Jodi 10. Fantasia Brazil 11. Shorties Porton 12. Raise Up Off Me Too!

(21/09/14)ラルフ・ピーターソンの遺作アルバム。収録時間は78分。1、12曲目はグループ・インプロ、3曲目がジェームス・ウィリアムス作、4曲目がZaccai Curtis作、5曲目がバド・パウエル作、8曲目がジョン・ヒックス作、11曲目がパトリース・ラッシェン作、他はピーターソン作曲。メンバーがほぼ固定なので、割と一気に録音したと思われますが、相変わらず作曲能力もあるし、例のドカドカくる目立つドラムスも健在。総合力としてはなかなかいいジャズを聴かせるだけに、亡くなったのは残念だと思う。でも、録音をこうして残して発表してくれているので、それを聴いて、少しマニアックな活力にさせてもらおうかと。ドラム・ソロの部分もありますが、いかにも彼らしい叩き方なのがうれしい。そういう個性的な、記念になる記録か。

« En Attendant/Marcin Wasilewski Trio | トップページ | Crossings/Steve Khan »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« En Attendant/Marcin Wasilewski Trio | トップページ | Crossings/Steve Khan »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト