Twitter

無料ブログはココログ

« Uma Elmo/Jakob Bro/Arve Henriksen/Jorge Rossy | トップページ | 再びオーディオで聴いた音の話(静かなアルバムから語りかけるもの) »

2021/02/26

The DeJohnette Complex/Jack DeJonette

Jackcomplex ふとディスクユニオンの中古盤のサイトを覗いていたら、このアルバムを発見。値段も送料を考えても手ごろだったので、購入してしまいました。実はこのジャック・ディジョネットの初リーダー作、持っていなかったんですよね。彼を知るにはこれを聴かずして、と思ってはいたんですけど、ズルズルと今になってしまいました。確かにここですでにいろいろ詰まっていますし。ストリーミングでも聴けるんだけど、やっぱりこういうCDは持っていたいですね。’91年のリマスター盤ですが、それでもちょっと低音が不足するとか、まあ、当時の録音ではやむを得なかったけど、それは脳内変換でけっこう楽しめました。今日は夕方の予定が無くなって、割とすぐに聴けました。

 

The DeJohnette Complex/Jack DeJonette(Ds, Melodica)(Milestone)(輸入盤・中古) - Recorded December 26 and 27, 1968. Bennie Maupin(Ts, Wood Fl, Fl), Stanley Cowell(P, Key), Miroslav Vitous(B on 1-2, 4-5, 8), Eddie Gomez(B on 3, 6-7), Roy Haynes(Ds on 1, 3, 6, and Per) - 1. Equipoise 2. The Major General 3. Miles' Mode 4. Requiem Number 1 5. Mirror Image 6. Papa-Daddy And Me 7. Brown Warm And Wintry 8. Requiem Number 2

(21/02/26)ジャック・ディジョネットの初リーダー作。1曲目がスタンリー・カウエル作、3曲目がジョン・コルトレーン作、5曲目がミロスラフ・ヴィトウス作(ベースがやたら目立つ)で、他は全曲彼の作曲。1曲目はエレクトリック・ピアノを使い、8ビート的なサウンドなので、’68年当時としては新しかったのでは。楽しめる雰囲気の曲も。曲によってはドラムスをロイ・ヘインズに任せて、自身はメロディカを弾いている曲もあるので、これも後年ピアノを弾くことが多かったことへの伏線。でも2-3曲目はかなりアップテンポの4ビートでハードな展開を示していて、4、8曲目の小品を含め、あらゆることを詰め込んだファーストアルバムと思えます。それにしても名のあるメンバーが集まっています。6曲目のメロディカもなかなか楽しそう。

« Uma Elmo/Jakob Bro/Arve Henriksen/Jorge Rossy | トップページ | 再びオーディオで聴いた音の話(静かなアルバムから語りかけるもの) »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Uma Elmo/Jakob Bro/Arve Henriksen/Jorge Rossy | トップページ | 再びオーディオで聴いた音の話(静かなアルバムから語りかけるもの) »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト