Twitter

無料ブログはココログ

« プリックリー・ペア・カクタス/モリイクエ、藤井郷子+田村夏樹 | トップページ | Tigran Mansurian/Con Anima »

2020/11/24

Erkki-Sven Tuur/Lost Prayers

2666 ECM New Seriesの新譜が2枚届いているので聴いていきます。今日のアルバムはErkki-Sven Tuurの作品。もうECMではおなじみの名前ですが、今まではオーケストラ作品で、2-4人編成の演奏者の曲ばかりを収録するのはECMではこのアルバムがはじめてとのこと。普段こういう視点でアルバムを聴いていないので、なるほどなあ、と納得しました。でも、やっぱり彼の曲だなあ、という雰囲気が最初から最後まであるのは、やはり個性が強い人だな、と思います。New Seriesもなんだかんだ聴いていて400枚を超えました。普通のクラシックのファンの方とは違うとは思いますが、それなりに脱初心者はできたかなあ、とも思います。

 

Erkki-Sven Tuur/Lost Prayers(ECM New Series 2666)(輸入盤) - Recorded April 2019. Harry Traksmann(Vln on 1, 4), Leho Karin(Cello on 1, 4), Marrit Gerrretz-Tracksmann(P on 1, 4), Florian Donderer(Vlnon 2-3), Tanja Tetzlaff(Cello on 2), Annete Walther(Vln on 3), Zandi Van Dijk(Viol on 3a), Thomas Schmitz(Cello on 3) - 1. Fata Morgana 2. Synergie 3. String Quartet No.2 "Lost Prayers" 4. Lichtturme

(20/11/23)Erkki-Sven Tuurは20-21世紀のエストニアの現代音楽家。オーケストラではなく、ここでは2-4人の室内音楽での演奏。演奏の奥行きがあって、強度のある現代音楽的なクラシックを聴くことができます。’02年から17年までの曲が演奏されてます。やや愁いを帯びていて、寒色系で温度感低めな室内楽を54分にわたり4曲堪能できます。2人、4人、ピアノ入り3人の曲があり、表情は違うもサウンドは統一感があります。

« プリックリー・ペア・カクタス/モリイクエ、藤井郷子+田村夏樹 | トップページ | Tigran Mansurian/Con Anima »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

ECM2651-2701番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プリックリー・ペア・カクタス/モリイクエ、藤井郷子+田村夏樹 | トップページ | Tigran Mansurian/Con Anima »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト