共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« ECM New Series のバッハのみのアルバム(重複編) | トップページ | 昨年7月のアルバムコメント手直し終了後の手直し »

2021/04/29

Trickster Orchestra/Cymin Samawatie/Ketan Bhatti

2696 ECMの新譜が1枚届いたので聴きます。このアルバム、オーケストラ作品なんですけど、中東楽器を持っている人も多く、日本人も2人参加だし、ジャズとクラシックの間を行くようなサウンド、しかも無国籍的なサウンド、ということで、ECMらしいといえばらしいですね。伝統的な要素もエレクトロニクスの要素もある、不思議なアルバム。ただ、日本だと、ちょっと聴く人を選ぶアルバムかもしれませんけれども。リーダーの一人にはドラマーもいるので、時々ダイナミックなサウンドを聴くことができます。ただジャズのビッグバンドと違うのは、ホーンが少ないということでしょうか。なかなか面白いアルバムだと個人的には思いましたけど。

 

Trickster Orchestra/Cymin Samawatie(Vo, Cond)/Ketan Bhatti(Ds)(ECM 2696)(輸入盤) - Recorded January 2019. Trickter Orchestra: Rabih Lahoud(Vo), Sveta Kundish(Vo), Mohamad Fityan(Nay, Kawala), Susanne Frohlich(Recorders, Paetzoid Recorder), Tilmann Dehnhard(Fl, Contrabass Fl), Mona Matbou-Riahi(Cl), Wu Wei(Sheng), Milian Vogel(Bcl, Electronics), Florian Juncker(Tb), Naoko Kikuchi(Koto), Nassem Alkhouri(Kanun), Mahan Mirarab(G, Oud), Niko Meinhold(P), Sabrina Ma(Marimba, Vib), Taiko Saito(Marimba, Vib), Joss Turnbull(Per, Electronics), Biliana Voutchkova(Vln), Martin Stegner(VIola) Anil Eraslan(Cello), Ralf Schwarz(B), Korhan Erel(Electronics) - 1. Dhir Hamaalot 2. Hast Hussle II 3. Hafen Vor Tounsibuurg 4. Tounsibuurg 5. Gebete 6. Modara 7. Kords Kountinuum 8. Keske 9. Por Se Ssedaa

(21/04/29)Ketan Bhatti作が2-4、7曲目、Cymin Samawatie作が5-6、9曲目、2人の共作が1、8曲目。収録時間は61分。メンバーには中東系を中心に、西洋人的な名前、日本人も2人加わっていて国際的な顔合わせになっています。ヴォーカルの曲もありますが、やはり楽器も含め、西洋色と民族色(ズラリと民族楽器も並んでいます)がうまい具合に合わさっているオーケストラ。静かな部分もありますが、急にダイナミックになったりと、割とある種のジャズ的要素とクラシック的要素も合わさっています。ドラマーがリーダーの一人になっているからか。なかなか他では聴くことができないサウンドのオーケストラなので、そこは面白い。トラディショナルな側面もあるけど適度にエレクトロニクスも加わり、独創的なサウンド。

« ECM New Series のバッハのみのアルバム(重複編) | トップページ | 昨年7月のアルバムコメント手直し終了後の手直し »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

ECM2651-2701番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ECM New Series のバッハのみのアルバム(重複編) | トップページ | 昨年7月のアルバムコメント手直し終了後の手直し »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト