Twitter

無料ブログはココログ

« Country Children/Michael Naura/Wolfgang Schluter | トップページ | Windows10の大型アップデートをやったら1日かかってしまった »

2020/12/09

Solidarity/Peter Warren

60034 なぜか連日のようにLPが届きますが、届く予定まではこっちで選べないので(笑)。とりあえず6-7枚ってところでいったん中断になると思います。それまではお付き合いください。このアルバムはJAPOレーベルなんですけど、ジョン・スコフィールドとジャック・ディジョネットが参加しています。それでいてCD化もストリーミング化もされていないので、権利か何かの関係なのでしょうか。ジャズを聴き始めた当時に近かったけど、このアルバムはアンテナに引っ掛かって来なかったな。ただ、ジョン・スコで聴いてもそれっぽい演奏は1曲目だけだし、まあ、それでも聴けて良かったとは個人的には思っていますけど。

 

Solidarity/Peter Warren(B, Cello)(JAPO 60034)(LPのみ)(輸入盤) - Recorded May 1981. John Purcell(As, Ts, Ss on 1-4), John Scofield(G on 1-4), Jack DeJohnette(Ds, P on 1-4), Ray Anderson(Tb on 1-2) - 1. Riff-Raff 2. Solidarity 3. Mlle. Jolie 4. Lisa's Tilt 5. I Remember Stu

(20/12/09)全曲Peter Warrenの作曲。ラスト5曲目の小品が彼のベースとチェロの多重録音の他は、1-2曲目が5人の、3-4曲目が4人の演奏。時期的にもなかなか興味深いメンバーで、やはり特に1曲目では’80年代初頭のジャズが繰り広げられている感じ。1曲目は曲がりくねったテーマから4ビートになってそれぞれのソロが興味深く、やはりジョン・スコフィールドのソロに耳が行きます。でもこの頃は意外に真っ当か。ジョン・パーセルは少し叫ぶようなところもありバップ的にも吹くサックス。持ち替えが面白い。ベースのテーマがいいバラードと思ったら少しドロドロ気味な2曲目、ジャック・ディジョネットはミステリアスで叙情的なバラードの3曲目ではピアノも弾いてます。8ビートでノリのいいとこからフリーにも向く4曲目。

(’20年9月現在CDもストリーミング配信もなし)

« Country Children/Michael Naura/Wolfgang Schluter | トップページ | Windows10の大型アップデートをやったら1日かかってしまった »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

JAPOレーベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Country Children/Michael Naura/Wolfgang Schluter | トップページ | Windows10の大型アップデートをやったら1日かかってしまった »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト