Twitter

無料ブログはココログ

« The Nearness Of You/Helen Merrill | トップページ | 1958 Miles/Miles Davis »

2020/06/18

Live In New York/Miles Davis and John Coltrane

Mileslivenew ビル・エヴァンスの参加作の9日目。このあたりからマイルス・バンドに参加していて、何枚かアルバムが出てきます。参加していた期間が長くないので、残りはそんなに枚数はないとは思いますけど。今回のように、昔は正式盤でなくて音質がちょっと苦しいものもありますけど、いちおう参加音源ということで、なぜか持っています。そういうことも含めて紹介。ここでもレッド・ガーランド(?)やウィントン・ケリーの参加曲もあって、それらもいいのですけど、エヴァンスが入ってくると、やはりサウンドが変わってしまいますね。まあ、元々の録音が良くないので、何とか聴けるという感じなので、気分的には正式盤で、とは思いますが。

 

Live In New York/Miles Davis(Tp) and John Coltrane(Ts on 1-2, 4-6)(Bandstand) - Recorded May 17, 1958. (July 13, 1957 and 1959) Bill Evans(P on 1-2, 4-5), Paul Chambers(B), Philly Joe Jones(Ds on 1-2, 4-5), Wynton Kelly(P on 6), Jimmy Cobb(Ds on 6) , Red Garland(P on 3), Art Taylor(Ds on 3)

2、4-6曲目がマイルス・デイヴィスの作曲で、他はスタンダード。ビル・エヴァンスは1-2、4-5曲目に参加。エヴァンス参加のマイルス・バンドでの一番早い録音、といってももともと正式盤ではなかったのですが、マイルス、ジョン・コルトレーン、エヴァンスがそろっていれば、多少音が悪くても聴いてしまうのがファン心理というもの。クレジットが少々違うようで、ライナーに小川隆夫氏の推測したデータが書いてあって、それを元にしています。やはり音が良くなく、バッキングのピアノがあまり聴こえないのは難点か。それでもソロになると何とか浮かび上がってきて、それ以前のピアニストと明らかに個性が違うのが分かります。エヴァンスのマイルス・バンドへの参加期間は長くなかったけど、だいぶこれが影響しているもよう。

« The Nearness Of You/Helen Merrill | トップページ | 1958 Miles/Miles Davis »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Nearness Of You/Helen Merrill | トップページ | 1958 Miles/Miles Davis »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト