Twitter

無料ブログはココログ

« Arctic Riff/Marcin Wasilewski Trio/Joe Lovano | トップページ | 当ブログが200万ページビューを超えました »

2020/06/11

Swallow Tales/John Scofield/Bill Stewart/Steve Swallow

2679 ECMレーベル新譜聴き5日目にして一段落。実はこのアルバムをいちばん聴きたかったのです。結局CDが到着してから翌日の午前中までに5枚聴いてしまいました。ジョン・スコフィールドのECMでの初リーダー作(サイド参加作や競演作は何枚かありますが)なので、どんなサウンドかなと思ったら、持ち込み音源らしく、他レーベルでもそのまま発売できるような、実に好みのマイペースな内容になってました。アルバムコメントはというと、もうグダグダですね。そういう時こそかなりいい内容と感じている時なので、ご勘弁いただければと思います。しかし、考えてみればジョン・スコの追っかけは大学時代から。もう40年ぐらい経ってしまうわけです。

 

Swallow Tales/John Scofield(G)/Bill Stewart(Ds)/Steve Swallow(B)(ECM 2679)(輸入盤) - Recorded March 2019. - 1. She Was Young 2. Falling Grace 3. Portsmouth Figurations 4. Awful Coffee 5. Eiderdown 6. Hullo Bolinas 7. Away 8. In F 9. Radio

(20/06/07)ジョン・スコフィールド初のECMでのリーダー作で、スティーヴ・スワロウの曲集。おなじみのメロディから少し地味な曲まで取り揃えてあって、演奏を楽しめます。収録時間は53分。持ち込み音源のようで、やや静かな感じの部分もありながら、4ビートの曲も多く、ECMにしては自由でマイペースなジャズっぽいサウンドで魅了します。彼をはじめて知った時は若かったけどもう大ベテランで、落ち着きながらも例のジョン・スコ節でギターを演奏しています。メンバーもいいし、この独特なギターを聴けるだけでも聴く価値はあるのでは。それにしても期待を裏切らないさすがのギター・トリオ。持ち込み音源ながらマンフレート・アイヒャーが出す許可を出したとは、彼もずいぶん丸くなったものです。それにしても曲がいいですね。

« Arctic Riff/Marcin Wasilewski Trio/Joe Lovano | トップページ | 当ブログが200万ページビューを超えました »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

ECM2651-2700番」カテゴリの記事

コメント

KUDOさま、こんばんわ。
itunesでは、まだ三曲のみダウンロード可能。
我が青春のジョンスコも歳を取りましたなぁ。私も彼のアルバムはほとんど聴いてますが、彼自身のブルース・スビリットは今もなお変わらず素敵。もともと渋く、変態な彼のジョンスコ節も、時を重ね、いよいよ芳醇の香りが匂い立ちますなぁ。
何にしても、このメンバー!この三者のマッチ感は他に替えがたいです。特に、改めてビル・スチュアートのドラムの魅力を堪能しました。

>zawinulさん

こんばんは。私の方はストリーミングはAmazon Musicですが、確かに3曲だけですね。まあ、急がずに全曲聴くと、その感想も確かなものになると思います。私は最初CDで聴きますが、その後ストリーミングで聴くことが多いので、早く全曲アップして欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Arctic Riff/Marcin Wasilewski Trio/Joe Lovano | トップページ | 当ブログが200万ページビューを超えました »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト