Twitter

無料ブログはココログ

« The Tony Bennett/Bill Evans Album | トップページ | Marian McPartland's Piano Jazz Interview With Bill Evans »

2020/03/15

Together Again And More/Tony Bennett & Bill Evans

Tonybilltogether ビル・エヴァンスの競演作が続きます。今日もトニー・ベネットとのデュオ作。ややこしいのは’09年に前作と合わせてしかも別テイクも入っているCD2枚組も出ていて、そちらは紹介済みなんです。ダブってしまいましたが、一応こちらも、という感じでの紹介。それにしても、ピアノとのデュオが終わったら、オーケストラのバックの演奏も加えてしまうところなんか、やはり’89年のCDの制作方法なんだなあ、と感じてしまいます。今だとアルバムのイメージが変わってしまうので、こういうことはやらないと思うのですけど。まあ、このアルバムが出た当時はそれでもウキウキして聴いていた記憶はあるのですが。時代は変わるということでしょうか。

 

Together Again And More/Tony Bennett(Vo) & Bill Evans(P)(Drg Recording) - September 27-30, 1976 (1977) - 1. The Bad And The beautiful 2. Lucky To Be Me 3. Make Someone Happy 4. You're Nearer 5. A Child Is Born 6. The Two Lonely People 7. You Don't Know What Love Is 8. Maybe September 9. Lonely Girl 10. You Must Believe In Spring 11. One 12. This Funny World 13. Lost In The Stars 14. As Time Goes By 15. I Used To Be Color Blind 16. Mr. Magic

元はトニー・ベネットの自主レーベルから出した5枚のうちの3枚目とのこと。1-10曲目がベネットとビル・エヴァンスのデュオです。めったに無いことが2度起こってしまいました。11曲目以降はトリー・ジトー指揮のオーケストラ作品(元は別アルバム)で、エヴァンスの参加無しです。なぜこういうカップリングをしたのかは分かりません。ただ、本編に限って言えば、選曲は前より地味になったものの、6曲目にはエヴァンスの曲も取り入れたりしていて、エヴァンスに対する敬意は感じられます。後年にデュオの2枚の、別テイクも含めてカップリングされたCDも発売されましたが、ちょっと中途半端とはいえ、元のアルバムをはっきりたどれるようなこういうアルバムが出ていたことも忘れることはできません。なかなかの佳作です。

« The Tony Bennett/Bill Evans Album | トップページ | Marian McPartland's Piano Jazz Interview With Bill Evans »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Tony Bennett/Bill Evans Album | トップページ | Marian McPartland's Piano Jazz Interview With Bill Evans »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト