Twitter

無料ブログはココログ

« The Great J & K/J.J. Johnson & Kai Winding | トップページ | Jazz Abstractions/John Lewis »

2020/07/11

The Incredible Kai Winding Trombones/Kai Winding

Kaiincredible ビル・エヴァンスの参加作の28日目。今日は引き続き、カイ・ウインディングのアルバムです。参加曲は7-9曲目と少ないですけれど、ピアノ・ソロをとる場面もあって、そこだけでも聴きたい、という方は多いんじゃないでしょうか。やはりメロディアス系でトロンボーンの重厚なハーモニーも心地よいし、気軽に聴ける1枚だと思います。トロンボーン2人とバス・トロンボーン2人という編成は、誰が考えたんでしょうね。通所だと3人プラス1人というバランスが多いのですけれども。シリアスなジャズもいいけれど、こういうジャズもたぶん当時はもっと売れていたんだろうなあと。

 

The Incredible Kai Winding Trombones/Kai Winding(Tb)(Impulse) - Recorded November 17, 21, 23 and December 13, 1960. Johnny Messner(Tb on 1-6), Tony Studd(Btb on 1-6, 10), Paul Faulise(Btb), Ross Tompkins(P on 1-6, 10), Bob Cranshaw(B on 1-6, 10), Al Beldini(Ds on 1-6, 10), Ray Straring(Mellophone on 1-6, 10), Olatunji(Per on 1-6, 10), Jimmy Knepper(Tb on 7-9), Dick Llieb(Btb on 7-9), Bill Evans(P on 7-9), Ron Carter(B on 7-9), Sticks Evans(Ds on 7-9), Ephie Resnick(Tb on 10) - 1. Speak Low 2. Lil Darlin' 3. Doodlin' 4. Love Walked In 5. Mangos 6. Impulse 7. Black Coffee 8. Bye, Bye, Blackbird 9. Michie (Slow) 10. Michie (Fast)

カイ・ウインディング作は6、9-10曲目で他はスタンダードやジャズメン・オリジナル。収録時間は36分で10曲と、比較的各曲はコンパクト。ビル・エヴァンスは7-9曲目に参加。トロンボーン2本とバス・トロンボーン2本でアンサンブルを十分聴かせてくれます。路線は、「サ・グレートJ&K」路線のメロディアスな明るいジャズといった感じです。トロンボーンの分厚くて重心の低いアンサンブルが、聴いていて心地よい。ハードな路線とは対極ですが、けっこう聴きやすい。それでスタンダード比率が高めなので、さらにメロディアス度は増していきます。時々のコンガの参加もアクセントを添えていて、ここではサウンドの引き締めにひと役買っています。もう一人のRoss Tompkinsのピアノもなかなかいい感じ。リラックスして聴けます。

« The Great J & K/J.J. Johnson & Kai Winding | トップページ | Jazz Abstractions/John Lewis »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Great J & K/J.J. Johnson & Kai Winding | トップページ | Jazz Abstractions/John Lewis »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト