Twitter

無料ブログはココログ

« Young At Heart/Tony Williams | トップページ | Out To Lunch/Eric Dolphy »

2020/04/01

My Point Of View/Herbie Hancock

Herbiemypoint トニー・ウィリアムスの12日目。今日からサイド参加作になります。そして手直しで残っているハービー・ハンコックとの共演のアルバムがちらほらあって、いわゆる重複手直しができる最後のチャンスでもあります。’60年代のマイルス・デイヴィスの黄金のクァルテット時代は、とりあえずは外してあるので、メインはV.S.O.P.の時代になってくるとは思いますけど。そんな中で今日は’63年のアルバムまでさかのぼります。久しぶりにブルーノートレーベルを聴きましたが、いいですねえ。1500番台と4000-4100番台をコンプリートで集めている人が多いのもうなずけますね。そして、分かりやすさとブルーノートっぽさの両立。自分がその収集に加わらなかったのを今になって後悔しています。

 

My Point Of View/Herbie Hancock(P)(Blue Note) - Recorded March 19, 1963. Donald Byrd(Tp), Grachan Moncur 3rd(Tb), Hank Mobley(Ts), Grant Green(G), Chuck Israels(B), Anthony Williams(Ds) - 1. Blind Man, Blind Man 2. A Tribute To Someone 3. King Cobra 4. The Pleasure Is Mine 5. And What If I Don't

全てハービー・ハンコックの作曲。収録時間は34分ほど。1曲目のようにジャズロック風の曲(当時としては進んでいたのかも)もあれば、3曲目のようにコード進行もメロディもちょっと変わった進歩的な曲もあり、演奏だけでなく曲作りについてもその実力が分かります。ただし、まだオーソドックスな部分も多いかもしれません。ベースが変わったとりあわせ。テーマがあってアドリブのソロがあって、というパターンはやはり当時のものだし、3管のアレンジもそんなに凝ってはいないけど、むしろこれぞブルーノートという感じで聴けるジャズとして、安心できる部分です。ほんわかとした、少しゆっくり目のジャスでリラックスできる2曲目、しっとりした淡い色合いのバラードの4曲目、少しお茶目で4ビートも混ざる、ミディアムの5曲目。

« Young At Heart/Tony Williams | トップページ | Out To Lunch/Eric Dolphy »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Young At Heart/Tony Williams | トップページ | Out To Lunch/Eric Dolphy »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト