共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« (過去記事)1999年の私的ジャズベスト3 | トップページ | Nightwatch/Kenny Loggins »

2021/02/05

フォステクスのサブウーファーCW250A(1台目の方)修理から戻ってくる

210205speaker 先日、長男がフォステクスのサブウーファーCW250Aの2台目の方を落札して家に届いたことを書きました。そのスピーカーの動作チェックをすると間もなく、その届いた箱に入れて以前に新品で購入した1台目の方のCW250Aを修理に出しました。とは言うものの、彼は1月上旬以降帰ってきていないので2台目が届いてチェックして、また1台目の方を梱包して修理に出すのは私の役目。メーカーへのコンタクトやら資金調達は長男の役目(またいくらか出してくれ、と言ってくるかは分からないけど)、と、ネットでの通信が楽になっている時代だからできるんですよね、こういうこと。

修理に出した原因は、音が出ないことがあるとのことでしたけど、メーカーに送ったら現象が再現せず、というよくあるパターンになってしまったようで、音が出なくなった原因となりそうなヴォリュームとか回路とか(アクティヴスピーカーなので)を予防交換の依頼をした、と言っていました。それが今日届いたというわけ。送った箱で届きましたが、さすがメーカー、梱包の仕方はオークションで送ってきたところよりしっかりしていました。今日は比較的忙しいので、昼休みの時間を使って、前回やったように、サブウーファー端子につないで音出し、スピーカーケーブルをスピーカー端子につないで音出しをして問題ないことを確認。後の細かい設置や調整は、いつになるか分からないけど長男が帰ってきたらやってもらうことになります。私自身はジャズやフュージョン系の音楽を聴くときは、サブウーファーは使ってないですし。

しかし、小さいサブウーファー2台なら分かるけど、大きいサブウーファー2台だと、必要以上に音を大きくすると家が揺れるな。ただ、やたら出すものではなくて、両側においてバランス良く鳴らせば、以前は気になっていたという低音の定位が(右端に置いていたため)中央にきれいに収まるとのことで、どうなっていくのか楽しみです。低音には定位がないというけど、気になる人もいるということで。だんだんここもジャズのブログではなくてオーディオのブログになってきたりして。ネタがいくらでも出てきそうです。ただ私が少し難聴気味なので、細かい音の変化までは長男がいないと表現できないということはありますけれども。

(追記2月23日)結局、長男がオクで落とした方のサブウーファー(2台目)も修理に出して完了。前回3週間かかったのに、今回はほぼ1週間。送る時、ヤマトではスピーカーに対する念押しがすごい。なのでメーカーが送り返すときは佐川を使う。ボリュームにガリが出ていた(その他)とのことですが、確かに滑らかになって戻ってきました。オクで中古品を買う時はある程度目利きがないと、ベストの状態で聴けないということも。

« (過去記事)1999年の私的ジャズベスト3 | トップページ | Nightwatch/Kenny Loggins »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« (過去記事)1999年の私的ジャズベスト3 | トップページ | Nightwatch/Kenny Loggins »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト