共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« 18年ぶりにヤフオクを使ってみた | トップページ | Solidarity/Peter Warren »

2020/12/08

Country Children/Michael Naura/Wolfgang Schluter

Sp803 ECMの中古のLPを試しに買ってみました。安く買おうとするとなかなかそろわないし、そもそも市場にほとんど出てこないものもあるので、果たしてECMの残りのアルバムがストリーミング配信されるのが早いかどうかってところだと思うのですけど。やはり去年の未CD化アルバムが40数枚ストリーミングのみでの配信が始まった時は衝撃的でしたね。もう残りは10数枚なので、ECM(JAPOも含めて)さんストリーミング配信をやっておくれよ、という希望も込めて、買いました。やはりこの楽器の組み合わせだとECMではどうしてもチック・コリアとゲイリー・バートンになってしまいますが、少し地味だけどこういういいアルバムもあるよということで。

 

Country Children/Michael Naura(P)/Wolfgang Schluter(Vib, Marimba)(ECM SP 803)(LPのみ)(輸入盤) - Recorded June 1977. - 1. Ballade Fur Eine Silberhochzeit 2. Schlafen 3. Take Us Down The River 4. Argentina 5. Rosemary's Baby 6. Country Children 7. Sad Queen 8. Variation Auf „Abendlied” (Dedicated To Peter Ruhmkorf) 9. Call

(20/12/08)ナレーションはなく、音楽のみのアルバム。Peter Schulzeのプロデュース。5曲目のみクリストフ・コメダの作曲で、他はすべてMichael Nauraの作曲。8曲目にはSPシリーズで中心となるPeter Ruhmkorfへ捧げられています。ピアノとヴァイブラフォン(マリンバ含む)での演奏なので、淡々とメロディアスにECMらしく静かに進んでいく印象。1曲目はそれでもバラード曲のイメージでしたが、2曲目は一部少しフリーがかったりして、ちょっと硬派なイメージのところも。3曲目になると少しノリも良くなったブルースのデュオで心地よい。5曲目のコメダの曲は少し荘厳な雰囲気もあります。8曲目は牧歌的な8ビート。少し地味ではあるけれども、落ち着いて聴けるところは多いし、一部フリーを除いて心地良さのあるアルバムです。

(’20年9月現在CDもストリーミング配信もなし)

« 18年ぶりにヤフオクを使ってみた | トップページ | Solidarity/Peter Warren »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

ECM5801番-, ECM SP(ジャズと詩)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 18年ぶりにヤフオクを使ってみた | トップページ | Solidarity/Peter Warren »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト